FC2ブログ

1/2000 アメリカ艦の記事 (1/1)

1/2000「エセックス級」&「レキシントン級」まとめて竣工。そして頂き物。

こんにちは。

「多砲塔艦船選手権もオアシス級もほったらかして何やってんだ」的なタイミングでアオシマ産4隻、無事に竣工です。

rekisinton9.jpg

市販の各種ラインデカールの検証も兼ねて色んなのを貼ってみました。

エセックス級「青」甲板は「モデルカステンの0.3ミリ・0.5ミリ実線」を筆塗で破線に。
エセックス級「木」甲板は「モデルカステンの0.5ミリ実線・破線」をそのまんま。一番楽。

rekisinton10.jpg

レキシントン級「茶」甲板はマスキングで。
レキシントン級「灰」甲板は「STUDIO27の0.2ミリ実線」を筆塗で破線に。一番大変。

rekisinton11.jpg

終わってみると「気持ち太目だけど一番楽なモデルカステンの0.3ミリ破線でも良いじゃん」と思いました。
あとは皆さまのお好みで。

レキシントン級はご指摘を踏まえて両方「サラトガ」にて。
ちょっと大き目な「SARA」。ピッタリサイズがありませんでした。

rekisinton12.jpg

その代わり艦載機にはお金をかけて「豪華夕凪さん米海軍艦載機セット」を。

rekisinton13.jpg

一列はツェッペリンで使いました。

なんかこっちの方がドイツ機っぽい気もします。

rekisinton14.jpg

とりあえずは無事完成。

rekisinton15.jpg

これで安心して選手権に取り掛かれます。

【追伸】

先週はカミヤ建設さんより「コンテナ選手権」の参加賞が届きました。
いやもうありがたいありがたい。

moraimono232.jpg

自作コンテナ2個とも。これは嬉しい。
「なぜウドン!?」と思いつつ、子供達と美味しく頂きました。
でもなにげに最も嬉しかったのが、以前頂戴した「1/400全塗装α・アジールの欠損していた左手」(中央にある小さいヤツ)

無事に装着。αも喜んでおります。やっぱりオリジナルが一番。

moraimono233.jpg

あまりの嬉しさでしたので、これを機会に「ガンコレ棚用のLEDライト」も購入してきました。

moraimono234.jpg

ちょっと見えにくいですが、隣の艦船棚と同じ左側面に設置しております。

この度は色々とどうもありがとうございました。
締め切りギリギリのレギュレーション違反だらけでしたのに、ホント申し訳ないです。
でもおっしゃる通り「急速浮上潜水艦の細かく複製されたモールド」を見て「こんなに緻密なら1/2000でも本格的にやってみようかな」とまんまと罠にハマリそうな予感です。またその際には色々とお伺いしますのでご伝授下さいねりゅうさん。

今後ともよろしくお願い致します。

1/2000「エセックス級」はたくさんあっても問題なし

こんにちは。

エフトイズ発売で「空前のアメリカ空母ブーム到来」の1/2000三軒茶屋艦隊。

「12/10締め切りジブリ風選手権」や「ちょっとメドがついたからとホッタラカシてウサギとカメ状態にならないのかオアシス級in静岡」等の諸問題を抱えつつも、次は「エセックス級」です。

essex1.jpg

ヨークタウン級やレキシントン級と違い「同型艦20隻以上」のエセックス級。
いつ作ろうがいつ発売されようが恐れるものはありません。

真っすぐで広くて角ばった質実剛健な甲板。ステキです。

essex2.jpg

でもアオシマ産なのでヒケ処理は面倒です。

essex3.jpg

今回は「お手軽デカール白線」にて。
モデルカステン「ラインデカール」が大活躍です。

essex5.jpg

勢いにのって2隻目にも突入。

essex4.jpg

もういっこは機銃増設で「長船体型」にしてみちゃったり。

essex6.jpg

レキシントン級と一緒にサフ吹きしてあげました。

essex7.jpg

こっちは木甲板にしてみましょう。
同じくデカール白線で仕上げ予定です。

essex8.jpg

準備はOKです夕凪さん。
「米海軍艦載機セット1&2」の母艦を揃えてお待ちしております。

…とか言いながらご安心下さいキョマカイちゃんさん。
ジブリ風選手権も順調に。

essex9.jpg

この週末は家族サービス不要でしたので進捗しました。

来週の月曜日にはアップしますね。

1/2000「レキシントン級」問題

こんにちは。

めでたく発売されたエフトイズ「世界の艦船キットvol.2」。
ヨークタウン級3隻「ヨークタウン」「エンタープライズ」「ホーネット」が一気に揃いホクホクな三軒茶屋艦隊。

rekisinton1

同時に「積み確定」となった悲しきアオシマ産エンタープライズ。

rekisinton2

「3隻は普通に作って1隻は予備でバンダイのは家宝だな」とはしゃいでいたアノ頃の自分が懐かしく想い出されます。

しかしながら将来確実に同じ道を歩むに違いない「同型艦2隻のみの彼ら」まで見過ごすのは忍びない。

rekisinton3

レキシントン級「レキシントン」「サラトガ」となります。

今のうちに作っときましょう。

rekisinton4

ヒケが大変大変。

1個は艦橋を変えて近代化レキシントンに。
もう1個は「例の黄色っぽい甲板に憧れて」サラトガ1936にしてみました。

rekisinton5

「やはり複葉機時代には転落防止柵だよな」と思いましたが、経費削減のためプラ板にて。

なるべく素材の味を活かすため、8インチ連装砲から5インチ高角砲への換装は「切っただけ」となります。

rekisinton6

マストも極力無駄にせず。

rekisinton7

そんなこんなで未だ進まないジブリ風選手権。

rekisinton8

せめてもの気持ちで「ガンボートとはやぶさ型は同じくらいなんだよ」画像となります。

さて今週末こそ。頑張りましょう。

1/2000「護衛空母カサブランカ級」竣工

こんにちは。

ブロ友magatty001さんより頂戴した、UVレジン製1/2000「護衛空母カサブランカ級」が竣工しました。どうもありがとうございました。

「カサブランカ級護衛空母」というのが正しいのかな?後株みたいなもん?



いや楽しい。やっぱ私はこのくらいのサイズが一番楽しい。

前回画像と同じですが、弄ったのはマストと甲板周辺部のみです。



弄ったというよりプラ片を置いただけです。

とっても楽しかったマスキング。



マスキングもこのサイズならウキウキです。

艦番は手持ちのナンバーデカールで一番大きいヤツを。
気持ち小っちゃめですがまぁOK。



ネットで「ハセガワ1/350ガンビアベイの完成画像」を見ながら作っていたもので、その流れのままに我が家も艦番73ガンビアベイとなりました。

ちょっと寂しかったので1/2000米艦載機もつけてあげました。



連コレガチャの翼端を垂直に切って、アメリカっぽい色で塗り直しただけです。
これがヘルキャットなのかコルセアなのかは皆様の温かいお心次第です。

龍驤よりも小さいんですね。意外でした。



小さくて直線的。ステキです。なんで今まで作ろうとしなかったんだろ。

大戦米艦艇もやっと3隻になりました。



やはり調合色を保管しておくと良いですね。
作る時期はマチマチでもちゃんと「同族」になってくれます。

こちらもアメリカ産。



今思うとこのサイズは辛かった…やっぱ私は200メートル越えると辛いんだ…
来年は無理せず中型艦艇を楽しんでいきましょう。

しかしその前に立ちはだかる超大型なヤツ。



白線マスキングをしていたはずなのに何故か再び灰一色に。

週末剥がしたんじゃなかったのか?
清水港に一体なにが?
大丈夫なのか静岡?
真相は如何に?
謎解きは年明け。

来週は今年最後の更新ですので、リクエスト頂きました「観艦式」やりますね。
「ガラガラガッシャ~ン」とならないようお祈り下さい。

1/2000「防空巡洋艦アトランタ級」竣工

こんにちは。

こーいちさんから頂戴した3Dプリンタキット「1/2000アトランタ級」。無事完成しました。
但し夕凪さん製品を弄りまわす度胸はありませんので「素組み&横吹き」です。ご了承下さいませ。



意識しなければなかなか手を出さない外国艦艇。
とっても楽しかったです。どうもありがとうございました。

記事をまとめたかったので、2枚ほど重複画像です。



洗浄直後ですね。
実はこの時点で後部銃座のパーツが欠けておりました。組み上げて気付きましたが既に排水溝です。
やっぱ超音波クリーナー買おうかなぁ。なんかオススメあります?

この時は砂粒のような機銃群に気が遠くなったものです。



でもあとで「予備パーツ」と知って安堵しました。

組立はもちろん「対空フル装備1944」にて。



米艦知識の乏しい私には、とっても判りにくい説明書でした。
でも「ココかな?」と思って付けてみるとピタッとハマります。さすがです。

いつもは真鍮パイプのみで船体の凸状態を修正するのですが、今回は頂戴品なのでもうひと手間。



プラ板船底でしっかりフラットにしました。

隙間がないのは良いものです。



ちなみにこの段階までに機銃を3基破損しました。もう「触れずに組み立てろ」としか考えられません。
確かに予備パーツは必須でした。

塗装後の汚しなんてとんでもありませんので黒立ち上げで誤魔化します。



持つのはなるべく「支えの割り箸のみ」です。

でもちょっと色目が寂しそうなので救命ボートを追加。艦首マストはオマケで。



あとは上吹きして、横吹きして、筆修正して、ツヤ消したっぷりコートで完成です。

ミズーリ先輩と一緒に。



大戦時の米艦もやっと2隻目です。
資料見てたら中央のカッターがなかったりするんですが、とりあえずもったいないので載せました。

軍港もだいぶゴチャゴチャに。



海面のホコリも目立ってきましたので、掃除を兼ねて配置転換しようかと思います。
でも確実に「何かが折れます」ので今一歩踏み出せません。困ったものです。

せっかくなので建造中のちきゅうと一緒に。



アップして気付きましたが500円玉も写り込んでおります。
きっといつかこの画像を見て「そういや500円玉選手権なんてものがあったなぁ」としみじみするのかもしれません。しないかもしれません。

そんな今週末が締め切りの500円玉選手権。台座の作製に取り掛かっております。



つまりタグボート本体はほぼ完成したという事です。
間に合いそうですよりゅうさん。

とか言いながら最後の筆塗りでおおごとになる可能性もあります。慎重に慎重に。

1/2000な頂き物 第二弾

こんにちは。

ブロ友こーいちさんより1/2000なプレゼントを頂戴しました。

あまりの嬉しさにそのまま台所で「速攻開封&洗浄」です。
ランナーがゆがんで外れているのはその為です。品がなくて申し訳ない。



静岡土産のお返し品だとは思いますが、その他の同封物を考えると高価すぎる気もします。
もはや何を送ったか覚えていない状態で頂戴すると、とっても得した気分です。どうもありがとうございました。

こーいちさんと同じく、夕凪さんの3Dキットは「自分へのたまのご褒美」と決めておりましたので、この「アトランタ級」もまだ未購入でした。
やはり堅実な生き方をしていると1/2000神は見てくださっているようです。

…にしても…なんだこのパーツは…いや単装機銃なのは判るけど…1/2000で再現されても困るんですが…



ある意味さすがの夕凪さんです。
でも絶対に瞬着の表面張力玉の方が大きいと思います。

同封されていたプレゼントも楽しいものばかりでした。



・夏間近という事で「ラブカ柄のうちわ」byシン・ゴジラオマージュ
・白船工房さんの「1/2000ハンマーヘッドクレーン」
・アトランタ級のネット資料たくさん
・ペーパークラフト「国立科学博物館」
・ペーパークラフト「温帯低気圧」

と盛りだくさ…温帯低気圧!?



なんだこりゃ?
何分の一だ?
ジオラマなのか?
まさか熱帯低気圧とかもあるのか?

なんとも不思議なペパクラです。はさみ・カッター要不要以前の問題です。
こうなると「みにちゅあーとラピュタ」を買うべきかもしれません。

とりあえずコレは置いといて…まずは「アトランタ級」に着手しますね。
単装機銃問題はなんとか解決します。
課題は「甲板上の設置場所」ですかね。さっぱり判らないのでネットで探してみましょう。
経過報告はまたブログにて。

色々とどうもありがとうございました!
大切に大切に完成させますね!