FC2ブログ

1/2000 宇宙空母ブルーノアの記事 (2/2)

1/2000「宇宙空母ブルーノア」建造中(航空甲板&戦闘ヘリ編)

こんにちは。

この週末も着々と建造中の1/2000「宇宙空母ブルーノア」。
最後にしようか迷っていた「航空甲板の取り付け」を先に済ませる事にしました。
後々「超塗りにくい…」となるのは確実ですが、全体のバランスが見えるとウキウキしそうですので。

まずは「艦橋を囲う箱」で位置決めをします。

blue19.jpg

「ナノブロック2段分+0.3ミリプラ板2枚」で、可動部をギリまで畳んでピッタリになりました。

流し込み接着剤で一晩しっかりと癒着。

blue20.jpg

平行です。でも怖いのでサッサと次の工程へ。

船体との接点部分を作りました。

blue21.jpg

画像を見ながらこんな感じに。実際には開口してるのかな?

甲板と可動部の間を繋ぎます。ついでにネオジムも接着。

blue22.jpg

流し込み接着剤が色んなトコに流れ込んで、後で剥がすのが大変でした。

これで多少は強固になりました。

blue23.jpg

でもまだ怖いので引き続きサッサと次の工程へ。

中にプラ棒やらを詰めて外装を取り付けます。

blue24.jpg

いちおう傾斜するように上は細く下は太く。

乾燥待ちの間に「戦闘ヘリ」の作成を。
以前作った「1/2000洋上コスモフリートSPヤマトの中身」を使うことにしました。

blue25.jpg

「連続曲がらず記録更新中」のエッチングソーが遂に曲がってしまいました。

色々ジャンクでそれっぽくなりました。

blue26.jpg

見る人が見れば何を使ったかはすぐにバレます。

設定全長は81メートルですので、1/2000換算では約4センチとなります。

blue27.jpg

でも私のは3.5センチ。

理由はこちら。

blue28.jpg

入りませんでした。
苦渋の5ミリ減。

一瞬「ヤフブロはみんな優しかったけどFC2では大丈夫かな?」とか思いましたが、たぶん「戦闘ヘリの設定全長なんて誰も覚えていない」のでOKです。そもそもブルーノア自体を知らない方も多いみたいですので「これのどこがヘリなんですか?」とか言われそうです。私も判りません。当時の少年達は納得していました。

blue29.jpg

背後には建造中の「1/2000洋上シイラ」が見えます。
「ガチャの潜水艦を弄りゃ良いや」とか舐めてましたが、まさかの「設定全長120メートル」。デカすぎです。

こんな感じになりました。

blue30.jpg

黄色い凹み対策はまだ何も考えておりません。
完全変型でココまで塞げる訳がない。どうすりゃ良いのだ?

洋上スクラッチならではの「裏はそのまま」。

blue31.jpg

我が家の洋上宇宙軍は全部こんな感じです。
後で見て製作当時を思い出してちょっと楽しかったりします。
…という理屈で手間を省いております。

1/2000「宇宙空母ブルーノア」建造中

こんにちは。

清水港も終わり、絶賛建造再開の1/2000「宇宙空母ブルーノア」。
なんとなくの全体像が見えてきました。

blue1.jpg

ちなみに艦橋はコレじゃないです。イメージで手近なジャンクを仮置き中。

航空甲板の開閉は「ポリパーツに真鍮棒」という無難な形で。

blue2.jpg

色々悩みましたが、しょせん大したスキルもジャンクもありませんのでコレしか思い付きませんでした。

エポパテでガッチリ固めて、補強にエッチングのランナー?を。

blue3.jpg

開閉テストしてたらボロボロ崩れましたので。
やっぱ可動って難しいですね。

これでなんの心配もなく。

blue4.jpg

いつかはユルくなるのかな?その時はまたネットで調べましょう。

砲塔部はもちろん沈みます。

blue5.jpg

表から爪楊枝で前と後ろを少しずつ押しながら下げる。
裏から爪楊枝で前と後ろを少しずつ押しながら上げる。
一瞬「動画にしょうかな?」と考えましたが、あまりにもくだらないのでやめました。

当初はナノブロックinナノブロックで考えていたのですがどうにもガチガチ。ポリ素材に近い「連合艦隊コレクション」を使用しました。

戦艦大和を始めとした数多くの艦船たちが犠牲となっております。

blue6.jpg

メカコレアンドロメダの主砲って良いですね。カッコイイ。
でも1箱3基なのでコスパがイマイチです。
ドレッドノートなら2隻入りなので1箱6基。ちょっと小さいのかな?いっこ買ってみましょう。

愛用のデザインナイフも犠牲となりました。

blue7.jpg

押し切りしてたらもの凄い音と共に折れました。危ない危ない。

艦首ラインはこんな感じから削っていきます。

blue8.jpg

本来はこの下にシイラですね。

製作中に「間違いなく欠ける」ので、こちらにもエッチングランナーを付けときました。

blue9.jpg

洋上模型も何かと大変なのです。

フォルムはこんな感じでしょうか。ちょっと高い?

blue10.jpg

戦闘ヘリのあたりが出来ないといまいちイメージがわきませんね。

今回の製作にあたり、謎のXさんから多大なるプレゼントを頂戴しました。(チョコ大福開封後に「あっ!写真撮ってなかった!」と気付き申し訳ありません)

blue12.jpg

ブルーノア全話ディスクと共に、思いがけずの大活躍だったニッパー「レッドマン2」。薄いのにエッチングもサクサクで刃も欠けず。今後も重宝しそうです。
アップが遅くなりましたがどうもありがとうございました。
もうFC2になりましたのでXさんじゃなくてもOK?

どうやら宇宙戦艦モードに入ったようですので、今後は一緒にこちらも仕上げていきましょう。

blue11.jpg

放置中だった「1/2000旧メカコレ主力戦艦改造洋上ドレッドノート級」ですね。
ここまで作って「輝艦大全」の発売によりタイムアップ。一気にヤル気が失せておりました。
今なら仕上げれるかも。

しばらくは洋上宇宙軍が続きます。

1/2000「宇宙空母ブルーノア」始めました

こんにちは。

昨年中ずっと気になっていた宇宙空母ブルーノア。
1/2000換算で18センチにもなる全長に腰が引けておりましたが、動画でOPとか観てたら盛り上がってきましたのでとりあえず着手しました。良いですね麻世。

気になるのは「なるべく単純に甲板開閉が出来るのか?」ですので、まずはその辺りをチェック。これが複雑だとボツです。



家にあったスチロールみたいな物でテストです。

こんな感じですよね。



プラ板&真鍮線はこのまま最後まで使います。

船体側だけ可動させれば良さそうです。



甲板側は60度ぐらいの角度で接着して大丈夫みたいですね。

イケる気がしましたので早速ナノブロックで船体作製。



360メートル級ともなればブロック消費も大量です。

熱が冷めぬ内にエポパテ処理もやってしまいましょう。



この辺りで年越しを迎えました。

そして新年はマットが新調されました。



今年こそは塗料や接着剤やうすめ液を倒さずに使います。

艦首の曲線までガンバって一旦力尽きました。



進めば進むほどに「二次元と三次元のズレ」に悩みます。

とりあえずスッキリしたので清水港に戻りましょう。
1/2000コンテナ量産しなきゃですね。