FC2ブログ

1/2000レッドホーク連合艦隊「タカオ」着工

こんにちは。

少し空きましたが絶賛建造中の1/2000「「レッドホーク連合艦隊」。
先週から「タカオ」に着手しました。

redhawk111.jpg

ちょっと拡大。

redhawk112.jpg

なかなかにビビッドな装備とシルエットです。

素体はもちろん高雄…といきたいトコですが、艦船キットコレ高雄は積みがいっこしかありません。モッタイナイ。vol.3だし。なので同型艦「愛宕」を使いました。娘は本家に比べてお安くGET出来るのが良いですね。

redhawk113.jpg

最近のマイブームは「とにかく重くする」です。「AO-9 パトカ」からハマりました。

redhawk114.jpg

艦橋位置は少し後退。

redhawk115.jpg

妙な「優雅さ」が出てしまいました。

redhawk116.jpg

「オレは一体何を作っているのだ?」と思いつつも「ブリュンヒルトみたい」と不敬な思いに浸ります。

両舷3基ずつの連装高角砲は連コレガチャのを複製。

redhawk117.jpg

後々の事を考えて多めに作りましたがバリ取りが大変でした。

redhawk118.jpg

煙突はちょうど良いのが無かったのでやむなくプラ板で。

redhawk119.jpg

カタパルトも「1/2000では小さすぎ1/700では大きすぎ」でしたのでプラ棒にて。
おそらくこの艦はココがポイントなのでしょう。なに載せるのかな?

今晩からは「とっても楽しそうな謎兵器」製作です。

1/400ジオン残党軍「ジャンク部隊」ロールアウト

こんにちは。

「なるべくお金をかけずに楽しむ」がコンセプトの、1/400ジオン残党軍「ジャンク部隊」。完成しました。

zion55.jpg

そのままではスケール不詳の「カール自走砲みたいなの」と「弾薬運搬車みたいなの」は、フィギュアを配置して半ば強制的に1/400化。

zion56.jpg

「マゼラベース素体小隊」にもパイロットを配置。

zion57.jpg

トレーラーには1/400戦車を載せ更なるスケール統一。

zion58.jpg

しかし実際には「すべてのフィギュアが1/350である」という事実。
「1/400の人」って建築模型用ぐらいしかないんですよ。プラストラクトさん。高いの。

zion59.jpg

一気に充実してきた1/400(強引)ジオン残党軍。しかしまだガンダム一機に瞬殺な雰囲気。っていうかMS比率が下がってまいりました。

zion60.jpg

棚もぼちぼち限界ですね。

zion61.jpg

しかしいつかは作りたい1/400ギャロップ。
もう一段増設かな。

1/2000「ミサイル巡洋艦ピョートル・ヴェリーキイ」竣工

こんにちは。

幕之内さん製、1/2000「重ミサイル巡洋艦ピョートル・ヴェリーキイ」他2隻のロシア艦たち。竣工しました。

pyotol7.jpg

ちょっと辛めな甲板上の筆塗り作業。でも今回「3Dプリンタキットの微妙なザラザラ感はツルツルプラキットより塗り分けしやすい」と気付きました。私よく薄めすぎて「あ~っ!スミ入れみたいに一気に流れて行っちゃったぁ~!」が多いんですが、そんな時でも大惨事になる前に止まってくれます。まぁ惨事には変わりないんですけどね。

なんかもう「お父さん」って感じのピョートル・ヴェリーキイ。強そうです。

pyotol8.jpg

「ミサイル巡洋艦ヴァリャーク」と「アドミラル・ゴルシコフ級フリゲート」。

pyotol9.jpg

ゴルシコフさんの方は単色。やっぱ近代艦艇は楽チンですね。

全長252メートル。もはや「巡洋艦とは何か?」的なデカさです。ビスマルクより大きい。

pyotol10.jpg

運が良けりゃコレ今でも生で見れるんですよね?北海道に行けば良いの?

我が家の1/2000ロシア艦隊。ミサイルだけで何発あるのやら。

pyotol11.jpg

ミンスク以外はすべて3Dプリンタキットとなります。Shapeways4隻。magatty001さんよりの頂き物3隻。そんな時代なのですね。

そしていつものように「苦労しようがしまいが飾ると埋もれる1/2000艦船」。

pyotol12.jpg

でも最近は「埋もれないレッドホークシナノ」。

ぼちぼち再開しましょうかね。
次は「レッドホークタカオ」だったかな?

1/400ジオン残党軍「ジャンク部隊」製作中

こんにちは。

蒸し暑い日が続く中「ロシア艦を筆塗りしなければいけないという現実からの逃避」の為に「ジャンク箱整理」を始めました。

zion47.jpg

ちょっと最近Shapeways等での散財が目に余りましたので、しばしお金をかけない楽しみ方を。

まずは「カール自走砲みたいなの」と「弾薬運搬車みたいなの」を。

zion48.jpg

射角調整も可能です。砲身は伸びませんが。

zion49.jpg

次は「87式自走高射機関砲みたいなの」と「可塑剤染み出しリペイント中」の愉快な仲間たち。

zion50.jpg

高射砲にはザクヘッドを半分のせてMAっぽく。

1/350の牽引車両(空母用?)がありましたので、彼らに曳いてもらうためのトレーラー部も作りました。

zion51.jpg

ご覧の通り今回のコンセプトは「フィギュアを配置すれば強制的にそのスケールに見える」となります。

純正1/400アリイ「アメリカ空軍機セット」よりハリアーとA-10も引っ張り出してきました。

zion52.jpg

ブロとも蘭亭2661さんが1/72ハリアーと戦車で「マゼラアタック」を作られているのに影響を受けまして。超カッコイイの。私も色々模索してみようと思います。なおA-10は普通に「好きだから」です。

まずはココからですね。

zion53.jpg

おかげさまで「出費ゼロで楽しめた一週間」となりました。

zion54.jpg

いや実際には「元が無駄な出費」なんですけどね。
ジャンクで楽しめると得した気分にはなります。

1/2000「ミサイル巡洋艦ピョートル・ヴェリーキイ」着工

こんにちは。

先月購入した、幕之内さん製1/2000ロシア艦たち。

K1000-3.jpg

大きい順に「重ミサイル巡洋艦ピョートル・ヴェリーキイ」「ミサイル巡洋艦ヴァリャーク」「アドミラル・ゴルシコフ級フリゲート」となります。空母いぶきへの登場でロシア艦熱が再燃。

かなりベタベタでしたので熱湯&食器洗剤で洗浄。

pyotol2.jpg

後ろの空母は「Flugzeugdampfer」とやら。なんて読むんでしょ?
ロシア艦じゃないけど安かったので一緒に買いました。

pyotol3.jpg

幕之内さんのは「作る作業」はありません。もはや塗るのみですが、とりあえずパテやら真鍮棒やらを詰め込んで「重く」しておきました。

pyotol4.jpg

こんな画像を見ると「時代は3Dプリンタなんだなぁ…」と改めて感じます。

pyotol5.jpg

縦吹き横吹きまで終了。
黒立ち上げですのでダルレッドでもロシアっぽくなりました。

pyotol6.jpg

あとはグレー筆塗りで細かい箇所を塗っていくだけですね。
でもそれが大変なので連休後半は「銀河英雄伝説(Amazonプライム)」に逃避して未完成です。


【追伸】

リクエスト頂きました「61式とヒルドルブ」の記念写真を。

zion44.jpg

全長35メートルにもなるともう何が何だかです。

変形してくれた方がシックリくるかも。

zion45.jpg

オマケで陸戦型ザクレロ隊長と一緒に。特別ですよ。

zion46.jpg

さて、現実逃避は終了。
仕事しましょう。

1/400ジオン残党軍「ザク・スナイパー(量産型)」ロールアウト

こんにちは。

海外通販Shapewaysにて「1/2000艦船のついで」に購入したのに「なにげに一番高価だった」1/400ザク・スナイパー。しかしガンコレとのサイズ違いで速攻で積み確定…しそうになったけど「なにげに一番高価だった」ので頑張って完成させました。

zion35.jpg

ライフルもランドセルもステキな造形です。

zion36.jpg

製作者は「Mark's Shop」さん。
ルッグンやらフライマンタやらジッコやら色んなガンダムメカを作られてます。艦船も1/2500や1/3000で豊富。1/700機雷散布ボールとかもありました。「ガンダム好きなアメリカ人のマークさん」。文通してみたいもんです。

こんな感じで届きました。

zion37.jpg

見た瞬間「あれ?」と思いましたが案の定このくらいのサイズ違い。

zion38.jpg

「モモ」のみ縮小でやってみました。

zion39.jpg

あとは「ガンコレの小顔」に。顔だけで2体潰すのはモッタイナイのでプラリペアで複製です。

zion40.jpg

この段階では透けてて良いのか悪いのかよく判らずドキドキ。

zion41.jpg

「近藤版」にはなりませんでしたが、なんとなく「古き良き旧ザク」って感じ?

zion42.jpg

残党軍第二世代もちゃくちゃくと。今回はみんなベタついていません。

zion43.jpg

無駄にならずにホッとひと息です。

ちなみにお値段47.84ドル。
「勢いでポチる通販」ってコワイですね。

あなたの知らない1/20000(万)スケールの世界

こんにちは。

1/20000(万)スケールの世界。
1/2000スケールでは収集困難な「巨大宇宙戦艦」に適したスケールとして前々から気になっておりました。

それでは見てまいりましょう。

1/20000-1

まず筆頭に挙げられるのは「マクロス」ですね。
ゼントラーディ軍の各種艦船がそのものズバリのスケールで商品化されております。
しかもそれぞれには同スケールのマクロス艦付き。ステキです。

1/20000-2

ブリタイ艦は設定全長4キロですので20センチ、付属のマクロス艦は設定1.2キロの6センチとなります。

次に有名なのがイデオンの「バイラル・ジン」。
こちらも「最終戦艦バイラル・ジン(ソロ・シップ付き)」という魅惑の名前で1/20000商品化済みです。

1/20000-3

「バイラル・ジン」の設定全長には諸説あるようですが「天下のアオシマが1/20000と言っている」時点でクリアです。

スターウォーズからは「スター・デストロイヤー」。
昨今いろんなスター・デストロイヤーが増えておりますが、一番有名なインペリアル級の設定全長が1.6キロとなります。こちらのトミカ版が8.5センチと概ね1/20000ですね。

1/20000-4

ただし「車輪」が付いておりますので頑張って除去しましょう。

そしてみんな大好き「宇宙空母ギャラクティカ」。オジサン的には「ギャラクチカ」。
こちらも設定全長には諸説ありますが「全長2キロ」というのを採用すると、コナミSFムービーセレクション版が約10センチで1/20000スケールとなります。

1/20000-5

サイロンベーススターはWiki設定1768メートルだと7.5センチとやや小ぶりです。

スタートレックの「ギャラクシー級」は設定全長641メートル。1/2000だとかなり大きいけど1/20000だと小さすぎる3.2センチ。でも海外通販のShapewaysにて絶賛発売中。まだ買ってないけどちゃんと造形できてるのかな?超カワイイ。

1/20000-6

なおコチラでは1/20000スタートレック商品が「山のように」販売されております。かなりの艦種が揃いますが当然「必要軍事予算」も比例します。2~3隻同じものが入って約10ドルと決して高すぎる訳ではありませんが要注意です。

なぜか銀河英雄伝説の「帝国軍標準型戦艦」も販売されておりました。
こちらは設定全長677メートルですので1/20000換算3.3センチ。同じく10ドル程度ですが「100個ぐらい欲しい」と思った方はお気を付け下さい。

1/20000-7

なおブリタイ艦とバイラル・ジンはキョマカイちゃんさんより頂戴したジャンク品。
マスキングテープそのままになぜか大型LSTまで同梱された「ジャンク品の鏡」ともいうべき一品。ありがとうございました。

1/20000-8

そして調子にのって弄り倒して「もはや後にも先にも進めない状態」になっております。

1/20000-9

「完成後の陳列場所が確保できていないとテンションの上がらない私」ですので、先にそちらを作りました。

1/20000-10

「100均の穴あきボード」をメインにネオジム等の各種材料にて。黒く塗りましたがパリパリ剥げちゃいます。ニスのが良いのかな。

こんな感じに並べていきましょう。

1/20000-11

それほど選択肢の多いスケールではありませんので、1/2000艦船の合間にボチボチ作っていこうと思います。むしろメインは「世の1/20000該当商品を探す楽しみ」となります。仕事中の新たなサボり方がまた一つ。

なんかあったら教えて下さいね。

1/400ジオン残党軍「61式戦車」ロールアウト

こんにちは。

少しおかしいタイトルではありますが、我が家の1/400ジオン残党軍に「61式戦車中隊」が加わりました。

61siki1.jpg

正式には「61式戦車5型」というのかな?カッコイイ方の61式です。

海外通販のShapewaysで見付けたステキな3Dプリンタキット。3センチ弱の10台セットになります。

61siki2.jpg

1/2000幕之内さん艦船購入時に一緒に買いました。

本当は「1/400ジムスナイパー」も購入したんですが…

61siki3.jpg

私とした事がウッカリ「本当の1/400スケール」なのを失念しておりました。
(中央のシャアザクはカップルードル付属1/380スケールです)

61siki4.jpg

ガンコレラーの間では「1/400ガンダムコレクションは実際には少し小さい」というのが常識になっております。それを承知で私も収集しているのですが、このように「ちゃんと縮尺されたヤツ」と比べるとかなりの違和感があります。残念。でもモッタイナイので後日「短足近藤版ジムスナイパー」に改修予定です。

気を取り直して61式の方だけサフしてみました。

61siki5.jpg

何もせずそのまま塗装しようと思いましたが、どうしても気になる「気持ち下がり気味な砲身」。ほんの少しなんですが、一度気になるともう違和感でしかありません。

試しに1台だけ換装してみました。

61siki6.jpg

良い感じになりましたが「とてつもなく時間がかかりました」ので、残りは必要最低限で。

61siki7.jpg

陸ものには疎い私ですので「隊長機は赤くて黒服の指揮官が乗っている」と思い込んでおります。

61siki8.jpg

なお2号機は陸自カラー。3号機は砂漠戦カラーにしてみました。

「可塑剤染み出しベタベタ問題」のマゼラアタックも絶賛リニューアル中です。

61siki9.jpg

MSも良いですが、やっぱり「車輛」が多いと部隊っぽくなりますね。

61siki10.jpg

【告知】
8月に入ってから「第二回Shapewais」の注文を行います。
送料節約のためこーいちさんと一緒に購入予定ですが、他にご一緒される方がおられましたらメッセージください。
ブロともさんや普段コメントしあっている方ならOKです。
送料等の詳細はまたその時にでも。

Shapewaysのサイト
https://www.shapeways.com/marketplace/miniatures/ships

上記は「Ships(船)」限定ですがカテゴリを変えると色々見れます。ちなみに宇宙船は「SciFi(サイファイ)」です。

ではお待ちしております。

1/2000「鞍山級駆逐艦」着工と竣工

こんにちは。

DMM.makeにて絶賛発売中の、ブロともニョッチさんによる3Dプリンタキット。
(サイトはコチラ https://make.dmm.com/search/freeword/)

その中の「1/2000鞍山級駆逐艦」が完成しました。

ansyan1.jpg

「アンシャン級」と読むそうですね。別名「6607型」駆逐艦。ソ連生まれ。
遼寧に続く三軒茶屋艦隊久々の中国艦です。

強大な「ミサイル発射機」が魅力ですが、改装前の「魚雷発射管」状態も選べます。

ansyan2.jpg

ちなみにお値段は「2隻セット」だと約3,200円。「4隻セット」だと約4,000円。
同型艦4隻ですので迷わず4隻セットを購入しましたが、そこはかとなく「3Dプリンタキットの決して倍々ではない特殊な原価コスト」が理解できたような気がします。色々と大変なんですね。

真鍮棒の溝も完備でカッチリキッチリ組みあがります。

ansyan3.jpg

現状での我が家のニョッチさん艦隊。

ansyan4.jpg

砲身の上下も可能な1/2000「45口径41cm連装砲」は長門に装備すべく準備は万端です。

ansyan5.jpg

「娘」だとお安いんですね。これは狙い目。

生まれの親と育ての親。一緒に並べてあげましょう。

ansyan6.jpg

ニョッチさん作品としては現在1/2000「巡洋潜水艦スルクフ」が絶賛発売中。ローレライだそうですがこれまたコア。
送料節約で今度まとめて買いますね。

これからも「他では絶対に作られないであろうマイナーな1/2000艦船の製品化」心よりお待ちしております。

1/2000「戦艦K-1000」着工と竣工

こんにちは。

唐突ですが、1/2000ロシア戦艦「K-1000」が竣工しました。

K1000-1.jpg

1950年頃のソビエト連邦時代に密かに作られたミサイル戦艦…と囁かれる未完成艦…と囁かれる都市伝説艦…と囁かれる「どこかの艦船好きな方(アメリカン?)がネットにアップしただけの単なる架空艦」…と言われる謎の戦艦K-1000…をなぜお前が作っている?

実はこないだ海外通販の「Shapeways」に手を出しまして。

K1000-2.jpg

本来の目的はコチラ。
幕之内弁当さんの1/2000キーロフ級ミサイル巡洋艦「ピョートル・ヴェリーキー」(他ロシア艦2隻)となります。

K1000-3.jpg

前々から欲しかったものの、いつの間にやら国内販売がなくなって「海外通販は怖いよなぁ」と躊躇していたピョートル・ヴェリーキー。それをなぜ今?答えは「空母いぶきに登場したから」となります。超ミーハー。

大量の3DプリンタキットがラインナップされているShapeways。眺めるだけでも幸せに半日が潰れますが、そんな中見付けたのがコチラ。

K1000-4.jpg

なんと幻のK-1000が1/2000スケールで。「どこの物好きがこんなもん作ったんだ!?」と思いつつ一緒にカートへ。

でもケチって「ホワイトナチュラルなんたらプラスチック」という一番安い素材を選んだばかりにこの作り。超雑で超モッサモサ。普通に砲身折れまくってるし。

K1000-5.jpg

今後は必ず「スムースファインディテールプラスチック」を選択するよう気を付けましょう。

一瞬「悪しき記念品」としての封印も考えましたがそれではモッタイナイ。頑張って飾り付けしました。

K1000-6.jpg

こうして見るとなかなか悪くないフォルムです。愛着もわきましたのでOK。

K1000-7.jpg

でも近付くとこのザマです。

K1000-8.jpg

このザマその2

K1000-9.jpg

塗ってしまえばなんとか。

K1000-10.jpg

どうやら全長300メートルのようです。モンタナ級をも上回ります。

K1000-11.jpg

我が家の1/2000ロシア艦隊初の戦艦。「いつかはソビエツキー・ソユーズ」と思っておりましたが先を越されました。

K1000-12.jpg

小型艦艇はすべてブロともmagatty001さんの3Dプリンタキット。
先日「1/1000カラクルム級」を制作販売しておりました。超デカいの。お元気そうでなによりです。

もはやこの艦で「多砲塔艦選手権」クリアかも。

K1000-13.jpg

いやちゃんと武蔵坊も作りますね。

くれぐれも皆さま、Shapewaysでの3Dプリンタキット購入時の素材チョイスは「スムースファインディテールプラスチック」にて。1,000円ほどお高くなりますがその差は歴然です。

1/2000「タラワ級強襲揚陸艦」着工と竣工

こんにちは。

ブロともさん情報にて知った「FOX ONEデザインスタジオ」さんの「1/2000タラワ級強襲揚陸艦タラワ&サイパン」。嬉しさのあまり速攻購入で速攻作りました。ニョッチさん、こーいちさん、どうもありがとうございました。
(サイト貼っときますね http://foxonemodel.fc2web.com/index.htm)

tarawa1.jpg

これはUVレジンなのかな?少し弾力がある感じでした。

tarawa2.jpg

こーいちさんの「悪しき予言」どおり船底は一体成型。しかも竜骨アリ。喫水ラインにモールドが入ってましたので、それに沿って切ればなんとかなりましたが、洋上な私には最初で最後の関門でした。

tarawa3.jpg

太めの真鍮棒でガッチリ固定。船底はいっこはキレイに切れましたので、必要であればおっしゃって下さいねまるねるどさん。

tarawa4.jpg

艦載機はお馴染みのヘリ群に加え、おそらく1/2000初の「ハリアーII」と「スーパーコブラ」がとっても嬉しい。

tarawa5.jpg

甲板はシールとなっております。

tarawa6.jpg

艦橋横の艦番は「さすがに凸凹するよな」と思っていたら、ちゃんとデカールも付いてました。ありがたいです。

tarawa7.jpg

艦橋部のくりぬきが必要なので一発で貼るのは難しいかもです。私は3分割しました。っていうか「貼ってから艦橋を付ける」のが正解なのだと後で気付きました。

tarawa8.jpg

最初はテカり気味でしたが、ツヤ消しが見事に定着してくれました。何かのコーティングをされてるのかな?

tarawa9.jpg

航空機の色はよく判らないもので、ホワイトとグレーにて。チヌークとコブラを濃緑色で塗りたくなりますが、きっとガマンした方が良いのでしょう。

tarawa10.jpg

なんとなく「無い方が良いかな」と思い、広げた回転翼は付けませんでした。 なんとなく。

tarawa11.jpg

いずも型よりひと回り小さいですね。でも強そう。

tarawa12.jpg

しかし我が家にはいぶきが有りますので勝ち。(何が?)

tarawa13.jpg

ちなみに購入時にFOX ONEさんにお聞きした、今後の発売予定1/2000艦船は下記の通りです。

【今後の1/2000ラインナップ(予定)】
アメリカ海軍、強襲揚陸艦系(LHA、LHD、LPH)、揚陸指揮艦系(AGC,LCC)、ドック型輸送揚陸艦系(LPD)、
イギリス海軍、V/STOL空母、揚陸艦艇系(オーシャン、アルビオン、ベイ)、クイーンエリザベス級、
海上自衛隊、おおすみ型、ひゅうが型、いずも型、
その他、
プリンシペ・デ・アストゥリアス
モスクワ級、キエフ級
チャクリ・ナルエベト
ヴィラート、ヴィクラマーディティヤ
ジュゼッペガルバルディ、カブール
シャルルドゴール
etc.〜
固定翼、回転翼含め航空機が関連する物が対象となってます。

どれもヨダレが止まりませんが、個人的には「クイーン・エリザベス級」が楽しみです。
とりあえず上記ラインナップは「スクラッチせずに」待ちましょう。

改めましてニョッチさん、こーいちさん、情報ありがとうございました。
これは「買い」ですよ。

1/2000「オアシス級」豪華客船 竣工

こんにちは。

約一年に渡り絶賛建造中だった1/2000「「オアシス級」豪華客船。
静岡中止の余波(テンションダウン)を乗り越え無事に竣工しました。

oasisu155.jpg

せっかく期限が延びたので「エッチング手すり」にチャレンジ。
フジミ「集める軍艦シリーズ」のを使いました。1/3000だけど大丈夫でしょう。

oasisu156.jpg

塗料がもったいない…

oasisu157.jpg

苦労に見合う効果があったのか?

oasisu158.jpg

でもこれでプール客が甲板から落ちる心配はなくなりました。

oasisu159.jpg

「中庭」も作る予定は無かったんですが、こちらも余裕が出来たので。

oasisu160.jpg

コレはやって良かったと思います。

oasisu161.jpg

デカール関係はいつものエクセル印刷にて。

oasisu162.jpg

煙突部のは青白反転してますがまぁ雰囲気です。

oasisu163.jpg

艦首ドームは接着前に記録の一枚。

oasisu164.jpg

やっぱりデカいですねオアシス級。

oasisu165.jpg

苦労した「一年かかった艦船組」で記念撮影。

oasisu166.jpg

三軒茶屋1/2000艦隊で最大級…と思ったら蓮樹さんに頂戴したサザンクロスの方がデカかったです。お元気かな蓮樹さん?

oasisu167.jpg

やっぱりこのままじゃ寂しいですね。バスや自動車を置きましょう。

oasisu168.jpg

いつもだと「どんなに頑張っても飾ると埋もれる1/2000艦船」ですが今回はなかなかの存在感です。

oasisu169.jpg

さて今年はなに作りましょうかね。
客船もまぁ楽しかったですが、やっぱり武装や建機がのってる方が個人的には好みです。
ちょっとネットで探してみましょう。

1/2000「オアシス級」豪華客船(甲板作業終了編)

こんにちは。

絶賛建造中…でもなく長期に渡り放置状態だった1/2000「「オアシス級」豪華客船。

静岡中止でテンションダウンでしたが、先週なぜか急にヤル気が復活しました。「翼や羽が付いてたり子持ちだったりの変な船ばかり作ってた」からかもしれません。

最上段は「何かの球技コート」と「なんか緑の庭園みたいな区画」を残すのみでした。

oasisu145.jpg

今の我が家には「0.1ミリ白線デカール」なんて便利なものが存在します。

oasisu146.jpg

「バスケットコート」と「遊歩道」かな?

oasisu147.jpg

艦尾の「劇場」も作りましょう。

oasisu148.jpg

内部にある「ボルダリングの壁面」は「無駄に初シタデル」にて筆塗り。

oasisu149.jpg

なるほど。こりゃ塗りやすいかも。

不揃いだった客席もプラシートを貼ってゴマカシ。

oasisu150.jpg

これにてすべての甲板作業が終了~

oasisu151.jpg

記念に「折れまくり続けた各部マスト」も復活させてあげました。

久々にドームも装着。歪んでなくて良かった。

oasisu152.jpg

船底忘れてた。

oasisu153.jpg

喫水ラインは本当は「紺色」なんですけどね。明るい方が楽しそうなので。

oasisu154.jpg

残るはデカールですね。
まぁそんなものは作れないのでいつものように会社でエクセル印刷してきましょう。
月曜日から仕事どころではありません。

1/2000レッドホーク連合艦隊「アカギ」竣工

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「レッドホーク連合艦隊」。
三番艦「アカギ」が竣工しました。

設定では旗艦となりますね。

redhawk102.jpg

今回は「実在艦っぽく」を目指して塗装しましたが、どんなに頑張っても「羽」ですべてが台無しになると気付きました。

子アカギも収容可能。

redhawk103.jpg

子供は独りだけですがご容赦下さい。

海面から甲板までの高さも赤城チック(偶然)
 
redhawk104.jpg

梅雨ど真ん中にて「白かぶるかな?」とドキドキしながらツヤ消し吹いたら案の定白かぶいた巨大なバルシ。でも艦船模型にとってはそれも趣き。「自然現象を駆使したウェザリング」とも言います。

redhawk105.jpg

今回はマスキングも頑張りました。

redhawk106.jpg

凸凹甲板でしたので白線はデカールで。

redhawk107.jpg

「赤城」から「アカギ」への進化の過程が伺えます。逆だけど。

redhawk108.jpg

毎回その場の思い付きで色を決めてるもんで全く統一感の無い我が家のレッドホーク艦船達。でもやっと艦隊っぽくなってきました。

redhawk109.jpg

羽や翼がジャマで陳列場所も2倍。

redhawk110.jpg

隙間埋めの為にも次は中型or小型艦艇を作りましょう。

「このままじゃ潜水艦から瞬殺だよな」との妄想も手伝います。

1/2000「P級ツェッペリン飛行船」竣工

こんにちは。

夕凪さんの1/2000「P級ツェッペリン飛行船」が完成しました。

tseperin17.jpg

米給油艦「AO-9 パトカ」を土台に。

あらゆる金具を埋め込んで「我が家の1/2000艦隊で最重量」のパトカ。ガッツリ安定です。

tseperin18.jpg

普通の感覚で持ち上げるとゴトッと落とすぐらい。

構造物はいつものプラ板チマチマで。

tseperin19.jpg

でも今回からちゃんと「切断面の盛り上がりを落とす」といったひと手間をかけております。

tseperin20.jpg

メンドクサガリな私も少しは進歩します。

デカールはこの位置で良いのかな?

tseperin21.jpg

可愛いでしょ。

tseperin22.jpg

縦に2倍で愛おしさも倍増です。

ツェッペリン繋がりで。(マンジのまま)

tseperin23.jpg

今度はぜひ「1/2000飛行船グラーフ・ツェッペリン」をお願いします夕凪さん。

ドイツ艦も少しずつ充実してきました。

tseperin24.jpg

在宅が増えましたので、久しぶりに艦隊棚の配置変えを。

tseperin25.jpg

下から2段目は「レッドホーク連合艦隊枠」で余白を多めにしております。
今週はアカギを仕上げましょう。

いや多砲塔艦選手権も忘れてませんので。大丈夫です大丈夫です。

1/2000「P級ツェッペリン飛行船」着工

こんにちは。

予定では「レッドホーク連合艦隊アカギ竣工!」のはずなんですが、先週Twitterでこんな画像を見付けてしまいました。

tseperin1.jpg

米海軍の給油艦「AO-9 パトカ」というそうです。
高さ38メートルの給油鉄塔を備えた飛行船母艦。ステキです。

以前購入したものの「コレを洋上化したって単なる沈没船になるよな…」と作りあぐねていたコチラ。

tseperin2.jpg

夕凪さんの1/2000「P級ツェッペリン飛行船」ですね。
給油艦を「飾り台」で作ることにしました。
まぁ「ドイツが鹵獲した」的な妄想で。

まずは飛行船の方に「軸」が入るように。

tseperin3.jpg

頑丈にしたいので1ミリ径のプラパイプに1ミリ真鍮棒で。

tseperin4.jpg

入りました。

tseperin5.jpg

土台の補給艦は「重さが命」ですのでなるべく重量があるものを。

tseperin6.jpg

色んな重そうなゴミも埋め込みます。

tseperin7.jpg

こんな感じになりました。

tseperin8.jpg

とりあえず気になる連結部を先に仕上げ。

tseperin9.jpg

トラス太目で頑丈になってます。

tseperin10.jpg

真鍮棒は直角に曲げて。

tseperin11.jpg

よし倒れない。

tseperin12.jpg

こんな角度もイケます。

tseperin13.jpg

でも横方向はココまで。

tseperin14.jpg

これ以上だとコケます。

tseperin15.jpg

同じく「半分に切ったらモッタイナイよなぁ…」だったコチラにも光が見えてきました。

tseperin16.jpg

今週は「鹵獲パトカ」を仕上げましょう。
レッドホークはまた来週から再開しますね。

1/2000レッドホーク連合艦隊「アカギ」建造中(サフまで終了編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「レッドホーク連合艦隊アカギ」。
先週は再びの「マインクラフト」ブームに忙殺されながらも、作業の最終工程となる「翼」を付けました。今回は「羽」かな。

redhawk97.jpg

三隻目なのに未だ「付けて良いのか?」と一抹の不安を感じます。

「このくらいの長さかな?」「ちょっと短すぎたかな?」「この辺りかな?」「いやもうちょい後ろかな?」を繰り返し、やっと接着して翌日眺めたら「いややっぱ違う」とやり直し。もうカッコ悪くても良いので「この長さで場所はここ!」的な公式設定を決めて頂きたい。

redhawk98.jpg

アカギのバルジには兵装が付いているようですが、赤城パーツがジャストフィット。
でも3つしかないので反対側は節約手作りとなります。

redhawk99.jpg

厚い2ミリプラ板をポンチでグリグリ貫くとちょうど台形になりました。指痛いけど。

今回は「なんか美しいから」ではなく、ちゃんと本来の使途で灰サフを。

redhawk100.jpg

やはりバルジのあたりが要修正です。

redhawk101.jpg

来週には完成っぽいですね。
次はボチボチ中型艦艇が欲しいトコです。

でもその前にちょっとマインクラフト。
村人救出大作戦です。

1/2000レッドホーク連合艦隊「アカギ」建造中(親子格納庫編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「レッドホーク連合艦隊アカギ」。
先週は「親子マシン格納庫」の作業を中心に進めました。

とはいえそんなに大した物も作れませんので、ご覧の通りシンプル開閉機構。

redhawk84.jpg

ブロともさんご提案の「ウェルドック方式」はノズルがジャマで断念となりました。
「甲板が開いて一旦飛び立って再び着水」よりは絶対に現実的ですね。

無事に閉まりました。

redhawk85.jpg

無事に開きました。

redhawk86.jpg

内部の飾り付けは色んな揚陸艦画像を見ながら。

redhawk87.jpg

「子アカギ」は3センチぐらいなら入りそうです。

redhawk88.jpg

無事に入りました。

redhawk89.jpg

「子供が一隻だけ」なのはお目こぼし下さい。

スカスカな舷側も弄りましょう。

redhawk90.jpg

こちらもメインはプラ板で。

redhawk91.jpg

ジャンクも使ってなんとなく塞がりました。

redhawk92.jpg

シナノに比べ小さくシンプルな艦橋&マスト。

redhawk93.jpg

「艦隊旗艦ではあるものの大戦初期に建造されたため最新鋭艦のシナノに比べ機能的には…」みたいな厨二病的妄想で作業しております。

「艦橋にも右舷にも煙突がある」という謎仕様も再現。

redhawk94.jpg

もうちょいですね。

redhawk95.jpg

「よし寝よう!」と思ったけど、まだ少し早かったので最後に子アカギの艦橋を。

redhawk96.jpg

そして就寝時間を大幅に過ぎ寝不足。
月曜日前は早く寝なきゃですね。

1/2000レッドホーク連合艦隊「アカギ」着工

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「レッドホーク連合艦隊」。
先週から「アカギ」に着手しました。

正式には「第一艦隊一番艦」。
名実ともに旗艦です。

redhawk74.jpg

アカギは200円シリーズのみの発売だったようですね。
お借りした箱絵画像はコチラ。

redhawk75.jpg

今回は初の「親子マシン」。
ムサシ・シナノと同じく「すでに色々違います」が、またその辺りを楽しんで作ってまいりましょう。

ちなみに当初の製作予定は「カゲロウ」でしたが「2センチ弱の艦首開閉機構」にあえなく断念。そのうちシンプルなので作ろうかと思います。

redhawk76.jpg

改造素体はもちろん「赤城」ですね。

redhawk77.jpg

「過去シリーズとすべてダブっているのに何故箱買いしたのか後悔しまくりだった」艦船キットコンピレーションを初めて開封しました。

元々がトップヘビーな赤城ですので、全体を少し下げる為に前部構造物を撤去。

redhawk78.jpg

航空甲板は二分割して上段下段に使います。節約節約。

redhawk79.jpg

なんだかんだで結局後部も全撤去。
「赤城を使った意味はあるのか?」と言われそうですが、大切なのは「赤城からアカギを作るモチベーション」となります。

redhawk80.jpg

ムサシ・シナノに比べ、更に巨大なアカギのバルジ。
旅客機の翼以外のパーツが役に立ちました。

redhawk81.jpg

これで親子マシンも格納できます。

redhawk82.jpg

メカコレエンジンノズルも在庫が少なくなってきましたので、今回は節約仕様となります。

こんな完成イメージで。

redhawk83.jpg

下段を下げた分、上下段の間を2ミリほど拡張しました。
いちおう「艦載機が通れるように」との配慮です。ギリですけどね。

今回も大活躍だった、シモムラアレックさんの「職人堅気カットソウ」厚さ0.1ミリ。
でもちょっと切削力が落ちてきたかも。
税別3,300円。買い替え時が難しいお値段ですね。

1/2000レッドホーク連合艦隊「シナノ」竣工(オマケもあるよ)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「「レッドホーク連合艦隊」。
二番艦「シナノ」が竣工しました。

redhawk62.jpg

豪華「エッチングの切れ端」を使ったアンテナ群。
マストは適当に伸ばしランナーをくっ付けております。

redhawk63.jpg

毎回竣工する度に「汚せたら良いなぁ」と思う塗りたて新品な航空甲板。

redhawk64.jpg

それを隠す意味での艦載機群でもありました。

redhawk59.jpg

まずは通常機体を作製。

ここからレッドホーク仕様に変身。

redhawk65.jpg

なるべく原色を使ってみました。

redhawk66.jpg

オマケの1/2000「合体ムサシ」。
如何にゴールデンウィークが暇だったか判ります。

redhawk67.jpg

合体はしませんがお手軽艦船ジャンクの塊です。

redhawk68.jpg

こうなるハズがなぜこうなってしまったのか?
おそらく「最初に選んだ護衛艦上半身」がデカすぎた為と思われます。

redhawk69.jpg

でも完成したら妙な愛着。

redhawk70.jpg

まだ「艦隊」というには程遠いですが、とりあえず2隻と1体の我が家のレッドホーク連合艦隊。

redhawk71.jpg

合体ムサシの設定全高は不明でしたが、アトランジャーが60メートル前後との事ですので3センチにて製作です。

redhawk72.jpg

では引き続き三隻目に取り掛かりましょう。

【追伸】

「多砲塔艦選手権」もちゃんと進んでますよ。

redhawk73.jpg

レッドホークの副産物で、無事に「15.5センチ砲×2基」が追加されました。

もうほとんどの方が終了したようですが、もうしばらくお待ちくださいね。