FC2ブログ

1/400 ジオン残党軍の記事 (1/4)

「コンテナ選手権」開催&ロールアウト

こんにちは。

アメブロにて開催中の、カミヤ建設さん主催「コンテナ選手権」。
(https://ameblo.jp/144kamiya/)
本日、令和2年1月31日の締め切りになんとか間に合いました。

基本レギュレーションは、こちらの「セ〇アで販売されている小物収納コンテナ」を使い「塗装技術を競う」といったもの。

kontena1.jpg

しかしそのコンテナがなかなか売ってなく、無事GETできたのが1月26日の日曜日。締め切りまで残り5日間。超ヤバイ。気の効いた塗装プランも浮かばず更に時間が過ぎる中、ふと思い出されたのが「今回は塗装がメインの選手権ですが、変形や可動のギミック搭載されても構いませんので自由な発想で気軽にチャレンジして下さいね~」とのカミヤ建設さんのお言葉。これは拡大解釈すれば「1/400ジオン残党軍仕様にしても良いですよ」とも受け取れる。いやそうに違いない。

さっそく縮小化。

kontena2.jpg

扉開閉機構を導入の予定が「パテも瞬着も全く効きやしない難儀な素材」の為、やむなくナノブロックの助けを借り圧着。

kontena3.jpg

完成されたサムソンのデザインを「あえて普通に戻す」という暴挙。

kontena4.jpg

せめてものお詫びに装備類を換装。

kontena5.jpg

「コンテナよりサムソンの方に塗装時間を割かれつつ」も無事完成。

kontena6.jpg

「塗装技術を競う」と言われたのに「ギャレット小隊の生き残り的な設定にしようかな~」ともはや「脳内はジオン残党軍一色」でウキウキデーカル選び。

kontena7.jpg

しかしセンスの限界から、天井部の色どりがジオンマークのみ。
気になりつつもこの時点で1月29日水曜日。
どうするオレ!?

kontena8.jpg

ドダイ化してみました。

kontena9.jpg

可塑剤問題でベタベタになっていた「膝立ち旧ザク」をリニューアル。
武装は「タミヤ1/35忠臣蔵」より。気分は日輪刀(ミーハー)。

kontena10.jpg

やはりドダイにはグフ。グフといえばラルさん。よって塗装はラルさんカラー。

kontena11.jpg

新しい仲間が増えました。

kontena12.jpg

気付けば重大なるレギュレーション違反でのフィニッシュ。
「午前中のお客様の予定を午後にズラしてこのブログを書いている」という事実に免じてお許し下さいませ。

お詫びに来週開催の多砲塔艦船選手権。「艦娘」もOKです。

ドタバタながらも終わってみるとやっぱり選手権って楽しいですね。
幹事の任、どうもありがとうございました。

「レイバー選手権」ロールアウト

こんにちは。

絶賛開催中のレイバー選手権。
締め切りまで2週間を残し無事完成しました。

reibor25.jpg

主催者キョマカイちゃんさん自らがデザインして下さった「三軒茶屋重工のデザインロゴ」。

reibor26.jpg

縮小×縮小でありがたく使わせて頂きました。

「Typeぴっけるくん」はキャタピラモードに移行可能。

reibor27.jpg

ただし脚稼働時に「下地の緑が見える」という弱点があります。

「Typeタイラント」は…特になんのアピールもありません。

reibor28.jpg

最後の最後に思い付きで作った水中用レイバー「わだつみくん」が結局は一番手間と時間がかかりました。

reibor29.jpg

「一度JAMSTECロゴを塗りつぶして再び虎の子1/700ちきゅう付属JAMSTECデカールを貼る」という高級仕様。ネームプレートもエクセル印刷(色合わせ断念)。塗装は三軒茶屋調合「さわやかブルー」となります。

reibor30.jpg

但しデカールはもったいないので片面だけです。

陸送用サムソンが必要でしたのでアクリル被害の旧部隊を修復。

reibor31.jpg

テカテカなのはヘッドだけでしたのでトレーラー部と若干色味が違います。

比較的原型を留めていた三体もこの機会にリペイント。
「ガイアマルチプライマー」「Vカラー黒サフ」「タミヤラッカー塗料」で完璧…なはずです。今度こそ頼みます。

reibor32.jpg

少しずつ復活させていきましょう。

作品名「会長と私」

reibor33.jpg

伝説の三軒茶屋重工会長のお姿をついに捉えました。

会長を囲んで。
五レンジャーの予定が六レンジャーになっちゃいましたが。

reibor34.jpg

1/400ジオン残党軍の現有戦力です。

reibor35.jpg

隊長クラスと工兵ばかりじゃ寂しいので改めてもう一枚。

reibor36.jpg

ちなみに背景に写っている建物は、ウルトラマン食玩「アルティメットストラクチャー」です。

reibor37.jpg

このシリーズのフィギュアは約10センチ。
マン~エースは40メートル設定ですのでスケールは1/400となります。

なのでコチラが「1/400ウルトラキー」。

reibor38.jpg

神々しいです。

主催者の任おつかれさまでしたキョマカイちゃんさん。
とっても楽しかったです。

さて次は引き続きジブリ選手権改め「宮崎メカならなんでもOK選手権」。
「ハロウィン選手権」はここにきてスルーの可能性大。

ちょっとその前にオアシス級進めますね。

「レイバー選手権」開催中(わだつみ君編)

こんにちは。

絶賛開催中のレイバー選手権。
今回は水中用レイバー「わだつみ君」特集です。

reibor19.jpg

「採用者へは100万円」にて募集されたネーミングコンテスト。
厳正なる審査の結果「ザクサブマリン」「ザクサブマリナー」を押しのけ「わだつみ君」に決まりましたので賞金は私に。

真正面から見るとサッパリ意味が判りません。

reibor20.jpg

「フロントヘビーではないか?」とのご指摘がありましたので「深海救難艇」をのせてみました。

reibor21.jpg

当初は「リッチモデル1/350ミスティック」を搭載予定でしたがデカすぎました。

reibor22.jpg

ちょうどガチャーネンのパンツァーファウストが余ってましたので。
「エッチング作業しなくて済んだな」が正直な感想です。

「ピットロード1/350艦船装備セット」から色々持ってきて完成。

reibor23.jpg

基本色は…やっぱり白ですかね。

13人衆も塗りました。

reibor24.jpg

カラフル作業員なつもりで塗ったのになぜか仕上がりはボブスレー。

なんとか締め切りには間に合いそうです。
ぼちぼちジブリ選手権の構想に入らなければ。なんしましょかね。

「レイバー選手権」開催中(基本塗装編)

こんにちは。

ヤフブロは終了したけど絶賛開催中のレイバー選手権。
…と思ったら9/2なのにまだ書き込みしてる人いるし…終わんないのかな?

アクリル塗料で一度は壊滅の危機に瀕した1/400ジオン残党軍。
万全の体制で「ラッカー塗料」を準備しました。

reibor12.jpg

「電話はDocomo」「家電はSONY」「塗料はTAMIYA」な世代の私ですが、タミヤラッカーは原色系が少ないようで仕方なくMr.COLORも購入。あの「フタについた取っ手」が苦手でしたが今のはシンプルなんですね。

とりあえずここまで塗って思案中。

reibor13.jpg

今回は「1/400な車両」も一緒に作ります。

プラストラクト社より発売の1/400アイテム。
(帝国軍人はフジミ1/350です)

reibor14.jpg

1/400は旅客機モデルが一般的ですが、アチラの「空港作業車」とかは超お高いので手が出ません。

でもこれはこれでメタルセダンとかなかなか良く出来てます。

reibor15.jpg

左の白いのがプラストラクト1/400。右のグレーがフジミ1/350。こんな感じでほぼ変わりませんので、今回もまたフジミでいきましょう。ポーズも色々ですしね。モッタイナイし。

なんとなく「13人衆」みたいでカッコ良かったので1枚。

reibor16.jpg

彼が「三軒茶屋重工(株)代表取締役会長」となります。

reibor17.jpg

プラ製ゆえに難を逃れた初期メンバー。今回一緒にリペイントしてあげましょう。

reibor18.jpg

たんさ君も元気です。

「レイバー選手権」開催

こんにちは。

アメブロにて開催中の、キョマカイさん主催「レイバー選手権」
(参加要項はコチラ→https://ameblo.jp/kyoma-kai/entry-12501424393.html)
絶賛参加受付中です。

普段はつい疎かになる「他ブログのブロともさんへの訪問」。
定期的に選手権が開催されると改めて結び付きも深まります。

早速使えそうなジャンクを集めてみました。

reibor1.jpg

ベースはいつもの「ガンコレ旧ザク&ザクタンク」にて。
レイバーとはいえ、完成の暁には当然「1/400ジオン残党軍」に編入となります。

最初はこんなイメージでした。

reibor2.jpg

でもかなり細かく塗られた「コナミSFムービーセレクション」。
これ以上にリペイントする自信もありませんのでなんとなくモッタイナイ。

なので今回はコレでいきます。

reibor3.jpg

「トミカ」と「ガンコレ的にはハズレなシルバー塗装のヤツ」でモッタイナイオバケを回避。「ティエレン」だったかな?

コチラはトラックヘッドを背負って「タイラント2000」な気持ち。

reibor4.jpg

隙間もジャンクで塞ぎます。

reibor5.jpg

コチラは「ぴっけるくん」な気持ちで。

reibor6.jpg

全体的にノッペリボディなのでプラ板でカッチリと。

reibor7.jpg

作業用感マシマシの「ザメルの手」を移植しようか迷いましたが…やっぱりモッタイナイので断念。

なんとなく色々付けてみました。

reibor8.jpg

元のトミカに貼ってあったこのシールは何でしょうね?

いつものように灰サフがすべてを包み込んでくれます。

reibor9.jpg

今回は「ガイアマルチプライマー」→「Vカラーグレーサフ」→「ガイア黒サフ」と万全の体制です。

reibor10.jpg

これでテカるならもう私は知りません。



「マシーネン選手権」開催中(ロールアウト編)

こんにちは。

ヤフブロにて開催中の、キョマカイちゃんさん主催「マシーネン選手権」。
遅ればせながら完成しました。

masi13.jpg

大好きなP.K.Aで。
もちろんレッドショルダーです。

「S.A.F.Sに対抗してキャノピーを装甲化」とか「メルジーネ先行量産型」とか「コードネームはハンプティ・ダンプティだな」とか中二病的な妄想をしつつ仕上げましたが、真実は「慣れないクリアパーツが接着剤でベタベタになって塗るしかなくなった」となります。

まぁなんにせよ1/400ジオン残党軍である事に変わりはありません。

masi14.jpg

旧ザクを絡めればばすべてが丸く収まります。

ステキです総帥。

masi15.jpg

kohi123さんリクエストによりパイロットはボヘミアン。
私もクイーン世代ですのでお気になさらず。

デカールはクジャン家を使ってみました。単なる配色イメージです。

masi16.jpg

カメラはなんとなくオミット。速攻で破壊されそうなので。
キャノピー開閉は、まるねるどさん伝授の「ドールハウス用ミニ蝶番」が相変わらずの大活躍です。
ぼちぼち在庫が無くなってきたんでまた注文しようかと思います。

こうして比べると、ガチャーネンって残党軍にとってはジャストサイズですね。

masi17.jpg

今回も「Vカラー」のグレーサフを使用。旧ザク部分のみの対策ですが。

masi18.jpg

下地はマイ調合の「三軒茶屋艦底色」を使っております。

masi19.jpg

ここにメンタム。ちょっとドキドキ。

masi20.jpg

無難にミディアムブルーで。

masi21.jpg

「ホントに剥げんのか?」と半信半疑でしたが…超剥げました。

masi22.jpg

こりゃ面白い。
誰が最初に発見したんです?

1/400旧ザク専用パワードスーツもこれで2体目。

masi23.jpg

3体目はまた追々「艦船に疲れたら」仕上げてまいりましょう。

隊長機ばっかり増えている残党軍ですが、隊員達のリペイントも順調です。

masi24.jpg

Vカラー入手前に「ガイアマルチプライマー&ラッカー塗料」でテストした機体ですが、数ヶ月たってもベタつかないようです。
たぶん大丈夫かな?

なんとか締め切り前に完成しましたのでひと安心です。

では心置きなく1/2000ブルーノア頑張りますね。

「マシーネン選手権」開催中(肖像画編)

こんにちは。

ヤフブロにて開催中の、キョマカイちゃんさん主催「マシーネン選手権」。
少しシンプルですが、こんな感じで塗装に入ろうかと思います。

masi8.jpg

1/380カップヌードルminiプラよりヒートホークを持ってきました。

ジャンクがモッタイナイので動力パイプも移植。

masi9.jpg

あとは気持ちチョコチョコっと。

今回は塗装で頑張ります。

masi10.jpg

艦底色で下地→端っこにメンタム→ミディアムブルーで上塗り→爪楊枝でハゲチョロ→クロームシルバーでサビっぽく

でもイマイチ「ジオン愛」が足りていないような気がしますので、コックピットに総帥の肖像画を飾らせて頂く事にしました。

masi11.jpg

いつ拝見してもステキです総帥。

この位置に。

masi12.jpg

一気に親衛隊感倍増。
額縁も付けた方が良いですね。

「マシーネン選手権」開催

こんにちは。

ヤフブロにて開催中の、キョマカイちゃんさん主催「マシーネン選手権」。
オクGETしたガチャーネンがやっと届きましたので、国境を越えFC2ブログから参戦です。

masi1.jpg

ちなみに地元では未だ見掛けません。ホント本州止まり?

一度作ってみたかったガチャーネン。

masi2.jpg

やっぱ楽しい。
私はA.F.S派ではなくP.K.A派でした。

参加者で真面目にマシーネン素材を使っているのは私だけ。
ゴッグやらグシオンやら航空機模型やら「お前らなに使ってんだ?」的な方々ばかりです。

ちなみに我が家では当然こうなります。

masi3.jpg

腕部の自然な位置取りに苦労しました。

製作中だった「1/400スケール旧ザク専用スナッピングタートル型パワードスーツ」も一緒にお披露目。

masi4.jpg

なんか隊長機ばかり増えていく残党軍です。

ブロともさんアドバイスによる、シンプルで効率的なコックピット開閉改造。

masi5.jpg

穴を横長くする事により、1本軸のままでも開いた時に後部と干渉しません。
ホント頭いいです。どうもありがとうございました。

ついでに「1/400スケール旧ザク専用オーラバトラー型パワードスーツ」は…難しいか…こりゃ入んねぇな…

masi6.jpg

無理してサーバイン買わなくて良かった。
トカマクさんはいつでも安心オク価格の400円。

このガチャも一生出会うことなく終わるのでしょう。

1/400「ジオン残党軍」の隊長たち

過去画像での投稿テストです。

我が「1/400ジオン残党軍」が誇る隊長機たち。

1番隊「アッザムリペア」隊長

azzamuripeataichou.jpg

2番隊「多脚戦車選手権参加作品」隊長

sennsyukentaichou.jpg

3番隊「陸戦型ザクレロ」隊長(未完成)

rikusengatazakurerotaichou.jpg

4番隊「ガシャプラボトムズ」隊長(レッドショルダー隊兼任)

botomuzutaichou.jpg

隊長たちで記念撮影

taichoukinensyasin.jpg

1/2000艦船模型の合間に「12番隊まで作ろう~」と思っていたら、突然のヤフブロ終了事件。
でもFC2で生き残れそうな予感と手ごたえ。

要は「あらかじめ画像縮小してアップロードしておけば」記事もサクサク書ける訳ですね?

1/400「ジオン残党軍」光る!

こんにちは。

久々の1/400ジオン残党軍。
例の「可塑剤シミ出し問題」で停滞しておりました。



少し判りにくいですが見事にキラキラです。

ゲルググカモネの中の人なんてもうテッカテカ。



色々調べてみましたが、やはり「アクリル系で塗装するなんてもってのほか」みたいですね。この手の塗装はラッカー系が鉄則のようです。知れば知るほど恐ろしい事をしていました。お礼品で送った方々には申し訳ないです。

そんな中「可塑剤はベンジンに漬ければ抜ける」という豆知識を入手しましたので早速試してみました。



正式名はベンヂンなのか?

まずは一晩漬けてみました。



そしてまさかの「先に容器の可塑剤が抜けてパリパリ」。



あわてて瓶に移しました。
まぁ確かに。見るからにそんな容器だな。

そしてこの画像を撮影してから今日で約4ヶ月。
肝心のガンコレには何の変化もございません。

でもアラーキーさんとかも実践されてましたので、個体によって差があるのかもですね。もうしばらく放置してみましょう。

とはいえ既に塗装済みの機体達はどうしようもありませんので、ラッカーシンナーで一気に剥がす事にしました。



一晩漬けて風呂場で洗ったんですけどね。
そのまま入浴しようと思って素っ裸で作業してたんですよ。
床に座ってシャワーを流しながら歯ブラシでゴシゴシと。
そしたら不思議な事にチ〇コが段々熱くなってくるではないですか。
「あれ?」っと思ったその瞬間、その熱さは一気にマグマのごとき痛みに。
どうやら流れたシンナーがちょうど床についたキン〇マに当たってたみたいです。
皆さまも裸で作業される時にはお気を付けて。

七転八倒しながらも無事に作業は終了。



ここからまたリペイントしてあげましょう。

そんな出直し残党軍に文字通り明るい未来が。



ごんちゃっくさんのブログでお見掛けした、LED付きリチウム電池「ミライト」。
「今ごろ!?」と言われるかもですが、私の情報源は皆様のブログなのです。

「5色全部を5個ずつ買いそうな衝動」をグッと抑え、とりあえず1個ずつ購入。
でも赤だけはやっぱり3個。ドムに装備する気はなくても「いざという時にジェットストリームが出来ない」と考えてしまう不思議です。

ギリ胴体に埋まりそうです。



このまま1/400バズーカに加工するのもアリですね。

さっそく装着。



メカゴジラな気分。

頭もくり抜いて点灯。



すばらしい…盛大に洩れてるけど…

1/400ジオン残党軍の新たな1ページが開きました。開いただけですが。

でもなんか嬉しい。