FC2ブログ

2024年04月の記事 (1/1)

1/400ジオン残党軍「キュスター小隊」ロールアウト

こんにちは。

絶賛製作中の1/400ジオン残党軍「キュスター小隊」。

まさかの2週連続の完成品祭りで無事にロールアウトしました。恐るべし静岡パワー。

kuster45.jpg

昨年度の懇親会じゃんけん大会で当選(してしまった)マシーネンクリーガー1/35キュスター。しかも2機セット。
1機は我が1/400ジオン残党軍の最大火力として陸戦型ビグザムに。

kuster46.jpg

ここぞとばかりにウェザリングの練習も。

kuster47.jpg

アーティファクトパラスアテネより対艦ミサイルのみを豪華流用。

kuster48.jpg

1/350~1/400フィギュアも配して巨大感を無理やり演出。

kuster49.jpg

2機目は輸送型となりますが、前回紹介したので詳細は割愛。

kuster50.jpg

小隊の旧ザク達も「水抜き剤6ヵ月漬け置きで可塑剤除去→ガイアマルチプライマーにて下地→Vカラーサフでコーティング→タミヤラッカー塗料でムラムラに苦労しながら筆塗り」とテカり対策は完璧です。

kuster51.jpg

あくまでも脇役ですので今回は地味目の塗装に。

kuster52.jpg

静岡初参戦の我がジオン残党軍ですので、みっともない姿を晒す訳にはまいりません。今回は「連邦FAガンダムを鹵獲」という大戦果。しかもサンダーボルト.Ver。塗装のみ。

kuster53.jpg

プレートも「大戦果」。英訳が間違っていたら大恥。

kuster54.jpg

おや?「偉い人」も直々の視察のようです。

kuster55.jpg

車両群はShapeways&ホビーリンクジャパンで集めていた1/350~1/400スケール。1輛のみ「ロシアの艦船積載用のミサイルを載せて」オリジナルです。

kuster56.jpg

この完成品ジオラマ3つで残党軍いざ静岡。

kuster57.jpg

果たしてマシーネンの人たちに怒られないのか?いやヤマトの人たちにも怒られないのか?
いざという時には名札を裏返して「三軒茶屋さんですか?今お出掛けみたいですね」で逃げようと思います。

それでは皆さま、武運をお祈りくださいませ。

1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」完成

こんにちは。

昨年5月から製作開始の1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」。
ほぼほぼ1年かかって無事に完成しました。

Intrepid220.jpg

展示物の航空機達は2割ほど妄想。ちょっとカラフル過ぎたかもですが楽しかったです。

Intrepid222.jpg

早くに完成したけど最後まで破損しなかったとても優秀なニューヨークの街並み。

Intrepid221.jpg

反してあらゆる突起物が折れまくった女王陛下。いやちゃんと仕舞っとけば良いだけなんですけどね。どうしても要所要所で引っ張り出してしまいます。

Intrepid223.jpg

プレートも何度新調したやら。そして色んなジオラマに登場の1/2000タグボート君。

Intrepid224.jpg

こんな角度で撮影してみたり。

Intrepid225.jpg

観察しまくったグーグル画像っぽい視点で撮影してみたり。

Intrepid226.jpg

ちゃんと接着はしたけど静岡までの輸送はよろしくお願い致しますクロネコヤマトさん。

Intrepid227.jpg

壁中に貼りまくっていた印刷物もやっと回収です。一気に部屋がキレイになりました。

Intrepid228.jpg

無事に完成できたのもブロともさん方のコメントのおかげです。
毎回言ってますがホント励みになります。
どうもありがとうございました。

来年はなに作りましょうかね。
面白そうな情景を探すのも楽しいひと時です。

1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」建設中(艦載機塗装編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」。
この週末は「艦載機」の塗装を行いました。

Intrepid212.jpg

作業らしい作業はこれで終わりかな。

なるだけ華やかに。

Intrepid213.jpg

ブラックバードだけは単色ですね。

Intrepid214.jpg

機種違いで適正形状ではないヘリも塗装とデカールでそれっぽく。

Intrepid215.jpg

調子にのってラファールはタイガー塗装。そもそもイントレピッドにラファールは載ってないけど。

Intrepid216.jpg

モデリウム製タグボートは「なんとなくタグボートの色」で。モッタイナイので半分だけ使いました。

Intrepid217.jpg

頑張った甲板白線もほとんど見えなくなるので最後に一枚。

Intrepid218.jpg

とりあえず適当に置いてみましたが…やっぱり作り過ぎたっぽいです。全部のらないや。

Intrepid219.jpg

来週には完成となりますね。

なんだかんだでギリ静岡。
時間があれば残党軍キュスター小隊も仕上げたいけど…

そういえば新幹線予約していて気付きましたが、喫煙車両なくなったんですね。超ショック。
世知辛い世の中です。

1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」建設中(スペースシャトル編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」。
この2週間は「スペースシャトルの展示」についてマインクラフトをしながら色々と悩んでおりました。

当初の予定ではチンマリと「本体を置くだけ」でした。ちょっとさみしげ。

Intrepid199.jpg

実際にはこのような巨大展示室が設置されております。

Intrepid200.jpg

中は薄暗くスタートレックのBGMが流れてるんですって。そういえばこのシャトルの名前も「エンタープライズ」。アメリカ人が大好きそうなシチュエーションです。

Intrepid201.jpg

シャトル本体だけでは甲板上が余白だらけ。格納庫に入れるとせっかく作ったシャトルが見えない。いやそもそもシャトル要らない。試行錯誤の末、こんな感じで半分だけ天井アリの格納庫に落ち着きました。

Intrepid202.jpg

ちなみに後方の試作品たちは、左から「枠だけでも作ろうとした」「外壁の縦線を表現しようと凸プラ板を使ったらぶ厚すぎた」「複雑な面構成を表現しようとしたら歪みまくった」「逆にシンプルすぎてもう少し頑張ろうと反省した」の4点となります。

Intrepid203.jpg

シャトル本体もデカールの力を借りてなるだけ色付け。NASAマークなんて持ってないのでJAMSTECマークで代用。

Intrepid204.jpg

後部は見えなくなるのでその前に一枚。

Intrepid205.jpg

正解かどうかは分かりませんが、個人的には落ち着きました。

Intrepid206.jpg

入口正面にもZimmad。

Intrepid207.jpg

やっぱりむき出しよりは良かったですね。

Intrepid208.jpg

これでやっと本当に残るは航空機だけ…

Intrepid209.jpg

…とか思ってたらこのタイミングで夕凪さんにて発売開始された不自然重工製のこちら…

Intrepid210.jpg

まさかの「1/2000の人」…全長約1ミリなり…

Intrepid211.jpg

…いやいやいや…買ってはみたもののどうすんだコレ…

撮影して写真で見るとなんとかなりそうですが、実際には老眼鏡なんぞで作業できる代物ではありません。