FC2ブログ

未分類の記事 (1/1)

1/2000「レッドホーク連合艦隊」はじめました

こんにちは。

盟友こーいちさん応援企画としまして「オアシス級も選手権もマックス号もほったらかして」念願の1/2000「レッドホーク連合艦隊」の製作を開始しました。やっぱり食い付いてくれる方がいらしゃると意欲もわきます。それに比例して今回は画像多めです。

基本コンセプトはこちら。

redhawk3.jpg

少年三軒茶屋はワクワクしたもんです。

どれから着手しようか迷いましたが、まずは「船体が余っている」と「一番作りやすそう」との理由から「ムサシ」にしました。2番ですね。

redhawk4.jpg

細部の資料はネット入手の「当時の大きい方の箱絵」(500円シリーズ)にて。
(画像お借りしました)

redhawk5.jpg

この段階で既に「箱の表と横と1枚目の画像すべてで色んなトコが違う」という「古き良きおおらかな時代」を感じます。

「船体が余ったから」とか言いながら、艦橋や主砲は必要ですので改めてハイフリ武蔵を落札しました。

redhawk6.jpg

そしてまた船体が余る無常なループ。諸悪の根源はアイアンロックスです。

レッドホークムサシのマストは「ココ」にきます。大事です。

redhawk7.jpg

副砲は「戦艦級の連装砲」みたいですのでジャンクより。

艦橋横両舷の「異様にデカい25ミリ三連装機銃(盾つき)の二連装Ver.」は1/700のをベースにしました。

redhawk8.jpg

コレですね。1セット3×2枚の6基入りでちょうど良いです。

redhawk9.jpg

でも今後の「ヤマト」とかを考えるとまた買うのはモッタイナイので複製。

redhawk10.jpg

なんせ1箱1野口さん。2個買うと「1/700大和プラモが普通に買える」と気付きました。

秘密兵器「新素材造形補修材プラリペア」の登場です。

redhawk11.jpg

当初は「いつものようにUVレジンで」と考えておりましたが、毎回「気泡」で苦労してますので今回は新兵器で。

こんな感じでまず「粉」を入れます。トントンとやれば隅々まで入り込んでくれます。

redhawk12.jpg

そしてスポイトで1滴チョンと「液」の方を垂らしたらジュワ~っと浸透していきます。

redhawk13.jpg

あとは5~10分ほど待てば完成。

redhawk14.jpg

硬化後はガシガシ削れますし、なによりも「普通の接着剤が効く」のが嬉しい。

設置完了。砲身は伸ばしランナーで良いかな。

redhawk15.jpg

艦首の「謎の光学兵器」はプラ板で。

redhawk16.jpg

知らない方が見ると「何つけてんだ!?」と思うであろう「一気にチープ感をかもしだす翼」は先日購入した「1/500日本の輸送機コレクション2」より。

redhawk17.jpg

「絶対使わないよな」と思っていたのでちょっと得した気分です。いや気のせいなのは判っております。

両舷のミサイルは豪華真鍮棒仕様にて。

redhawk18.jpg

塗装が大変そうなんで後付けにします。

今のトコこんな感じになりました。

redhawk19.jpg

やっぱり楽しいとサクサク進みますね。
あとは艦橋まわりを少し弄れば完成です。