FC2ブログ

1/2000「レキシントン級」問題

こんにちは。

めでたく発売されたエフトイズ「世界の艦船キットvol.2」。
ヨークタウン級3隻「ヨークタウン」「エンタープライズ」「ホーネット」が一気に揃いホクホクな三軒茶屋艦隊。

rekisinton1

同時に「積み確定」となった悲しきアオシマ産エンタープライズ。

rekisinton2

「3隻は普通に作って1隻は予備でバンダイのは家宝だな」とはしゃいでいたアノ頃の自分が懐かしく想い出されます。

しかしながら将来確実に同じ道を歩むに違いない「同型艦2隻のみの彼ら」まで見過ごすのは忍びない。

rekisinton3

レキシントン級「レキシントン」「サラトガ」となります。

今のうちに作っときましょう。

rekisinton4

ヒケが大変大変。

1個は艦橋を変えて近代化レキシントンに。
もう1個は「例の黄色っぽい甲板に憧れて」サラトガ1936にしてみました。

rekisinton5

「やはり複葉機時代には転落防止柵だよな」と思いましたが、経費削減のためプラ板にて。

なるべく素材の味を活かすため、8インチ連装砲から5インチ高角砲への換装は「切っただけ」となります。

rekisinton6

マストも極力無駄にせず。

rekisinton7

そんなこんなで未だ進まないジブリ風選手権。

rekisinton8

せめてもの気持ちで「ガンボートとはやぶさ型は同じくらいなんだよ」画像となります。

さて今週末こそ。頑張りましょう。

1/2000「世界の艦船キットvol.2」(雲龍型空母編)

こんにちは。

絶賛発売中のエフトイズ「世界の艦船キットvol.2」。
メインは米空母群ですが、コチラの「空母雲龍に付属している艦載機」も新金型となります。

kansenkit105.jpg

船自体は「艦船キットコレクションFINAL」の時に2番艦「天城」として発売済みでした。
まだ作ってなかったので今回一緒に。

右半分の「赤」と「緑」が今回の。

kansenkit106.jpg

左半分の「うす茶」と「うす緑」がFINALとなります。

kansenkit107.jpg

いちおう気分は「1番艦雲龍」「2番艦天城」「3番艦葛城」「4番艦笠置(未完成)」ですね。
素組なんでどれがどれでもOKです。色味が違うだけで嬉しい私。

今回のキモは艦載機です。

kansenkit108.jpg

これも切り離すと何が何だか判らなくなりそうですので備忘録を。

●「紫電改」…翼の前面が真っすぐ
●「彩雲」…翼の前面が斜め
●「流星」…一番大きい
●「桜花」…見れば判る

マルチピット2を付けていて気付きましたが、全体サイズと同じく「脚も彩雲の方が長い」です。

kansenkit109.jpg

ノリ付けたらちょっと判りにくいですが。

基本は洋上の方にのせて、桜花だけフルハルにのせました。

kansenkit110.jpg

「輸送中」」みたいな感じで。
実際に桜花をどのように運んでいたのかは不明です。

大和型を上に移動させて陳列しました。

kansenkit111.jpg

残る「飛龍」&「蒼龍」はいずれまた。

そして気付けば締め切りまで1ヵ月となった「ジブリ風選手権」。
レギュレーション変更で「宮崎メカならなんでもOK」となりました。ありがとうございますキョマカイちゃんさん。

kansenkit112.jpg

とりあえずは「1ヵ月で確実に完成させれるもの」を。
なんか申し訳ないサイズですが。

1/2000「世界の艦船キットvol.2」(アメリカ空母編)

こんにちは。

遂に発売されたエフトイズ「世界の艦船キットvol.2」。
念願の米中型空母「ヨークタウン級」3隻が一気に揃うステキなラインナップ。
いつものように「洋上orフルハルで甲板色が違う」のも助かります。

この3連休ウキウキで作りました。
(まさか最後にあのような大惨事が待っているとは知らず…)

kansenkit90.jpg

今回は7種類の米艦載機が付属しております。

kansenkit91.jpg

航空機に疎い私は「略式ローマ字じゃ何が何なのかサッパリ判らない」ので、備忘録的に書いておきますね。

●基本は「F4Fワイルドキャット」「SBDドーントレス」「TBDデヴァステイター」の3種×3機ずつ。
●ホーネット洋上&フルハルはそれらに「B-25ミッチェル」が追加の4種。お得。
●エンタープライズ洋上のみ「F6Fヘルキャット」「SB2Cヘルダイバー」「TBFアヴェンジャー」の3種×3機ずつ。なんで?

まぁ言われてみれば違うっちゃ違うが…

kansenkit92.jpg

切り取ってバラバラにしたらもう何がなんだかです。

なので基本3種はほぼすべて1番艦ヨークタウンにのせました。

kansenkit93.jpg

マルチピット2で安心接着。

2番艦エンタープライズには付属の通りに。

kansenkit94.jpg

もちろん3番艦ホーネットにはB-25をのせてドゥーリトル空襲。

kansenkit95.jpg

ただし作戦に必要なB-25は16機。
手持ちは3機×2箱で6機。
残り10機を揃えるには追加4箱(注:神の手必須)

モッタイナイのでスクラッチです。

kansenkit96.jpg

「輸送機ですか?」とか言わないで下さいね。

kansenkit97.jpg

このサイズでの「青に白星デカール」なんてありませんが、ギャラルホルンにちょうど良いのが。

kansenkit98.jpg

何個か失敗したのでラインデカールの星っぽいのも使いました。

そういえば「この頃のホーネットの甲板色はどっちだろう?」と思い「パールハーバー」を見返したんですけどね。なにげに「アングルドデッキ」とか映ってて面白かったです。いちおう色は濃紺でした。

kansenkit99.jpg

ガムを食べてひと段落。

kansenkit100.jpg

米空母大量竣工は喜ばしい事なのですが、問題は我が家の1/2000軍港。
大型艦6隻はもう無理です。

kansenkit101.jpg

なのでこの機会にガラス棚を1枚追加。
知り合いのサッシ屋さんに作って貰いました。
1,000円原価のみなり。ありがたいことです。

kansenkit102.jpg

海面パネルは引き続き自作です。

丸々「外国艦艇(戦時艦)用」としました。

kansenkit103.jpg

これであと数年は戦えそうです。

そんな棚移動時に悲劇は起こりました…

誤ってガラスを落として最下段の戦艦&空母群が破損。
彼らにしてみれば大量破壊兵器にも等しい惨劇。
響き渡る絶叫。私の。

幸いにもほとんどが既製品であった為なんとか修復できました。
連合艦隊コレクションなんてほぼ無傷。さすがガチャです。

しかしこの段には…そう…「ニョッチさんから頂戴した超絶張り線日向」が…
(参照 https://sangenjyaya.jp/blog-category-39.html)
マスト破損と共に繋がれた張り線もすべて切断…
頂いていた「修復用メタルリギング?」もイマイチ使いこなせない…

なので現在、伸ばしランナーで修復中です。

kansenkit104.jpg

ちょっと太めにはなりますがご覧の通りガンバっておりますのでご勘弁下さい。
パーツ類は無事元通りになりましたので。

せっかく頂戴したのに申し訳ありませんでした。
改めて大切にさせて頂きますね。

FC2ブログ有料プランにしてみました

こんにちは。

ヤフブロと比べてなにかと使いにくいFC2ブログですが、とりあえずはココで落ち着けそうです。なのでまた「ヤフブロ閉鎖ショック」と同じ憂き目にあわないように、ちょっと有料化で貢献しとこうかと思います。
「無料なのだから閉鎖しようがするまいが文句言わないでね」的な扱いはもう勘弁。
スマホからの「見にくい」「コメントしにくい」も改善されるようですしね。

とりあえず「1ヵ月のみ300円」でやってみましたので、よろしければブロともさん達がご覧になった感想をお聞かせ下さい。
(私まだガラケーなもんで)
「別に何も変わりませんねぇ」でもOKです。

よろしくお願い致します。

【追伸】
画像がないと寂しいので。

naikai1.jpg

いつか作りたい「内海造船㈱の本社瀬戸田工場」とやら。
ワクワクするステキな光景です。

1/2000「オアシス級」豪華客船(救命艇編)と「世界の艦船キットvol.2」

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「オアシス級」豪華客船。
個人的に「豪華客船の華」と思っている「救命艇群」を制作しました。

oasisu68.jpg

華とか言いながら「量産を優先して端っこを丸く削っただけのプラ片」で。
いちおう下半分を細くして段のメリハリだけ付けました。

真っすぐに並べたいので「先にくっ付けてからハメ込む作戦」にて。

oasisu69.jpg

奥行きの微調整もやりやすいです。
ちなみにコレは「港停泊時に船体格納されている位置」となります。
洋上航海時にはもっと外に張り出しているようです。

救命艇ラインの最先端にあるのは…防風パーツ?…これまた「なんかカッコいいヤツ」ですね。

oasisu70.jpg

2回ほど試作機を作ってみました。

上から「縦線を入れてみようと頑張ったけどオモチャっぽくなっちゃった試作1号機」「一旦は完成したのに先っちょを削りすぎて短くなっちゃった試作2号機」「深夜2時にもう疲れ果ててコレで良いやと思った正式採用機」となります。

oasisu71.jpg

気になっていた艦首ラインもなだらかに削りました。
左がアフターで右がビフォーです。

oasisu72.jpg

取り付けました。

oasisu73.jpg

これで大体の構造物は終了したと思います。多分。

oasisu74.jpg

改めて艦首のみサフしたらやっぱり凸凹になってました。
ブロともさんから「エポパテや黒瞬間だと硬度の違いから平らに削りにくいですよ」とアドバイスを頂きましたので、ほとんど使った事のない「ラッカーパテ」を使ってみました。ポリパテってヤツですかね?

oasisu75.jpg

先人の知恵とは偉大なもんです。
情報どうもありがとうございました。さっそく今晩磨いてみますね。

そして週末、予想外に早く届いた「世界の艦船キットvol.2」。さすがヨドバシ。

oasisu76.jpg

今回は「全12種なのに箱買いは10個入り」。
なのに新金型米空母3種は「洋上とフルハルで甲板色違い」。
ついでに空母雲龍は「船体は既存だけど艦載機は新金型」というオマケ付き。
よって「12分の8を引き当てねば再度ピンポイント買いしなければらない」という大人買いキラー。

ドキドキ開封の結果、見事に上記すべてコンプ。
「やはり1/2000神はいらっしゃるのですね」と喜んでおりましたが…どうやらブロともさんの記事を見てると「米空母と雲龍は必ず洋上&フルハルが入っている」模様。単なるエフトイズさんの心意気でした。
でも残りの「蒼龍&飛龍は共に洋上」でしたので、そこは1/2000神のお導きかもしれません。

まぁなんにせよひと安心。
さっそく作りましょうかね。

1/2000「オアシス級」豪華客船(艦橋上のアレ編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「オアシス級」豪華客船。
本船作業で最もメンドクサイオバケと思われる「例のアレ」を片付けます。

コレです。

oasisu61.jpg

ブリスターを使おうかとも思いましたが、厚さと接着剤効果が心配でしたので「100均透明プラ板」を長女から貰いました。
0.2ミリと0.3ミリのセットでお得です。

oasisu62.jpg

悩みに悩んで失敗に失敗を重ねてなんとか形に。なんちゃってで精いっぱい。

oasisu63.jpg

後ろの試作品4号は「流し込み接着剤を倒してデロデロ」だったりします。
深夜にもの凄い叫び声をあげました。

塗装の問題がありましたので2段階方式に。
まずは「中のヤツ」を少し浮かして接着。

oasisu64.jpg

この状態で塗装や飾り付けを行います。

本命はすべてが終わってスキマに差し込み合体。

oasisu65.jpg

接着剤跡はツヤ消し吹いてゴマカシとなります。

oasisu66.jpg

たくさんこぼれました。

oasisu67.jpg

どうやら同じオアシス級でもタイプによってガラスの枚数が違うみたいです。この上にさらにプールがあったり。どうかその辺りは温かい目でご覧下さいませ。「トラス組まなかったんですね」とか厳禁です。

ではもうちょい弄ったらジブリ選手権ガンバリますね。

1/2000「オアシス級」豪華客船(煙突と艦橋編)

こんにちは。

レイバー選手権もひと段落し、絶賛建造中の1/2000「「オアシス級」豪華客船。
この3連休は「なんちゃって煙突」に再チャレンジしました。

oasisu52.jpg

試作3号機までの失敗を活かして切り抜きはマジメに。

そして苦手な真鍮素材は案の定ベトベト。もうなにで接着すりゃいいのやら…

oasisu53.jpg

断念。やっぱりプラ最高。

oasisu54.jpg

ついでに最後尾のマスト?尾翼?「なんかカッコイイやつ」も作りました。

oasisu55.jpg

3日も休みがあると時間もたっぷり。このまま一気に後部艦橋を仕上げます。

oasisu56.jpg

ちきゅう制作時に集めた玉。もはや1/2000レーダーには欠かせません。

oasisu57.jpg

でも「小は2ミリ」「大は3ミリ」の選択肢しかありませんので、多少のデフォルメ感はご容赦下さい。

ついでに前部艦橋にも着手。珍しくはかどります。

oasisu58.jpg

伸ばしランナー乱立でゴマカシ完了。

oasisu59.jpg

艦橋機能は前だけかな?後は展望台っぽい…いやもしかして分離可能か?

oasisu60.jpg

この段階での伸ばしランナーは「今後の作業中に確実に吹っ飛ぶ」とは思いますが、テンション維持のためには仕方ありません。

【追伸】

先日やっと入手できたヤマトメカニカルレクション「反射衛星砲セット」。

hansya1.jpg

サイズ設定のない兵器ですが、劇中の人物比から「たぶん1/400スケール」と信じております。
また定価で見付けたら購入しましょう。

「レイバー選手権」ロールアウト

こんにちは。

絶賛開催中のレイバー選手権。
締め切りまで2週間を残し無事完成しました。

reibor25.jpg

主催者キョマカイちゃんさん自らがデザインして下さった「三軒茶屋重工のデザインロゴ」。

reibor26.jpg

縮小×縮小でありがたく使わせて頂きました。

「Typeぴっけるくん」はキャタピラモードに移行可能。

reibor27.jpg

ただし脚稼働時に「下地の緑が見える」という弱点があります。

「Typeタイラント」は…特になんのアピールもありません。

reibor28.jpg

最後の最後に思い付きで作った水中用レイバー「わだつみくん」が結局は一番手間と時間がかかりました。

reibor29.jpg

「一度JAMSTECロゴを塗りつぶして再び虎の子1/700ちきゅう付属JAMSTECデカールを貼る」という高級仕様。ネームプレートもエクセル印刷(色合わせ断念)。塗装は三軒茶屋調合「さわやかブルー」となります。

reibor30.jpg

但しデカールはもったいないので片面だけです。

陸送用サムソンが必要でしたのでアクリル被害の旧部隊を修復。

reibor31.jpg

テカテカなのはヘッドだけでしたのでトレーラー部と若干色味が違います。

比較的原型を留めていた三体もこの機会にリペイント。
「ガイアマルチプライマー」「Vカラー黒サフ」「タミヤラッカー塗料」で完璧…なはずです。今度こそ頼みます。

reibor32.jpg

少しずつ復活させていきましょう。

作品名「会長と私」

reibor33.jpg

伝説の三軒茶屋重工会長のお姿をついに捉えました。

会長を囲んで。
五レンジャーの予定が六レンジャーになっちゃいましたが。

reibor34.jpg

1/400ジオン残党軍の現有戦力です。

reibor35.jpg

隊長クラスと工兵ばかりじゃ寂しいので改めてもう一枚。

reibor36.jpg

ちなみに背景に写っている建物は、ウルトラマン食玩「アルティメットストラクチャー」です。

reibor37.jpg

このシリーズのフィギュアは約10センチ。
マン~エースは40メートル設定ですのでスケールは1/400となります。

なのでコチラが「1/400ウルトラキー」。

reibor38.jpg

神々しいです。

主催者の任おつかれさまでしたキョマカイちゃんさん。
とっても楽しかったです。

さて次は引き続きジブリ選手権改め「宮崎メカならなんでもOK選手権」。
「ハロウィン選手権」はここにきてスルーの可能性大。

ちょっとその前にオアシス級進めますね。

「レイバー選手権」開催中(わだつみ君編)

こんにちは。

絶賛開催中のレイバー選手権。
今回は水中用レイバー「わだつみ君」特集です。

reibor19.jpg

「採用者へは100万円」にて募集されたネーミングコンテスト。
厳正なる審査の結果「ザクサブマリン」「ザクサブマリナー」を押しのけ「わだつみ君」に決まりましたので賞金は私に。

真正面から見るとサッパリ意味が判りません。

reibor20.jpg

「フロントヘビーではないか?」とのご指摘がありましたので「深海救難艇」をのせてみました。

reibor21.jpg

当初は「リッチモデル1/350ミスティック」を搭載予定でしたがデカすぎました。

reibor22.jpg

ちょうどガチャーネンのパンツァーファウストが余ってましたので。
「エッチング作業しなくて済んだな」が正直な感想です。

「ピットロード1/350艦船装備セット」から色々持ってきて完成。

reibor23.jpg

基本色は…やっぱり白ですかね。

13人衆も塗りました。

reibor24.jpg

カラフル作業員なつもりで塗ったのになぜか仕上がりはボブスレー。

なんとか締め切りには間に合いそうです。
ぼちぼちジブリ選手権の構想に入らなければ。なんしましょかね。

1/2000「オアシス級」豪華客船(煮詰まった編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「オアシス級」豪華客船。
この週末はこまごまとした作業を。

oasisu45.jpg

「舷側の階層が一直線ではない」のがオアシス級のスクラッチ泣かせなトコです。

ホントはもうちょいカーブを描いております。

oasisu46.jpg

でも曲線で同じに切り出す自信がありません。

tirrenia社のフェリーも完成。

oasisu47.jpg

この撮影のあとタブレットが倒れてコマンダンテ級のマストが吹っ飛ぶ事になります。

oasisu48.jpg

「全裸監督」を見たくて30日間無料体験中のNetflix。
もうすぐ終了しますがまんまと有料更新する事になりそうです。

気になる箇所だけサフしてみました。

oasisu49.jpg

決して一発ではありません。3回目でやっとツルツルに。

オアシス級の煙突作製中。

oasisu50.jpg

どうやらオアシス級には「ビッグな煙突タイプ」と「スマートな煙突タイプ(周囲にソーラーパネルあり)」の2種類があるみたいですね。

当然私は「ソーラーパネルの塗装をしなくて済む」ビッグなヤツで。

oasisu51.jpg

でもイマイチ形になりません。試行錯誤中です。

煮詰まったので気分転換にレイバー選手権。

reibor19.jpg

水中用レイバーの誕生です。

1/2000「オアシス級」豪華客船(おともの艦船編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「オアシス級」豪華客船。
ジオラマ作業は続きます。

oasisu34.jpg

プチプチジャウジャでゾワゾワです。

正解はイタリア「ナポリ港桟橋」となります。

oasisu35.jpg

「ナポリを見て死ね」と言われてもそんなお金もヒマもありません。
せめて模型を作ってから死にましょう。

「デカすぎて比較対象には向かないアッザムヨット」の代わりに別艦船を。

oasisu36.jpg

イタリア「tirrenia社」のフェリー船…のつもり。
「ティレニア」って読むのかな?なんかたくさん船持ってる会社みたいです。

oasisu37.jpg

イタリア船なんぞサッパリ判りませんので「とにかくナポリ港に居そうな船」で作ってみました。

初めての「窓開け」です。直線面なんで私にも出来ました。

oasisu38.jpg

オアシス級に備えて煙突の練習も。

後部から乗り降りするみたいです。

oasisu39.jpg

無駄に可動式。

oasisu40.jpg

でも最後に思い付いたので中身はナノブロックのままです。

三面図や俯瞰図がありませんでしたので細部はご容赦下さい。
全長全幅はあっていると思います。

oasisu41.jpg

もうちょい弄ってから完成です。

2隻だけじゃ寂しいのでイタリア海軍「コマンダンテ級哨戒艦」とやらも。

oasisu42.jpg

こちらも資料不足ですので雰囲気です。

oasisu43.jpg

全体像が見えてきました。

oasisu44.jpg

これで少しはオアシス級の大きさが演出できたかな?

来年の静岡はこんな感じにて。
「イタリア船マニアの方」に見られない事を祈ります。

1/2000「オアシス級」豪華客船(船体おおまかに完成編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「オアシス級」豪華客船。
おおまかになんとなく全体像が完成しました。

oasisu28.jpg

ひと段落です。
まだ上半分は載せてるだけですが接着してしまった方がテンションは上がりそうです。
でも塗るのがおおごとになりそうです。
困ったもんです。

積層最終パーツはこんな感じになります。

oasisu29.jpg

最後の2枚でやっとパラダイス感がでてきました。

その上の前後構造物はこんな感じで。

oasisu30.jpg

艦橋?展望台?なんでしょね?

PDF保存もこれにて終了。

oasisu31.jpg

自分で始めておきながら、やっと今後は好き勝手に貼って加工できます。

気分転換に静岡用のジオラマにも着手しました。

oasisu32.jpg

なんだと思います?秘密です。

完成イメージはこんな感じで。
興津埠頭組からいくつか友情出演にて。

oasisu33.jpg

豪華客船ってジオラマ映えする画像が少ないんですね。
オアシス級のサイズになると尚更でして。

とりあえず唯一見付けた「オアシス級がピッタリ接岸してそれなりの建物がある港」の画像。
なんの思い入れもない場所ですが頑張ってみましょう。

それでは皆さま。アリヴェデルチ。

「レイバー選手権」開催中(基本塗装編)

こんにちは。

ヤフブロは終了したけど絶賛開催中のレイバー選手権。
…と思ったら9/2なのにまだ書き込みしてる人いるし…終わんないのかな?

アクリル塗料で一度は壊滅の危機に瀕した1/400ジオン残党軍。
万全の体制で「ラッカー塗料」を準備しました。

reibor12.jpg

「電話はDocomo」「家電はSONY」「塗料はTAMIYA」な世代の私ですが、タミヤラッカーは原色系が少ないようで仕方なくMr.COLORも購入。あの「フタについた取っ手」が苦手でしたが今のはシンプルなんですね。

とりあえずここまで塗って思案中。

reibor13.jpg

今回は「1/400な車両」も一緒に作ります。

プラストラクト社より発売の1/400アイテム。
(帝国軍人はフジミ1/350です)

reibor14.jpg

1/400は旅客機モデルが一般的ですが、アチラの「空港作業車」とかは超お高いので手が出ません。

でもこれはこれでメタルセダンとかなかなか良く出来てます。

reibor15.jpg

左の白いのがプラストラクト1/400。右のグレーがフジミ1/350。こんな感じでほぼ変わりませんので、今回もまたフジミでいきましょう。ポーズも色々ですしね。モッタイナイし。

なんとなく「13人衆」みたいでカッコ良かったので1枚。

reibor16.jpg

彼が「三軒茶屋重工(株)代表取締役会長」となります。

reibor17.jpg

プラ製ゆえに難を逃れた初期メンバー。今回一緒にリペイントしてあげましょう。

reibor18.jpg

たんさ君も元気です。

「レイバー選手権」開催

こんにちは。

アメブロにて開催中の、キョマカイさん主催「レイバー選手権」
(参加要項はコチラ→https://ameblo.jp/kyoma-kai/entry-12501424393.html)
絶賛参加受付中です。

普段はつい疎かになる「他ブログのブロともさんへの訪問」。
定期的に選手権が開催されると改めて結び付きも深まります。

早速使えそうなジャンクを集めてみました。

reibor1.jpg

ベースはいつもの「ガンコレ旧ザク&ザクタンク」にて。
レイバーとはいえ、完成の暁には当然「1/400ジオン残党軍」に編入となります。

最初はこんなイメージでした。

reibor2.jpg

でもかなり細かく塗られた「コナミSFムービーセレクション」。
これ以上にリペイントする自信もありませんのでなんとなくモッタイナイ。

なので今回はコレでいきます。

reibor3.jpg

「トミカ」と「ガンコレ的にはハズレなシルバー塗装のヤツ」でモッタイナイオバケを回避。「ティエレン」だったかな?

コチラはトラックヘッドを背負って「タイラント2000」な気持ち。

reibor4.jpg

隙間もジャンクで塞ぎます。

reibor5.jpg

コチラは「ぴっけるくん」な気持ちで。

reibor6.jpg

全体的にノッペリボディなのでプラ板でカッチリと。

reibor7.jpg

作業用感マシマシの「ザメルの手」を移植しようか迷いましたが…やっぱりモッタイナイので断念。

なんとなく色々付けてみました。

reibor8.jpg

元のトミカに貼ってあったこのシールは何でしょうね?

いつものように灰サフがすべてを包み込んでくれます。

reibor9.jpg

今回は「ガイアマルチプライマー」→「Vカラーグレーサフ」→「ガイア黒サフ」と万全の体制です。

reibor10.jpg

これでテカるならもう私は知りません。



1/2000「オアシス級」豪華客船(船体上部編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「オアシス級」豪華客船。
船体上部が完成しました。

oasisu18.jpg

もうガマン出来ずにある程度くっつけちゃいました。

後部シアターはこんな感じで。

oasisu19.jpg

なんか「ボルダリングの壁」とかもあるみたいですね。

「プラ積層のみで美しく仕上げよう」と目論んでおりましたが、結局はエポパテさんの力を借りる事になりました。

oasisu20.jpg

かなり太目の真鍮棒をガッチリと。4ミリだったかな?

oasisu21.jpg

今のトコの接着はここまでで。

oasisu22.jpg

加工と塗装を考えるとこのくらいでガマンした方が良さそうです。

今回の船体上部はプラ板13枚となります。

oasisu23.jpg

基本が0.3ミリで7枚。

oasisu24.jpg

各階層が1ミリで6枚です。

oasisu25.jpg

「これでオアシス級が量産できるな」とか思ってますが二度と作る訳がありません。

あとは最上階の「艦橋」「娯楽施設」を作れば概ね形になります。

oasisu26.jpg

さらば「三軒茶屋ドック」。

oasisu27.jpg

結局は「穴が微妙にズレて」使いにくいドックでした。

「白一色」に飽きましたので、今週末はキョマカイさん主催の「レイバー選手権」に取り掛かりましょう。

レギュレーションはコチラ↓
https://ameblo.jp/kyoma-kai/entry-12501424393.html

久々に「楽しい1/400ジオン残党軍」。
レイバーメーカーは「三軒茶屋重工」となります。

1/2000「宇宙空母ブルーノア」竣工

こんにちは。

年明けと共に製作を開始した1/2000「宇宙空母ブルーノア」。
令和またぎで無事に完成しました。

noa112.jpg

情報不足は楽しいデカールで補いました。

あんなに苦労した「甲板の隙間」なのに、結局はまた微妙に空いたままフィニッシュ。

noa113.jpg

「明らかにスクラッチではない細かさ」のメカコレアンドロメダ主砲がアクセントとなります。

noa114.jpg

手動で下げて手動でひっくり返します。

noa115.jpg

無塗装の「ナノブロック剥き出し内壁」もアクセントです。ついでに「間違っちゃいけない左右表記」も。

側面フロートも手動にて。

noa116.jpg

でも「余剰パーツなし」は褒めて下さい。

noa117.jpg

未だマイブームの地球防衛軍所属となります。

noa118.jpg

楽しいサブメカたち。

noa119.jpg

最終工程の「マスト」と「4連装機銃」はこんな感じになりました。

noa120.jpg

甲板先端の「連装砲」も同様に。

noa121.jpg

360メートルの巨大艦船ではありますが「航空母艦」として見ると若干長さ足らずな気もします。

noa122.jpg

我が家の1/2000洋上地球防衛艦隊。

noa123.jpg

「潜宙艦」はシイラと似ていたので友情出演。
こちらも「数少ないメカコレ1/2000該当商品」となります。ガミラス艦のオマケでしたよね。

かなり雑多になってきた洋上宇宙軍棚。

noa124.jpg

やっぱ宇宙戦艦ってデカいんです。横幅が。

1/2000「戦艦ビスマルク」竣工

こんにちは。

長きに渡り放置中だったフライホーク製「1/2000ビスマルク」。
仕掛かり品週間として無事に竣工しました。

bisumaruku-19.jpg

「ホッタラカシ要因その1.バルチックスキーム迷彩」は「めでたく挫折」となりまして、見栄え重視の「演習カラー」での仕上げとなりました。でも「ホッタラカシ要因その2.甲板の鉤十字」はガンバッたので良しとして下さい。

数年の時を経て、王と女王が揃いました。

bisumaruku-20.jpg

個人的にこの日の夜は「やっと結婚式だ」と喜んでおりました。

基本は素組みですが「二重あげ底」で高さを増し増しで。
女王より低いのは王の沽券に関わります。

bisumaruku-21.jpg

ネットの上手な方の作例に「黄色い救命ボート」がありましたのでパクりました。

bisumaruku-23.jpg

偵察機も2機に増設。なんのオマケか忘れましたが翼端を切ってアラド196っぽく。

bisumaruku-22.jpg

「夕凪さんに500円支払うべきか?」を迷った鉤十字ですが、結局は「商品代を上回る送料」に恐れをなして自分で書きました。
まずは赤く塗ってジャストサイズなデカールを。

bisumaruku-24.jpg

これではみ出さずに白く塗れます。

bisumaruku-25.jpg

あとは細切り黒デカールでチマチマと。

bisumaruku-26.jpg

この段階まできて「やはり俺には迷彩を塗る勇気が無い」と気付きました。

bisumaruku-27.jpg

我が家のドイツ艦隊。「祝賀パレード」です。

bisumaruku-28.jpg

やっぱ空母が欲しいトコですね。
そういえば夕凪さんのグラーフ・ツェッペリンはどうなったのかな?
出ないならスクラッチしたいツェッペリン。でも空母級をスクラッチしてその後に発売されたらダメージはかなり大。悩ましいです。

2列目に突入の外国艦艇枠。

bisumaruku-29.jpg

どうやら「エフトイズ世界の艦船vol.2」では米空母がラインナップされているようですので、一気に埋まりそうな予感もします。

残りのビスマルク級在庫はどうしたもんやら…

bisumaruku-30.jpg

設定全長も知らずに「シャルンホルストやH級に改造すれば良いや!」と買い漁っていたアノ頃の自分を止めてあげたい…
こげさんから頂戴したのは「コレクション品」ということででよろしくお願い致します。

さて次の仕掛かり品は…なんだっけコレ?…

bisumaruku-31.jpg

確か「長良型」を作った勢いで始めた「川内型」。
こーいちさんの記事を参考にさせて頂いた記憶があります。

スッカリ忘れたのでまたちょっと覗いてみますね。

1/2000「今さらながらのエフトイズ」

こんにちは。

楽しかった3Dガチャもひと段落。
1/2000の醍醐味である「サクサク出来上がる」を久々に味わうと「スクラッチが面倒くさいモード」に入ってしまいました。

そんな時は仕掛かり中の船達を完成させてあげましょう。

kansenkit-81.jpg

「塗装はがし大作戦」で「ガソリンタンク水抜き剤」に浸けっ放しだったこの2隻。結局剥げずじまい。
アルペジオ版とはいえ、当時まさかの「摩耶」と「那智」で喜んだものです。
可哀想なのでマスト交換と高角砲増設をしてあげました。

かと言って今さらコレを作っても仕方ありません。

kansenkit-82.jpg

リアル版にすべく一気に黒サフで。

kansenkit-83.jpg

真面目に塗ってあげました。

kansenkit-84.jpg

ついでにこちらも「まだ作ってなかったの?」的な「妙高」。

kansenkit-85.jpg

マストだけ弄って素組みでひと晩。

どうやら船体は別金型のようですね。

kansenkit-86.jpg

久々に重巡列への補給となりましたので、並べ替えついでにホコリ掃除も行いました。

kansenkit-87.jpg

そして毎度の事ながら「存在感のなくなる」1/2000艦船。楽しいです。

kansenkit-88.jpg

さて、次はキングですね。

kansenkit-89.jpg

横吹き終了時点で「鉤十字どうすんだ?」と力尽きておりました。
高かったのでちゃんと完成させましょう。

今週も引き続き、仕掛かり艦船週間となります。

1/2000ガチャ「3Dファイル護衛艦編第3」

こんにちは。

「まさかのしらせ」となりました1/2000「3Dファイル」シリーズ。

sennpaku3-1.jpg

新規金型は「あさひ」&「くまたか」&…「はるしお」も?
そして「もはや模型界ではあたりまえに自衛隊機」な「F35-B」となります。

なんで「しらせ」がチョイスされたのかは謎ですが。
やはりアニメの影響でしょうか。

sennpaku3-2.jpg

まぁ嬉しいのでOKです。

船体中央部が若干盛り上がっていますので、見えないトコだけ削った方がピッタリはまります。

sennpaku3-4.jpg

あと「前部クレーン」も支柱が短かすぎて船体に埋まってしまいますので、少し延長を。

sennpaku3-5.jpg

2セット購入しましたので、もう片方を「マイブームのファン・ゴッホ風」にリペイント。

sennpaku3-6.jpg

…と思ったらどうにもアクリル塗料が馴染みません…

なので秘密兵器「タミヤラッカー系」を導入。

sennpaku3-7.jpg

塗る前提なら「大いなる問題の艦橋分割線」もプラ板で隠せます。

決して専用機のつもりはなかったのですが、なんとなくネオなデカールになってしまいました。

sennpaku3-3.jpg

やっぱシックリきます。

今回も大活躍な「ヤクモ式」。
(注:ガチャのランナーを延ばして流し込み接着剤で溶かしながら隙間を埋める手法。塗装要らず。ヤクモさん発案により「伝説のヤクモ式工法」と呼ばれる。)

sennpaku3-9.jpg

なんか我ながら慣れてきました。

「あさひ」のみレーダーをプラペーパーで追加しました。
なんかベコベコしてましたので。

sennpaku3-8.jpg

ホントはグレーなんですけどね。
ヤクモ式における塗装は「白黒油性ペンのみ」しか認められておりません。

とか言いながら、以前作った幕之内弁当さんのはワザワザ白く塗ってました。当時は「この四角いレーダーは白」と思い込んでいたようです。

sennpaku3-10.jpg

人によっては今回最も嬉しいであろう1/2000「F35-B」。

sennpaku3-11.jpg

どうやら私の手作りのはデカすぎたようです。

ここ最近の新造ラッシュで「近代艦隊棚」が混雑してきました。

sennpaku3-12.jpg

反面「帝国海軍棚」はほぼ動きがありません。
ぼちぼち夕凪さん買おうかな。

カラフルな一角です。

sennpaku3-13.jpg

やはり海上保安庁グリーンは侮れません。

【オマケその1】
そしてまた今回も溜まる「船底」。

sennpaku3-14.jpg

【オマケその2】
複製失敗。

sennpaku3-15.jpg

今後ともじゃんじゃん継続して頂きたいシリーズです。
でも九州にもガチャ置いて下さいね。

1/2000「宇宙空母ブルーノア」建造中(シイラ編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「宇宙空母ブルーノア」。
「舷側のロケットみたいなヤツ」と「潜水艦シイラ」が完成しました。

noa103.jpg

シイラの方は気持ちSFチックを控えめにしてあります。

甲板展開時に先っちょが水に浸かる、舷側のロケットみたいな脚みたいなヤツ。「半回転機構を備えた完全可動による洋上化」は…めでたく挫折。そして完成したのは「最初っから半月状で差し替え式」という「まさかの目の錯覚大作戦」。

noa104.jpg

いちおう「ポリ製ジャンクのランナー」を埋め込んでおきました。

こんな感じが…

noa105.jpg

こんな感じになって…

noa106.jpg

こうなります。

noa107.jpg

やはり生活も模型も「身の丈に合った暮らし」が大事ですね。

シイラは縦スジ彫りだけはガンバリましたが、横は無理なので「プラペーパーを貼って磨く」で誤魔化しました。

noa108.jpg

艦首レッド面積が広大なのがシイラの特徴だと思います。多分。

noa109.jpg

ちょうど週末に「1/2000船舶ガチャ護衛艦第3弾」が届きましたので対比してみました。

noa110.jpg

一般サイズの「はるしお」と比べてかなりビッグな潜水艦です。

ここまでくればもう大丈夫。あとは「機銃」と「マスト」のみ。

noa111.jpg

でもガチャがきたので今週はそちらを楽しみましょう。