FC2ブログ

1/2000 ドイツ艦の記事 (1/2)

1/2000「空母エウロパ」竣工

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000ドイツ改装空母「エウロパ」。
夕凪さんのライン級小型空母と共に無事竣工しました。

europa55.jpg

やはりエウロパにはハウニブ。そしてドイツ空軍といえばレッド・バロン。いや時代考証は置いといて。

europa56.jpg

このサイズの艦載機は「金出して買うものだな…」とつくづく思いました。最近の3Dプリンタものはえげつない。

europa57.jpg

いつもの苦行「マルチピット2付け作業」。

europa58.jpg

3隻揃えば立派な機動部隊。

europa59.jpg

我が家のドイツ艦隊も結構賑やかになってまいりました。

europa60.jpg

ビスマルク級を凌ぎます。

europa61.jpg

気になっていた甲板高も加賀より少し低いくらいでした。良しとしてくださいませ。

europa62.jpg

ミッドウェイ級には及びませんが戦時中空母としては最大級かもです。まぁ計画艦ですが。

europa63.jpg

ライン級も補助空母としてはそんなに小さい訳ではないようですね。

陳列棚に入れるとやっと子離れした気分です。

europa64.jpg

可愛い孫たちは小分けBOXへ。

europa65.jpg

空母3隻分ぐらいはまだあるかな。

さてGW明けの月曜日。7月までは祝日ナシ。
ガンバって働きましょう。

1/2000「空母エウロパ」船体竣工編

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000ドイツ改装空母「エウロパ」。
残るは塗装&デカール作業となります。

まずは甲板上のエレベーター等。
スジ彫りなんぞ怖くて出来ませんので塗り分けのみで。

europa48.jpg

ライン級の方はちゃんと溝があります。

始めるまでは億劫なのにやりだすと妙に楽しいマスキング作業。でも連装砲塔がピンピン飛んで伸ばしランナーで修復です。ごめんなさいニョッチさん。

europa47.jpg

白線もニョッチさんの手作りデカールにて。もはやニョッチ工房の塊のようなエウロパ。ありがとうございます。

europa49.jpg

自作デカール技術を習得したはずなのに、相変わらずエクセル紙印刷の三軒茶屋工房。つい楽な方に走ります。でも今回はちゃんと「鉤十字」で。

europa50.jpg

なんやかんやで無事に竣工~

europa51.jpg

艦載機を載せてからと思っておりましたが、ガマン出来ずにグラーフ・ツェッペリン(卍.Ver)と一緒に。

europa52.jpg

やっぱりデカイぞエウロパ。

europa53.jpg

中央エレベーターはハウニブ用に大型化しております。

GW中盤は艦載機に取り掛かりましょう。

europa54.jpg

異様に細かい夕凪さん&Shapeways製の1/2000艦載機群。

ハウニブの存在感がすべてを持って行きます。

1/2000「空母エウロパ」建造中(おとも編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000ドイツ改装空母「エウロパ」。

塗装前に、おともの「ライン級空母」も仕上げてあげることにしました。

europa39.jpg

部品数は少ないので楽勝…コレは何だ??…どこに付けるのだ??

europa40.jpg

小さすぎて部品とランナーの境目がわかりません。どうやら短く切り過ぎたようなメインマスト。修復しました。

europa41.jpg

後部の着艦ロープが薄かったので伸ばしランナーで復活させて完成~

europa42.jpg

忘れていたエウロパクレーンもライン級のを参考に。

europa43.jpg

「甲板まわりの四角い物体はなんだろう?」と思ってましたら、どうやら救命ボートのようですね。ドイツ艦特融?の黄色い四角形ボート。エウロパに装備したら色映えしそうなので急遽プラ板で。

europa44.jpg

こんな感じで。

europa45.jpg

ついでに甲板上のレールも付けて無事に完成~

europa46.jpg

やっと塗装ですね。

今回も縦吹き&横吹きで簡単に。
でも「マンジ」は気を付けましょう。

1/2000「空母エウロパ」建造中(秘密兵器編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000ドイツ改装空母「エウロパ」。

ブロともニョッチさんよりの秘密兵器が到着しました。

europa33.jpg

自作の1/2000「10.5cm連装高角砲&3.7cm連装機関砲」のドイツ装備セット。
オマケに「25mm連装機銃&25mm三連装機銃」のセットまで。共に未発売。

いやもう感謝しかありません。ありがとうございました。
お礼のウドンだけではとても足りませんので、商品化されたら絶対追加購入しますね。

早速装備してまいりましょう。

europa34.jpg

うひゃひゃひゃひゃひゃ~

europa35.jpg

甲板周囲の連装機関砲は「持つときにパキッ」となったらイヤなので、船体に平行に取り付けました。

europa36.jpg

エウロパ無事に完成~!
(ブログアップ中にクレーンの取り付け忘れに気付きましたが)

europa37.jpg

ひと晩で出来ました。
やはりパーツがあると早い早い。

艦載機に関しても秘密兵器第二弾。

europa38.jpg

まるで「私がドイツ空母をスクラッチするのに合わせてくれたかのようなタイミング」で発売された、夕凪さんの「ドイツ軍機セット1&2」。もちろんたまたまです。

爆撃機も欲しいので、そちらはShapewaysにて「Ju-87」を発注しております。
それまでのんびりと塗装しよきますかね。

この度は本当にありがとうございましたニョッチさん。
塗装もがんばりますね。

1/2000「空母エウロパ」建造中(バルジと艦橋編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000ドイツ改装空母「エウロパ」。

色々と資料を調べてましたら、どうやら「客船改装によるトップヘビー状態の対策にバルジを付けた」との事。

europa25.jpg

付けてみました。デカいかな?

europa26.jpg

でもまぁ「バルジ付けたよ!」的な存在感で良しとします。

引き続き艦橋まわりの制作も。

europa27.jpg

ドイツ空母っぽくなってきた気がします。

europa28.jpg

なお舷側の溝がパテで埋まってしまった艦尾付近は「装甲板取り付け中」みたいな感じでゴマカシテおります。彫るスキルがないものでご容赦くださいませ。

europa29.jpg

【追伸】

先週こんなものを買ってみました。

europa30.jpg

「模型人形植栽電飾のわき役黒ちゃん」にて販売中の「1/2000日本海軍駆逐艦艦名デカールセットA&B」。

以前から「1/2000水柱」や「1/2000滝」を売っていたSHOPで「いやそんなもの要らないけど1/2000を気に掛けてくれているならいつか何か発売するかも」と期待しておりました。

europa31.jpg

随所に見られる「根性」「気合」「細かい」等のミニスケ愛好家好みの文字。

europa32.jpg

なんか「判ってる」って感じです。お待ちしていた甲斐がありました。

こりゃ駆逐艦作り直さなきゃですね。
ガチャの余剰あったかな?

1/2000「空母エウロパ」建造中

こんにちは。

やっと仕事もひと段落でお久しぶりのドイツ改装空母「1/2000エウロパ」。

船体のパテ処理が終わったのはもういつの事だったやら。

europa13.jpg

サフを吹いてみたのも遠い昔。

europa14.jpg

「この画像は何が違うんだ?」と一瞬思いましたが…

europa15.jpg

サフ後に最上階層の前後延長をしたヤツでした。

europa16.jpg

その結果、航空甲板からはみ出す船体幅。

europa17.jpg

艦首と艦尾だけで長さ調整をしたシワ寄せがきております。

でもまぁここは慌てず騒がず、甲板周囲の機銃座で優しく目隠し。

europa18.jpg

計画艦ですので「本当の正解」は誰も知りません。

europa19.jpg

艦尾ボートデッキには豪華Shapeways製1/2000ボートを使います。でもモッタイナイので外側だけ。内側は棒。

europa20.jpg

塗れば更に目立たなくなるはずです。

europa21.jpg

この辺りでしばらく放置しておりました。

今月になってやっと作業再開。艦橋構造物に取り掛かりました。

europa22.jpg

やはり垂直にはありがたいナノブロックですね。

europa23.jpg

【追伸】

少し前になりますがやっと入手しました。

europa24.jpg

当時のレッドホーク連合艦隊プラモデルに入っていた集合絵。500円シリーズのみだったかな?

保存状態も良いのにビックリするぐらいお安いお値段。
誰も欲しがらないようです。

1/2000「空母エウロパ」着工

こんにちは。

新年の「仕掛艦船を仕上げるぞ~」との意気込みもどこへやら。ドイツの改装空母「エウロパ」に着工しました。

改装前の客船状態はこんな感じです。(画像お借りしました)

europa1.jpg

全長280メートル越えの巨大客船。正式には「オイローパ(Europa)」と発音するみたいですね。でも「エウロパ」の方が雅な感じなのでそちらで。

これがこうなります。(画像お借りしました)

europa2.jpg

完成すると全長291.5メートルの大型空母になる予定だったみたいですが、実際には改装案のみの計画艦。資料も皆無ですので楽しさ優先で作っていきましょう。

素体になるのはこちら。

europa3.jpg

エフトイズ1/2000タイタニックですね。
実艦計画に倣ってこちらも客船からの改装で進めてまいります。
フライホークティルピッツの方は部品取りにと思いましたが…悩み中…どうせもう作らないしと思ったけどやっぱりモッタイナイ…

まずは全長&全幅の延長にプラ板をサンドイッチ。竜骨みたいな雰囲気ですが、確かにコレで強度も上がるし反り防止にもなります。

europa4.jpg

更なる強度と重量を求めて「引き出しの奥の方にあった使ってないパテみたいなヤツ」を詰めましたら…2日経っても固まりませんでした。

europa5.jpg

「ポリエステルパテ」って書いてありますね。硬化液と混ぜるタイプだったようです。見当たらないのでほじくり出してやり直し。

ヒケが少ないと評判のホワイトパテに変更しました。

europa6.jpg

外側にはちゃんとエポパテを使っております。

europa7.jpg

やっぱかなりデカいですね。

europa8.jpg

仕上げが目立たないように艦尾のココに延長箇所を集中させました。

europa9.jpg

今回は硬化待ち時間が大量でしたので、合間に夕凪さんトコの「独ライン級軽空母」を並行作業です。こちらも計画艦との事でエウロパ以上にネット資料がありません。

europa10.jpg

よって当然のごとく素組みですが、やはり「船体の反り」が気持ち悪いので裏側をボッコリ削って太めのアルミ棒を仕込みました。

europa11.jpg

素晴らしきかな統一スケールです。

europa12.jpg

さてもう固まったかな?

1/2000「P級ツェッペリン飛行船」竣工

こんにちは。

夕凪さんの1/2000「P級ツェッペリン飛行船」が完成しました。

tseperin17.jpg

米給油艦「AO-9 パトカ」を土台に。

あらゆる金具を埋め込んで「我が家の1/2000艦隊で最重量」のパトカ。ガッツリ安定です。

tseperin18.jpg

普通の感覚で持ち上げるとゴトッと落とすぐらい。

構造物はいつものプラ板チマチマで。

tseperin19.jpg

でも今回からちゃんと「切断面の盛り上がりを落とす」といったひと手間をかけております。

tseperin20.jpg

メンドクサガリな私も少しは進歩します。

デカールはこの位置で良いのかな?

tseperin21.jpg

可愛いでしょ。

tseperin22.jpg

縦に2倍で愛おしさも倍増です。

ツェッペリン繋がりで。(マンジのまま)

tseperin23.jpg

今度はぜひ「1/2000飛行船グラーフ・ツェッペリン」をお願いします夕凪さん。

ドイツ艦も少しずつ充実してきました。

tseperin24.jpg

在宅が増えましたので、久しぶりに艦隊棚の配置変えを。

tseperin25.jpg

下から2段目は「レッドホーク連合艦隊枠」で余白を多めにしております。
今週はアカギを仕上げましょう。

いや多砲塔艦選手権も忘れてませんので。大丈夫です大丈夫です。

1/2000「P級ツェッペリン飛行船」着工

こんにちは。

予定では「レッドホーク連合艦隊アカギ竣工!」のはずなんですが、先週Twitterでこんな画像を見付けてしまいました。

tseperin1.jpg

米海軍の給油艦「AO-9 パトカ」というそうです。
高さ38メートルの給油鉄塔を備えた飛行船母艦。ステキです。

以前購入したものの「コレを洋上化したって単なる沈没船になるよな…」と作りあぐねていたコチラ。

tseperin2.jpg

夕凪さんの1/2000「P級ツェッペリン飛行船」ですね。
給油艦を「飾り台」で作ることにしました。
まぁ「ドイツが鹵獲した」的な妄想で。

まずは飛行船の方に「軸」が入るように。

tseperin3.jpg

頑丈にしたいので1ミリ径のプラパイプに1ミリ真鍮棒で。

tseperin4.jpg

入りました。

tseperin5.jpg

土台の補給艦は「重さが命」ですのでなるべく重量があるものを。

tseperin6.jpg

色んな重そうなゴミも埋め込みます。

tseperin7.jpg

こんな感じになりました。

tseperin8.jpg

とりあえず気になる連結部を先に仕上げ。

tseperin9.jpg

トラス太目で頑丈になってます。

tseperin10.jpg

真鍮棒は直角に曲げて。

tseperin11.jpg

よし倒れない。

tseperin12.jpg

こんな角度もイケます。

tseperin13.jpg

でも横方向はココまで。

tseperin14.jpg

これ以上だとコケます。

tseperin15.jpg

同じく「半分に切ったらモッタイナイよなぁ…」だったコチラにも光が見えてきました。

tseperin16.jpg

今週は「鹵獲パトカ」を仕上げましょう。
レッドホークはまた来週から再開しますね。

1/2000「空母グラーフ・ツェッペリン」竣工で謹賀新年

明けましておめでとうございます。

まぁブログを書いているという事は既に仕事始めな訳ですが。
夢のようなダラダラ寝正月でしたがそれもお金あっての事。働きましょう。

急遽思い付きで着手した1/2000「グラーフ・ツェッペリン」。
年またぎで無事に完成しました。

graf12.jpg

我が家のドイツ海軍もやっと形になってきました。
もうちょい中型&小型艦艇が欲しいトコですが、知識不足につき何を作れば良いのか要勉強です。

全くの無改造で残る「瑞鶴の甲板まわり」がチャームポイントとなります。

graf13.jpg

せめてもの慰みに艦載機を載せてあげました。

graf14.jpg

コーションデカールのそれっぽい部分でドイツマークを。

graf15.jpg

ツェッペリン本体の鉤十字はエクセルプリントで簡易版。

graf16.jpg

いつものように会社で印刷していたら部下に見られました。
でも言われたのが「またゾンビですか?」のひとこと。
「模型にもゾンビにもミリタリーにも興味のない一般庶民の脳内構造」は私には判りません。

艦載機は当初「連コレガチャ」のを使う予定でしたが、あまりにも不揃いなので半分ほど断念。
小さい3機は「なんちゃってメッサーシュミット」として使いました。

graf17.jpg

代わりに「なんちゃってユンカース」は「豪華夕凪さん米海軍艦載機セット」を使用。
でもモッタイナイので一列だけで。ドーントレスかな?

graf18.jpg

右舷には更に大量の瑞鶴跡が残ります。

graf19.jpg

最終形態はこの色にしましたが、

graf20.jpg

当初はこんな感じでした。

graf21.jpg

なんとなくガミラスっぽくなったので塗り直しました。

中型空母の位置づけになるのでしょうか。思ったよりも小さかったです。

graf22.jpg

結局は「延長して先端を切り落として」で航空甲板の長さは瑞鶴と同程度みたいですね。

それでは皆さま、今年も一年よろしくお願い致します。