FC2ブログ

1/2000「P級ツェッペリン飛行船」竣工

こんにちは。

夕凪さんの1/2000「P級ツェッペリン飛行船」が完成しました。

tseperin17.jpg

米給油艦「AO-9 パトカ」を土台に。

あらゆる金具を埋め込んで「我が家の1/2000艦隊で最重量」のパトカ。ガッツリ安定です。

tseperin18.jpg

普通の感覚で持ち上げるとゴトッと落とすぐらい。

構造物はいつものプラ板チマチマで。

tseperin19.jpg

でも今回からちゃんと「切断面の盛り上がりを落とす」といったひと手間をかけております。

tseperin20.jpg

メンドクサガリな私も少しは進歩します。

デカールはこの位置で良いのかな?

tseperin21.jpg

可愛いでしょ。

tseperin22.jpg

縦に2倍で愛おしさも倍増です。

ツェッペリン繋がりで。(マンジのまま)

tseperin23.jpg

今度はぜひ「1/2000飛行船グラーフ・ツェッペリン」をお願いします夕凪さん。

ドイツ艦も少しずつ充実してきました。

tseperin24.jpg

在宅が増えましたので、久しぶりに艦隊棚の配置変えを。

tseperin25.jpg

下から2段目は「レッドホーク連合艦隊枠」で余白を多めにしております。
今週はアカギを仕上げましょう。

いや多砲塔艦選手権も忘れてませんので。大丈夫です大丈夫です。

1/2000「P級ツェッペリン飛行船」着工

こんにちは。

予定では「レッドホーク連合艦隊アカギ竣工!」のはずなんですが、先週Twitterでこんな画像を見付けてしまいました。

tseperin1.jpg

米海軍の給油艦「AO-9 パトカ」というそうです。
高さ38メートルの給油鉄塔を備えた飛行船母艦。ステキです。

以前購入したものの「コレを洋上化したって単なる沈没船になるよな…」と作りあぐねていたコチラ。

tseperin2.jpg

夕凪さんの1/2000「P級ツェッペリン飛行船」ですね。
給油艦を「飾り台」で作ることにしました。
まぁ「ドイツが鹵獲した」的な妄想で。

まずは飛行船の方に「軸」が入るように。

tseperin3.jpg

頑丈にしたいので1ミリ径のプラパイプに1ミリ真鍮棒で。

tseperin4.jpg

入りました。

tseperin5.jpg

土台の補給艦は「重さが命」ですのでなるべく重量があるものを。

tseperin6.jpg

色んな重そうなゴミも埋め込みます。

tseperin7.jpg

こんな感じになりました。

tseperin8.jpg

とりあえず気になる連結部を先に仕上げ。

tseperin9.jpg

トラス太目で頑丈になってます。

tseperin10.jpg

真鍮棒は直角に曲げて。

tseperin11.jpg

よし倒れない。

tseperin12.jpg

こんな角度もイケます。

tseperin13.jpg

でも横方向はココまで。

tseperin14.jpg

これ以上だとコケます。

tseperin15.jpg

同じく「半分に切ったらモッタイナイよなぁ…」だったコチラにも光が見えてきました。

tseperin16.jpg

今週は「鹵獲パトカ」を仕上げましょう。
レッドホークはまた来週から再開しますね。

1/2000レッドホーク連合艦隊「アカギ」建造中(サフまで終了編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「レッドホーク連合艦隊アカギ」。
先週は再びの「マインクラフト」ブームに忙殺されながらも、作業の最終工程となる「翼」を付けました。今回は「羽」かな。

redhawk97.jpg

三隻目なのに未だ「付けて良いのか?」と一抹の不安を感じます。

「このくらいの長さかな?」「ちょっと短すぎたかな?」「この辺りかな?」「いやもうちょい後ろかな?」を繰り返し、やっと接着して翌日眺めたら「いややっぱ違う」とやり直し。もうカッコ悪くても良いので「この長さで場所はここ!」的な公式設定を決めて頂きたい。

redhawk98.jpg

アカギのバルジには兵装が付いているようですが、赤城パーツがジャストフィット。
でも3つしかないので反対側は節約手作りとなります。

redhawk99.jpg

厚い2ミリプラ板をポンチでグリグリ貫くとちょうど台形になりました。指痛いけど。

今回は「なんか美しいから」ではなく、ちゃんと本来の使途で灰サフを。

redhawk100.jpg

やはりバルジのあたりが要修正です。

redhawk101.jpg

来週には完成っぽいですね。
次はボチボチ中型艦艇が欲しいトコです。

でもその前にちょっとマインクラフト。
村人救出大作戦です。

1/2000レッドホーク連合艦隊「アカギ」建造中(親子格納庫編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「レッドホーク連合艦隊アカギ」。
先週は「親子マシン格納庫」の作業を中心に進めました。

とはいえそんなに大した物も作れませんので、ご覧の通りシンプル開閉機構。

redhawk84.jpg

ブロともさんご提案の「ウェルドック方式」はノズルがジャマで断念となりました。
「甲板が開いて一旦飛び立って再び着水」よりは絶対に現実的ですね。

無事に閉まりました。

redhawk85.jpg

無事に開きました。

redhawk86.jpg

内部の飾り付けは色んな揚陸艦画像を見ながら。

redhawk87.jpg

「子アカギ」は3センチぐらいなら入りそうです。

redhawk88.jpg

無事に入りました。

redhawk89.jpg

「子供が一隻だけ」なのはお目こぼし下さい。

スカスカな舷側も弄りましょう。

redhawk90.jpg

こちらもメインはプラ板で。

redhawk91.jpg

ジャンクも使ってなんとなく塞がりました。

redhawk92.jpg

シナノに比べ小さくシンプルな艦橋&マスト。

redhawk93.jpg

「艦隊旗艦ではあるものの大戦初期に建造されたため最新鋭艦のシナノに比べ機能的には…」みたいな厨二病的妄想で作業しております。

「艦橋にも右舷にも煙突がある」という謎仕様も再現。

redhawk94.jpg

もうちょいですね。

redhawk95.jpg

「よし寝よう!」と思ったけど、まだ少し早かったので最後に子アカギの艦橋を。

redhawk96.jpg

そして就寝時間を大幅に過ぎ寝不足。
月曜日前は早く寝なきゃですね。

1/2000レッドホーク連合艦隊「アカギ」着工

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「レッドホーク連合艦隊」。
先週から「アカギ」に着手しました。

正式には「第一艦隊一番艦」。
名実ともに旗艦です。

redhawk74.jpg

アカギは200円シリーズのみの発売だったようですね。
お借りした箱絵画像はコチラ。

redhawk75.jpg

今回は初の「親子マシン」。
ムサシ・シナノと同じく「すでに色々違います」が、またその辺りを楽しんで作ってまいりましょう。

ちなみに当初の製作予定は「カゲロウ」でしたが「2センチ弱の艦首開閉機構」にあえなく断念。そのうちシンプルなので作ろうかと思います。

redhawk76.jpg

改造素体はもちろん「赤城」ですね。

redhawk77.jpg

「過去シリーズとすべてダブっているのに何故箱買いしたのか後悔しまくりだった」艦船キットコンピレーションを初めて開封しました。

元々がトップヘビーな赤城ですので、全体を少し下げる為に前部構造物を撤去。

redhawk78.jpg

航空甲板は二分割して上段下段に使います。節約節約。

redhawk79.jpg

なんだかんだで結局後部も全撤去。
「赤城を使った意味はあるのか?」と言われそうですが、大切なのは「赤城からアカギを作るモチベーション」となります。

redhawk80.jpg

ムサシ・シナノに比べ、更に巨大なアカギのバルジ。
旅客機の翼以外のパーツが役に立ちました。

redhawk81.jpg

これで親子マシンも格納できます。

redhawk82.jpg

メカコレエンジンノズルも在庫が少なくなってきましたので、今回は節約仕様となります。

こんな完成イメージで。

redhawk83.jpg

下段を下げた分、上下段の間を2ミリほど拡張しました。
いちおう「艦載機が通れるように」との配慮です。ギリですけどね。

今回も大活躍だった、シモムラアレックさんの「職人堅気カットソウ」厚さ0.1ミリ。
でもちょっと切削力が落ちてきたかも。
税別3,300円。買い替え時が難しいお値段ですね。

1/2000レッドホーク連合艦隊「シナノ」竣工(オマケもあるよ)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「レッドホーク連合艦隊」。
二番艦「シナノ」が竣工しました。

redhawk62.jpg

豪華「エッチングの切れ端」を使ったアンテナ群。
マストは適当に伸ばしランナーをくっ付けております。

redhawk63.jpg

毎回竣工する度に「汚せたら良いなぁ」と思う塗りたて新品な航空甲板。

redhawk64.jpg

それを隠す意味での艦載機群でもありました。

redhawk59.jpg

まずは通常機体を作製。

ここからレッドホーク仕様に変身。

redhawk65.jpg

なるべく原色を使ってみました。

redhawk66.jpg

オマケの1/2000「合体ムサシ」。
如何にゴールデンウィークが暇だったか判ります。

redhawk67.jpg

合体はしませんがお手軽艦船ジャンクの塊です。

redhawk68.jpg

こうなるハズがなぜこうなってしまったのか?
おそらく「最初に選んだ護衛艦上半身」がデカすぎた為と思われます。

redhawk69.jpg

でも完成したら妙な愛着。

redhawk70.jpg

まだ「艦隊」というには程遠いですが、とりあえず2隻と1体の我が家のレッドホーク連合艦隊。

redhawk71.jpg

合体ムサシの設定全高は不明でしたが、アトランジャーが60メートル前後との事ですので3センチにて製作です。

redhawk72.jpg

では引き続き三隻目に取り掛かりましょう。

【追伸】

「多砲塔艦選手権」もちゃんと進んでますよ。

redhawk73.jpg

レッドホークの副産物で、無事に「15.5センチ砲×2基」が追加されました。

もうほとんどの方が終了したようですが、もうしばらくお待ちくださいね。

1/2000レッドホーク連合艦隊「シナノ」建造中(白線と艦載機編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「レッドホーク連合艦隊」。
先週は二番艦「シナノ」の白線作業でした。

redhawk54.jpg

箱絵は赤線一色。集合写真は黄線一色。既に「なにが正解か判りません」ので、私の解釈で両方を混ぜさせて頂きました。

例え仕事中であろうと研究を欠かしません。

redhawk55.jpg

よく子供に「ゲームをする集中力で勉強しろ」なんて言いますが、この日の私は「仕事では決してありえない集中力」でエクセルを弄っておりました。

いつものように「汚せない私」ですので、ちょっとオモチャっぽいですがこんな感じで終了です。

redhawk56.jpg

あとはクレーンとマストを作れば本体は完成ですね。

redhawk57.jpg

でもやっぱり「空母」ですので「艦載機」がないと寂しいです。作りましょう。

集合写真に書かれてあるのは「F-16」「SR-71」「F-18」のようです。

redhawk60.jpg

「まさかのレドーム装備」のF-16は、まぁ艦載できない事もなさそう。
問題はSR-71ですが、100円シリーズの箱絵でしっかりとシナノから飛び立っておりました。

redhawk61.jpg

さすがのレッドホーク連合艦隊です。

…にしてもかなりデカいSR-71。なんでコレなんだろ?そういや昔「ブラックバードブーム」がありましたよね。その頃なのかな?

redhawk58.jpg

F-18はガチャのがあるけどモッタイナイので眺めながらプラ板で。「かば焼きの匂いで白飯を食う」ですね。

「箱絵と集合写真で全く別物」のSR-71は、通常版と併せて3種作ってみました。

redhawk59.jpg

右下の3機は「F-16の失敗作」なんですが、なんとなく昭和ノスタルジーでしたので採用。「レッドホーク練習機」みたいな位置付けで。

ここからまだ「空気抵抗を完全に無視した」レッドホーク装備が必要となります。
祭日も多い事ですし来週完成に向け頑張りましょう。

なお、三隻目はこーいちさんリクエストの「カゲロウ」となります。

1/2000レッドホーク連合艦隊「シナノ」建造中

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「レッドホーク連合艦隊」。
二番艦「シナノ」も概ね形になりました。残るはマスト類だけですね。

redhawk41.jpg

悩んだ末、結局右舷第二アングルドデッキも付けました。

redhawk43.jpg

なんとなく「機銃群」と「キャットウォーク」を織り交ぜながら。箱絵ではボンヤリしてるのでココは好き放題にて。

redhawk42.jpg

艦橋はジャンク箱を漁りながら。

redhawk44.jpg

チラリズムな感じです。

redhawk45.jpg

右舷側からの撮影は個人的に違和感なんですが、やはり空母艦橋は奥にないとそれも違和感。

redhawk46.jpg

保存のサフ画像…で、翼を忘れていたのに気付きました。

redhawk47.jpg

危うく「普通の架空艦」になるところでした。

redhawk48.jpg

改めて黒サフです。

redhawk49.jpg

箱絵だとわりと明るめのようなので塗装もその方向で。

redhawk50.jpg

資材節約の為、今回の甲板線はマスキングにしました。

redhawk51.jpg

…う~ん…なんかシックリこない…赤線のみだからかな?

redhawk52.jpg

やり直し。

redhawk53.jpg

ここは焦らずじっくり考えましょう。
現在職場にてエクセルによる色検証中。

今日は仕事どころではありません。

1/2000レッドホーク連合艦隊「シナノ」着工

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「レッドホーク連合艦隊」。
二番艦「シナノ」に着工しました。

中央左下の空母がシナノとなります。

redhawk3.jpg

箱絵はコチラ。
(画像お借りしました)

redhawk32.jpg

既に色々違いますが、今回もこの2枚のみの資料で進めます。

「甲板前部はおおむね平行なのに船体からはみ出していない」やら「よく見ると右舷アングルドデッキは2箇所なのにそんなに幅広くない」やら「後部はもう何が何だか判らない」やらの二次元問題に悩みながらも「なるべく船体外周に沿った感じ」でまとめてみました。上はボツです。

redhawk33.jpg

今回は「余りまくっている連コレガチャの信濃」を使用。

redhawk34.jpg

再び船体が残る訳ですが「もうこのガチャのならいいや」という事で「アイアンロックスの呪い」は無事に解除です。

「信濃の艦橋は右舷」で「シナノの艦橋は左舷」となりますので、中央部はひっくり返して使います。

redhawk35.jpg

甲板周囲の機銃群もなるべくそのまま使えるように。

redhawk36.jpg

ムサシと比べ「よりバルジっぽく」「よりエンジンっぽく」してみました。メカコレ大活躍です。

redhawk37.jpg

艦橋は残念ながら基部以外はあまり使えませんでした。

redhawk38.jpg

白線はこんな感じの予定です。

redhawk39.jpg

ちゃんとやれば「2週間で1隻」とかも可能っぽいですね。

redhawk40.jpg

ここまできて「やっぱり右舷アングルドデッキ追加しようかな…」と思案中です。

1/2000レッドホーク連合艦隊「ムサシ」竣工

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「レッドホーク連合艦隊」。
記念すべき一番艦「ムサシ」が竣工しました。

redhawk20.jpg

正式には「レッドホーク連合艦隊第一艦隊二番艦」となります。旗艦は「アカギ」のようです。

恥を忍んで元ネタ画像も。

redhawk5.jpg

「常に最大仰角」がポイントのようですね。あんまり曲げると折れそうでしたので程々で。

艦首「謎の光学兵器」は結局最後まで謎のままでした。

redhawk21.jpg

いちおうキラキラシールにて光学っぽく。

わりとシンプルな装備群です。

redhawk22.jpg

「むき出しミサイル」もポイントですね。

1/2000はこのサイズ感がステキだと思います。改めて。

redhawk23.jpg

最終的な弄り箇所はこのような感じで。

redhawk24.jpg

レッドホークですので「菊花紋章ではなくヤマト穴」となります。

redhawk25.jpg

箱絵から解析できたのはココまで。

redhawk26.jpg

「設定資料集」等はありませんが、むしろ「無い方が楽」ともいえます。

観艦式画像では「プール」にしか見えなかった後部甲板の四角い穴。
おそらく「艦載機用のエレベータ」とは思いますが今回は見た目どおりに。

redhawk27.jpg

記念のサフ画像も残しておきます。

redhawk28.jpg

この角度だと「翼」が見えにくいのでなかなか溶け込んでくれます。

redhawk29.jpg

でも横からだと目立ちます。

redhawk30.jpg

そして勢いのまま二番艦「シナノ」へ突入。

redhawk31.jpg

こちらは「レッドホーク連合艦隊第三艦隊旗艦」となります。

そんなどうでも良い設定が楽しくて仕方ありません。

1/2000「レッドホーク連合艦隊」はじめました

こんにちは。

盟友こーいちさん応援企画としまして「オアシス級も選手権もマックス号もほったらかして」念願の1/2000「レッドホーク連合艦隊」の製作を開始しました。やっぱり食い付いてくれる方がいらしゃると意欲もわきます。それに比例して今回は画像多めです。

基本コンセプトはこちら。

redhawk3.jpg

少年三軒茶屋はワクワクしたもんです。

どれから着手しようか迷いましたが、まずは「船体が余っている」と「一番作りやすそう」との理由から「ムサシ」にしました。2番ですね。

redhawk4.jpg

細部の資料はネット入手の「当時の大きい方の箱絵」(500円シリーズ)にて。
(画像お借りしました)

redhawk5.jpg

この段階で既に「箱の表と横と1枚目の画像すべてで色んなトコが違う」という「古き良きおおらかな時代」を感じます。

「船体が余ったから」とか言いながら、艦橋や主砲は必要ですので改めてハイフリ武蔵を落札しました。

redhawk6.jpg

そしてまた船体が余る無常なループ。諸悪の根源はアイアンロックスです。

レッドホークムサシのマストは「ココ」にきます。大事です。

redhawk7.jpg

副砲は「戦艦級の連装砲」みたいですのでジャンクより。

艦橋横両舷の「異様にデカい25ミリ三連装機銃(盾つき)の二連装Ver.」は1/700のをベースにしました。

redhawk8.jpg

コレですね。1セット3×2枚の6基入りでちょうど良いです。

redhawk9.jpg

でも今後の「ヤマト」とかを考えるとまた買うのはモッタイナイので複製。

redhawk10.jpg

なんせ1箱1野口さん。2個買うと「1/700大和プラモが普通に買える」と気付きました。

秘密兵器「新素材造形補修材プラリペア」の登場です。

redhawk11.jpg

当初は「いつものようにUVレジンで」と考えておりましたが、毎回「気泡」で苦労してますので今回は新兵器で。

こんな感じでまず「粉」を入れます。トントンとやれば隅々まで入り込んでくれます。

redhawk12.jpg

そしてスポイトで1滴チョンと「液」の方を垂らしたらジュワ~っと浸透していきます。

redhawk13.jpg

あとは5~10分ほど待てば完成。

redhawk14.jpg

硬化後はガシガシ削れますし、なによりも「普通の接着剤が効く」のが嬉しい。

設置完了。砲身は伸ばしランナーで良いかな。

redhawk15.jpg

艦首の「謎の光学兵器」はプラ板で。

redhawk16.jpg

知らない方が見ると「何つけてんだ!?」と思うであろう「一気にチープ感をかもしだす翼」は先日購入した「1/500日本の輸送機コレクション2」より。

redhawk17.jpg

「絶対使わないよな」と思っていたのでちょっと得した気分です。いや気のせいなのは判っております。

両舷のミサイルは豪華真鍮棒仕様にて。

redhawk18.jpg

塗装が大変そうなんで後付けにします。

今のトコこんな感じになりました。

redhawk19.jpg

やっぱり楽しいとサクサク進みますね。
あとは艦橋まわりを少し弄れば完成です。

1/2000「SF艦船だらけ」の週末

こんにちは。

なんの予定もなかったダラダラ三連休。
そんな時こそ「模型が進まない」というのが不思議なもんです。
マイクラやってたからかな?

なんとなく色々着手はしました。

アイアンロックスが完成したら妙に作りたくなった1/2000「マックス号」。

max1.jpg

設定全長は不明ですが、ネットでどなたかが「劇中のウルトラホークとの対比から250メートル前後」と分析していましたので、そちらを採用させて頂きました。ありがとうございます。

1/2000相当の「メカニカルコレクション完結編トリオ」を洋上化。

yamatokansen1.jpg

各砲座はメカコレに換装。
ちゃんと「巡洋艦はドレッドノート級から」で「戦艦はアンドロメダ級から」と豪華無駄仕様。駆逐艦は真ん中で切って連装砲に。
洋上化のシルエットに合わせて艦橋まわりも低階層化しました。

1/2000「レッドホーク連合艦隊」にも着手。
まずは「ムサシ」から。

redhawk1.jpg

大和船体がジャンク行きは悲しいのでこの機会に。

お手付きだらけになってしまいました。

redhawk2.jpg

とりあえず今晩は…マックス号の船体を…いや選手権かな。

1/2000「オアシス級」豪華客船(ビーチチェア編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「オアシス級」豪華客船。
「来年の静岡用」になっちゃいましたが、あともう少しなんで頑張りましょう。

甲板上に大量配置されているビーチチェア。「どんだけ日光浴が好きなんだ」と思いつつ如何に手を抜いて作ろうか悩みましたが、結局は何も思い浮かばずシンプルに。

「0.5ミリ幅(0.25ミリ厚)の高級プラ棒を1ミリずつカット」して「先の平たいピンセットで曲げる」としました。

oasisu137.jpg

1/2000でこれだと実寸で「シングルベッド」ぐらいになるんですけどね。

oasisu138.jpg

基本は「青」です。

oasisu139.jpg

思ったよりたくさん必要だったみたいで、もう2回ほど同じ作業を繰り返しました。

oasisu140.jpg

このあたりは残念ながらドームで見えなくなります。

oasisu141.jpg

やはりシングルベッドサイズが祟って実艦の2/3ぐらいしか置けませんでした。

oasisu142.jpg

ご心配をお掛けした後部滑り台には「船外射出防止受け」を取り付けました。
中は観覧席っぽくなってるみたいですね。

oasisu143.jpg

でもやっぱり全体的に「柵」がないと締まりませんねぇ…超落ちそう…今からエッチング柵を付けるとしたらどうすりゃ良いんでしょ?やっぱり瞬着?もう「ベタベタテカテカで大惨事になる光景」しか見えてきませんが…

【追伸】

一足先に1/2000「アイアンロックス」完成しました。

oasisu144.jpg

セブンは迷走中。

「多砲塔艦船選手権」副産物ができちゃった編

こんにちは。

皆さん絶賛製作中の「多砲塔艦船選手権」。
既に完成した方もチラホラですが、私は微速前進にて。

tahousensyu12.jpg

艦橋部と副砲の位置が決まりました。
高角砲も少しずつ様子を見ながら配置。

tahousensyu13.jpg

ラーテ揚陸用のクレーンも設置。

tahousensyu14.jpg

「加重がどした」とかの夢がなくなるツッコミはナシでお願いします。

tahousensyu15.jpg

一番小さいヤツでしが、果たして今後1/2000で使えるのかは疑問です。

tahousensyu16.jpg

こんな位置に余白があると「トマホークを置きたくなる」気持ち。皆さんならご理解下さるかと思います。

tahousensyu17.jpg

今回はプレミアバンダイ以外にエフトイズの七九八号も使いました。高角砲が欲しかったので。

tahousensyu18.jpg

よって当然のように色々余ります。

tahousensyu19.jpg

1/2000「アイアンロックス」の誕生です。

tahousensyu20.jpg

左右が連装砲なのはご愛敬。

ウルトラセブンの身長は40メートル。1/2000なら2センチ。
ちょうどジャンク箱に2センチほどの兵士がおりました。1/76かな?

tahousensyu21.jpg

劇中ではもうちょいセブンが大きかった気もしますが、おおむねOKみたいです。

こんな寄り道で2晩の消費。
今週は真面目に頑張りましょう。

1/400スケールのお話

こんにちは。

この週末は出張でしたので模型の進捗はナシ。
でもブログは書きたいので1/400スケールのお話でも。

こちらは先日発売された、エフトイズ「日本の輸送機コレクション2」。

zion28.jpg

毎回毎回「なんで1/500か1/300で1/400をとばすんだ…」と思いつつ。

ラインナップの中にこのようなものがありました。

zion29.jpg

1/500ではあるものの良い感じの「牽引車」と「階段車」が付いています。

買ってみました。

zion30.jpg

サイズ感が判らないので、正式な1/400「ジェミニジェッツ空港支援車両セット」と比べてみます。

zion31.jpg

やっぱり気持ち小さいかな?

zion32.jpg

でもジオラマ的な彩りとしては良いかもです。

zion33.jpg

まぁどちらにしろMSのコクピットには届きませんね。

【オマケ】

実は結構大きい「サンダーバード2号」。

zion34.jpg

こちらはデアゴDVD全巻購入特典の公式1/400スケール。
気長に探せば2~3,000円ほどで入手可能です。

コアなスケール趣味だとたまには良い事もあります。

「多砲塔艦船選手権」製作開始

こんにちは。

皆さん絶賛製作中の「多砲塔艦船選手権」。
いつまでも主催者が作り始めないのもどうかと思いますので開始しました。

三連休でサクサクと進捗。

tahousensyu11.jpg

大ヤマトスタイルを目論みましたが、やっぱり副砲の縦列設置までは難しいようですね。

tahoutou4.jpg

今回のポイントはココ。

tahoutou5.jpg

スライド式の体で単なるネオジムによる付け替えです。

tahoutou6.jpg

サンダーバードのBGMを脳内で奏でつつ。マジンガーZでも可。

tahoutou7.jpg

ラーテ搭載となります。

tahoutou8.jpg

ブルーノアの影響がまだ残っているようですね。

この巨体を持ち上げるクレーンも必要です。

tahoutou9.jpg

ちょうど蓮樹さんに頂いた在庫もなくなりましたので。
それにしても高いですねぇエッチングって。

今のトコ「クリアランスほぼゼロ」ですので、塗装したら確実に閉まりません。
そこもブルーノアの経験を踏まえつつ改善していきましょう。

では皆さまのご検討を祈ります。

1/2000「オアシス級」豪華客船(水まわり編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「オアシス級」豪華客船。
先週はプール等の「水まわり」を製作しました。

oasisu129.jpg

やみくもに「水はクリアブルー」と思ってましたが…なんかキチャない…「海」っぽくなるのですね。

oasisu130.jpg

やり直し。

oasisu131.jpg

師匠の名言どおり「2回目は早い」ですね。

ここは素直に「三軒茶屋プール底ブルー」を作ってみました。

oasisu132.jpg

「クリア」を塗り重ねてみましたが、あまり水効果はなさそうです。

oasisu133.jpg

艦首の丸いのは「ジャグジー」なんですって。

oasisu134.jpg

艦尾の2対は「滑り台式プール」とのこと。

oasisu135.jpg

煙突横の水場は果たして?プール?貯水槽?謎ですがいちおう青く塗っときました。

そして未だ着手していない多砲塔選手権。

oasisu136.jpg

皆さんのんびり進めて下さいね。

1/2000「エセックス級」&「レキシントン級」まとめて竣工。そして頂き物。

こんにちは。

「多砲塔艦船選手権もオアシス級もほったらかして何やってんだ」的なタイミングでアオシマ産4隻、無事に竣工です。

rekisinton9.jpg

市販の各種ラインデカールの検証も兼ねて色んなのを貼ってみました。

エセックス級「青」甲板は「モデルカステンの0.3ミリ・0.5ミリ実線」を筆塗で破線に。
エセックス級「木」甲板は「モデルカステンの0.5ミリ実線・破線」をそのまんま。一番楽。

rekisinton10.jpg

レキシントン級「茶」甲板はマスキングで。
レキシントン級「灰」甲板は「STUDIO27の0.2ミリ実線」を筆塗で破線に。一番大変。

rekisinton11.jpg

終わってみると「気持ち太目だけど一番楽なモデルカステンの0.3ミリ破線でも良いじゃん」と思いました。
あとは皆さまのお好みで。

レキシントン級はご指摘を踏まえて両方「サラトガ」にて。
ちょっと大き目な「SARA」。ピッタリサイズがありませんでした。

rekisinton12.jpg

その代わり艦載機にはお金をかけて「豪華夕凪さん米海軍艦載機セット」を。

rekisinton13.jpg

一列はツェッペリンで使いました。

なんかこっちの方がドイツ機っぽい気もします。

rekisinton14.jpg

とりあえずは無事完成。

rekisinton15.jpg

これで安心して選手権に取り掛かれます。

【追伸】

先週はカミヤ建設さんより「コンテナ選手権」の参加賞が届きました。
いやもうありがたいありがたい。

moraimono232.jpg

自作コンテナ2個とも。これは嬉しい。
「なぜウドン!?」と思いつつ、子供達と美味しく頂きました。
でもなにげに最も嬉しかったのが、以前頂戴した「1/400全塗装α・アジールの欠損していた左手」(中央にある小さいヤツ)

無事に装着。αも喜んでおります。やっぱりオリジナルが一番。

moraimono233.jpg

あまりの嬉しさでしたので、これを機会に「ガンコレ棚用のLEDライト」も購入してきました。

moraimono234.jpg

ちょっと見えにくいですが、隣の艦船棚と同じ左側面に設置しております。

この度は色々とどうもありがとうございました。
締め切りギリギリのレギュレーション違反だらけでしたのに、ホント申し訳ないです。
でもおっしゃる通り「急速浮上潜水艦の細かく複製されたモールド」を見て「こんなに緻密なら1/2000でも本格的にやってみようかな」とまんまと罠にハマリそうな予感です。またその際には色々とお伺いしますのでご伝授下さいねりゅうさん。

今後ともよろしくお願い致します。

「多砲塔艦船選手権」開催

こんにちは。

先日の告知通り、2月に入りましたので「多砲塔艦船選手権」を開催したいと思います。

tahousensyu10.jpg

当初は「年末年始の長期出張で身も心も疲れ果て模型テンションがダダ下がりのキョマカイちゃんさん応援企画」として「砲塔がたくさんの艦船でも一緒に作って復活しましょう!」でスタートした企画。よってレギュレーションも何も決めてなかったのですが、他のブロともさん達もご参加下さることになりましたので、急遽「最低限のルール」を決めておこうと思います。

とはいえ、既に皆さま「艦船ってそもそもが多砲塔じゃん」とお気付きだと思います。大和であろうとヤマトであろうと「素組みしただけで多砲塔」になりますので、その辺りも踏まえまして。


【多砲塔艦船選手権レギュレーション】

①既存キットを使用する場合は「最低1基の砲塔を増設」して下さい。

②又は「最低1門の砲身を追加」でも良いです。三連装砲を四連にとか。お好きな方で。
  
②宇宙戦艦でも構いません。なんなら陸上戦艦もOKです。艦船的なものであれば良いです。

③「娘」でも構いませんりゅうさん。スクラッチならもう何でも良いです。

④「この1枚」的な画像を最後にアップして下さい。まとめ画像に使わせて頂きます。

⑤複数作られる方は「集合画像」をアップして下さると助かります。


こんな感じですかね。スケールも洋上orフルハルも何も縛りはありません。
基本的には「架空艦船って魅力的だよね。でもセンスが問われるしブログアップしたら皆に見られるから恥ずかしいよね。だけど選手権のレギュレーションなら仕方ないよね。増設しないと怒られるしね」的な感じでご利用下さい。

いちおう幹事として私はマジメにやらなければと思いますので、使用キットから気合いを入れます。

tahoutou1.jpg

バンダイのプレミアネービーコレクション「武蔵」を素体とします。
「大和」じゃないのは「少年三軒茶屋が既に作製済み」だった為。箱しかありませんでした。

これを元に三軒茶屋旗艦艦隊の守護神「武蔵坊」を作ろうと思います。

tahoutou2.jpg

あぁもう書いてるだけで楽しい。

ちなみに「締め切りはナシ」です。
私も手が遅いですが、今回「こだわりすぎてこだわりすぎて1/2000艦船を平気で1年も2年も作り続けるブロともさん」がご参加くださいますので、怖くてとても期限なんか設けれません。1週間で終わる方、何ヶ月もかかる方、様々だと思いますが、皆さんが終了した時点で「まとめ記事」としてアップさせて頂きます。とはいえ10年も待つと「寿命で亡くなる方が出てくる可能性があります」ので、ほどほどでよろしくお願い致しますねまるねるどさん。

では皆さま、ご検討をお祈りします。

【追伸】
ブログをやっていないナゴローさん。もし参加されるならいつものように私個人に画像をお送り下さいね。

「コンテナ選手権」開催&ロールアウト

こんにちは。

アメブロにて開催中の、カミヤ建設さん主催「コンテナ選手権」。
(https://ameblo.jp/144kamiya/)
本日、令和2年1月31日の締め切りになんとか間に合いました。

基本レギュレーションは、こちらの「セ〇アで販売されている小物収納コンテナ」を使い「塗装技術を競う」といったもの。

kontena1.jpg

しかしそのコンテナがなかなか売ってなく、無事GETできたのが1月26日の日曜日。締め切りまで残り5日間。超ヤバイ。気の効いた塗装プランも浮かばず更に時間が過ぎる中、ふと思い出されたのが「今回は塗装がメインの選手権ですが、変形や可動のギミック搭載されても構いませんので自由な発想で気軽にチャレンジして下さいね~」とのカミヤ建設さんのお言葉。これは拡大解釈すれば「1/400ジオン残党軍仕様にしても良いですよ」とも受け取れる。いやそうに違いない。

さっそく縮小化。

kontena2.jpg

扉開閉機構を導入の予定が「パテも瞬着も全く効きやしない難儀な素材」の為、やむなくナノブロックの助けを借り圧着。

kontena3.jpg

完成されたサムソンのデザインを「あえて普通に戻す」という暴挙。

kontena4.jpg

せめてものお詫びに装備類を換装。

kontena5.jpg

「コンテナよりサムソンの方に塗装時間を割かれつつ」も無事完成。

kontena6.jpg

「塗装技術を競う」と言われたのに「ギャレット小隊の生き残り的な設定にしようかな~」ともはや「脳内はジオン残党軍一色」でウキウキデーカル選び。

kontena7.jpg

しかしセンスの限界から、天井部の色どりがジオンマークのみ。
気になりつつもこの時点で1月29日水曜日。
どうするオレ!?

kontena8.jpg

ドダイ化してみました。

kontena9.jpg

可塑剤問題でベタベタになっていた「膝立ち旧ザク」をリニューアル。
武装は「タミヤ1/35忠臣蔵」より。気分は日輪刀(ミーハー)。

kontena10.jpg

やはりドダイにはグフ。グフといえばラルさん。よって塗装はラルさんカラー。

kontena11.jpg

新しい仲間が増えました。

kontena12.jpg

気付けば重大なるレギュレーション違反でのフィニッシュ。
「午前中のお客様の予定を午後にズラしてこのブログを書いている」という事実に免じてお許し下さいませ。

お詫びに来週開催の多砲塔艦船選手権。「艦娘」もOKです。

ドタバタながらも終わってみるとやっぱり選手権って楽しいですね。
幹事の任、どうもありがとうございました。