FC2ブログ

1/2000「ジオラマ用展示台」増産

こんにちは。

先週はお久しぶりの静岡ホビーショー開催。
諸事情で行けなかったワタクシは、Twitterで臨場感だけ味わいつつ、いつもこの時期に使っていた「ジオラマ用展示台」を寂しく眺めておりました。

gunkou39.jpg

「軍艦島」「清水港」ときて、次回予定の「ナポリ港」で3回目の使い回し。その度に埋めていたネオジムの磁力がぼちぼち干渉しそうです。

なので2枚ほど新調することにしました。

gunkou40.jpg

バルサ棒で枠を付けて、

gunkou41.jpg

100均ニスを塗って完成~

gunkou42.jpg

これで最大3つのジオラマ展示が可能となりました。

gunkou43.jpg

海面も使い回していたのでもういっこ作らなきゃですね。

gunkou44.jpg

久々に棚から出した軍艦島。
プラシート製テニスコートがふにゃってます。

gunkou45.jpg

プールの水も心なしかくすんだ感じ。

gunkou46.jpg

やはり定期的な手直しは必須なのですね。

そういえば温故知新堂さんの販売ブースもあったみたいです。お元気そうで良かった。
来年こそは静岡行くぞ~

1/2000「空母エウロパ」竣工

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000ドイツ改装空母「エウロパ」。
夕凪さんのライン級小型空母と共に無事竣工しました。

europa55.jpg

やはりエウロパにはハウニブ。そしてドイツ空軍といえばレッド・バロン。いや時代考証は置いといて。

europa56.jpg

このサイズの艦載機は「金出して買うものだな…」とつくづく思いました。最近の3Dプリンタものはえげつない。

europa57.jpg

いつもの苦行「マルチピット2付け作業」。

europa58.jpg

3隻揃えば立派な機動部隊。

europa59.jpg

我が家のドイツ艦隊も結構賑やかになってまいりました。

europa60.jpg

ビスマルク級を凌ぎます。

europa61.jpg

気になっていた甲板高も加賀より少し低いくらいでした。良しとしてくださいませ。

europa62.jpg

ミッドウェイ級には及びませんが戦時中空母としては最大級かもです。まぁ計画艦ですが。

europa63.jpg

ライン級も補助空母としてはそんなに小さい訳ではないようですね。

陳列棚に入れるとやっと子離れした気分です。

europa64.jpg

可愛い孫たちは小分けBOXへ。

europa65.jpg

空母3隻分ぐらいはまだあるかな。

さてGW明けの月曜日。7月までは祝日ナシ。
ガンバって働きましょう。

1/2000「空母エウロパ」船体竣工編

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000ドイツ改装空母「エウロパ」。
残るは塗装&デカール作業となります。

まずは甲板上のエレベーター等。
スジ彫りなんぞ怖くて出来ませんので塗り分けのみで。

europa48.jpg

ライン級の方はちゃんと溝があります。

始めるまでは億劫なのにやりだすと妙に楽しいマスキング作業。でも連装砲塔がピンピン飛んで伸ばしランナーで修復です。ごめんなさいニョッチさん。

europa47.jpg

白線もニョッチさんの手作りデカールにて。もはやニョッチ工房の塊のようなエウロパ。ありがとうございます。

europa49.jpg

自作デカール技術を習得したはずなのに、相変わらずエクセル紙印刷の三軒茶屋工房。つい楽な方に走ります。でも今回はちゃんと「鉤十字」で。

europa50.jpg

なんやかんやで無事に竣工~

europa51.jpg

艦載機を載せてからと思っておりましたが、ガマン出来ずにグラーフ・ツェッペリン(卍.Ver)と一緒に。

europa52.jpg

やっぱりデカイぞエウロパ。

europa53.jpg

中央エレベーターはハウニブ用に大型化しております。

GW中盤は艦載機に取り掛かりましょう。

europa54.jpg

異様に細かい夕凪さん&Shapeways製の1/2000艦載機群。

ハウニブの存在感がすべてを持って行きます。

1/2000「空母エウロパ」建造中(おとも編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000ドイツ改装空母「エウロパ」。

塗装前に、おともの「ライン級空母」も仕上げてあげることにしました。

europa39.jpg

部品数は少ないので楽勝…コレは何だ??…どこに付けるのだ??

europa40.jpg

小さすぎて部品とランナーの境目がわかりません。どうやら短く切り過ぎたようなメインマスト。修復しました。

europa41.jpg

後部の着艦ロープが薄かったので伸ばしランナーで復活させて完成~

europa42.jpg

忘れていたエウロパクレーンもライン級のを参考に。

europa43.jpg

「甲板まわりの四角い物体はなんだろう?」と思ってましたら、どうやら救命ボートのようですね。ドイツ艦特融?の黄色い四角形ボート。エウロパに装備したら色映えしそうなので急遽プラ板で。

europa44.jpg

こんな感じで。

europa45.jpg

ついでに甲板上のレールも付けて無事に完成~

europa46.jpg

やっと塗装ですね。

今回も縦吹き&横吹きで簡単に。
でも「マンジ」は気を付けましょう。

1/2000「空母エウロパ」建造中(秘密兵器編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000ドイツ改装空母「エウロパ」。

ブロともニョッチさんよりの秘密兵器が到着しました。

europa33.jpg

自作の1/2000「10.5cm連装高角砲&3.7cm連装機関砲」のドイツ装備セット。
オマケに「25mm連装機銃&25mm三連装機銃」のセットまで。共に未発売。

いやもう感謝しかありません。ありがとうございました。
お礼のウドンだけではとても足りませんので、商品化されたら絶対追加購入しますね。

早速装備してまいりましょう。

europa34.jpg

うひゃひゃひゃひゃひゃ~

europa35.jpg

甲板周囲の連装機関砲は「持つときにパキッ」となったらイヤなので、船体に平行に取り付けました。

europa36.jpg

エウロパ無事に完成~!
(ブログアップ中にクレーンの取り付け忘れに気付きましたが)

europa37.jpg

ひと晩で出来ました。
やはりパーツがあると早い早い。

艦載機に関しても秘密兵器第二弾。

europa38.jpg

まるで「私がドイツ空母をスクラッチするのに合わせてくれたかのようなタイミング」で発売された、夕凪さんの「ドイツ軍機セット1&2」。もちろんたまたまです。

爆撃機も欲しいので、そちらはShapewaysにて「Ju-87」を発注しております。
それまでのんびりと塗装しよきますかね。

この度は本当にありがとうございましたニョッチさん。
塗装もがんばりますね。

1/2000「空母エウロパ」建造中(バルジと艦橋編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000ドイツ改装空母「エウロパ」。

色々と資料を調べてましたら、どうやら「客船改装によるトップヘビー状態の対策にバルジを付けた」との事。

europa25.jpg

付けてみました。デカいかな?

europa26.jpg

でもまぁ「バルジ付けたよ!」的な存在感で良しとします。

引き続き艦橋まわりの制作も。

europa27.jpg

ドイツ空母っぽくなってきた気がします。

europa28.jpg

なお舷側の溝がパテで埋まってしまった艦尾付近は「装甲板取り付け中」みたいな感じでゴマカシテおります。彫るスキルがないものでご容赦くださいませ。

europa29.jpg

【追伸】

先週こんなものを買ってみました。

europa30.jpg

「模型人形植栽電飾のわき役黒ちゃん」にて販売中の「1/2000日本海軍駆逐艦艦名デカールセットA&B」。

以前から「1/2000水柱」や「1/2000滝」を売っていたSHOPで「いやそんなもの要らないけど1/2000を気に掛けてくれているならいつか何か発売するかも」と期待しておりました。

europa31.jpg

随所に見られる「根性」「気合」「細かい」等のミニスケ愛好家好みの文字。

europa32.jpg

なんか「判ってる」って感じです。お待ちしていた甲斐がありました。

こりゃ駆逐艦作り直さなきゃですね。
ガチャの余剰あったかな?

1/2000「ギャロップ」製造開始…かもしれない

こんにちは。

先週は1/2000エウロパを進めようと思っておりましたが、ブロともニョッチさんよりのステキなプレゼントが届く事になりましたのでしばし中断。まだ届いてないけどありがとうございますニョッチさん。一日千秋の思いでお待ちしております。

少し時間ができましたので、この機会に「森永キャラメルのオマケギャロップは1/2000スケールではないのか?」問題を検証してみました。

gyarop1.jpg

よくぞ保管していた少年三軒茶屋を褒めてあげましょう。

数十年前のオマケとは思えない出来の良さ。当時は大量のキャラメルを食しました。あとチョコスナックですね。すげぇ食いました。

gyarop2.jpg

裏の四隅の小さなポッチで「ホバーで浮いている感」を表現してある費用対効果バツグンのアイデア。

gyarop3.jpg

設定全長48メートルですので1/2000だと2.4センチ。若干大きめですがFLEETMOさんの1/1700旧ザクと並べても良い感じ。

gyarop4.jpg

個人的には1/2000認定です。さぁ買い漁りましょう。

ただ両サイドのエンジンポッドの形状だけはイマイチですので、こちらのガチャの登場です。

gyarop5.jpg

ラルおじさまフィギュアがステキな「SDガンダムフルカラーDX」のギャロップ。

森永版よりは二回りほど大きめですがカーゴまで付いております。

gyarop6.jpg

こちらのエンジンポッドがジャストフィット。

gyarop7.jpg

カーゴも持ってきましたが…ちょっとデカいかな?

見る画像によってサイズのマチマチなカーゴですが、MS対比で判りやすい「ホント好きだったよ坊や」で比べてみましょう。
(画像お借りしました)

gyarop8.jpg

…かなりデカいようですね…

gyarop9.jpg

せっかくのスジ彫り&造形がもったいないですがサクッと切断。

gyarop10.jpg

せめてこのくらいかな?これ以上低くすると今度はギャロップとのバランスが悪くなりそうです。

gyarop11.jpg

こんな感じで進めてまいりましょう。

gyarop12.jpg

機銃とか主砲とか弄り甲斐がありそうですね。

ただし「指揮所もUVレジンでクリア化しちゃおうかな!」と妄想ばかりが膨らんでおりますので、経験上そのような時は仕掛品になる事が多いです。

1/2000「空母エウロパ」建造中

こんにちは。

やっと仕事もひと段落でお久しぶりのドイツ改装空母「1/2000エウロパ」。

船体のパテ処理が終わったのはもういつの事だったやら。

europa13.jpg

サフを吹いてみたのも遠い昔。

europa14.jpg

「この画像は何が違うんだ?」と一瞬思いましたが…

europa15.jpg

サフ後に最上階層の前後延長をしたヤツでした。

europa16.jpg

その結果、航空甲板からはみ出す船体幅。

europa17.jpg

艦首と艦尾だけで長さ調整をしたシワ寄せがきております。

でもまぁここは慌てず騒がず、甲板周囲の機銃座で優しく目隠し。

europa18.jpg

計画艦ですので「本当の正解」は誰も知りません。

europa19.jpg

艦尾ボートデッキには豪華Shapeways製1/2000ボートを使います。でもモッタイナイので外側だけ。内側は棒。

europa20.jpg

塗れば更に目立たなくなるはずです。

europa21.jpg

この辺りでしばらく放置しておりました。

今月になってやっと作業再開。艦橋構造物に取り掛かりました。

europa22.jpg

やはり垂直にはありがたいナノブロックですね。

europa23.jpg

【追伸】

少し前になりますがやっと入手しました。

europa24.jpg

当時のレッドホーク連合艦隊プラモデルに入っていた集合絵。500円シリーズのみだったかな?

保存状態も良いのにビックリするぐらいお安いお値段。
誰も欲しがらないようです。

1/2000 MENG Model 中国艦隊シリーズ第1弾

こんにちは。

仕事でバタバタしてたら買い逃すとこだった。

meng1.jpg

MENG Modelの1/2000「中国艦隊シリーズ」第1弾 。6種8隻セットなり。

meng2.jpg

約1.5諭吉でショップによってお値段は様々なようですが「この1/2000艦隊が国内で購入できる」というすばらしき事実にご祝儀。
安値ショップはほぼ品切れでしたが、なんとかヨドバシで買えました。

【追伸】
私は元気です。コロナでもないです。

いやちょっと年明けから仕事が大変大変。
ご心配メールどうもありがとうございました。ホント申し訳ないです。

また落ち着いたら製作日記アップしますね。

1/400ジオン残党軍「ガンダムアーティファクト」縮小化計画

こんにちは。

遂に発売されたバンダイ「ガンダムアーティファクト」第2弾。

zion97.jpg

全高5.5センチで統一された超絶細かいノンスケール玩具。まさにミニスケ殺し。しかし通常サイズのMS(18メートル)だと約1/320スケールとなり、我が1/400ジオン残党軍には参入不可。

しかし今回は「魅惑のドム・トローペン&ザク3」がラインナップ。もうカッコイイにもほどがあります。

zion98.jpg

速攻で購入byメルカリ。

zion99.jpg

うんうん。やっぱかなりのオーバースケールですね。

zion100.jpg

太腿をバッサリで無事1/400縮小化です。

zion101.jpg

うんうん。ザク3以上のオーバースケールですね。

zion102.jpg

先にバズーカの方を小さくして…

zion103.jpg

こちらは太腿だけでは足りないのでお腹もバッサリです。

zion104.jpg

よし。近藤版になりました(結果論)

zion105.jpg

無事に燃え尽きました。
もう塗らない気がします。

ではエウロパ再開~

1/2000「空母エウロパ」着工

こんにちは。

新年の「仕掛艦船を仕上げるぞ~」との意気込みもどこへやら。ドイツの改装空母「エウロパ」に着工しました。

改装前の客船状態はこんな感じです。(画像お借りしました)

europa1.jpg

全長280メートル越えの巨大客船。正式には「オイローパ(Europa)」と発音するみたいですね。でも「エウロパ」の方が雅な感じなのでそちらで。

これがこうなります。(画像お借りしました)

europa2.jpg

完成すると全長291.5メートルの大型空母になる予定だったみたいですが、実際には改装案のみの計画艦。資料も皆無ですので楽しさ優先で作っていきましょう。

素体になるのはこちら。

europa3.jpg

エフトイズ1/2000タイタニックですね。
実艦計画に倣ってこちらも客船からの改装で進めてまいります。
フライホークティルピッツの方は部品取りにと思いましたが…悩み中…どうせもう作らないしと思ったけどやっぱりモッタイナイ…

まずは全長&全幅の延長にプラ板をサンドイッチ。竜骨みたいな雰囲気ですが、確かにコレで強度も上がるし反り防止にもなります。

europa4.jpg

更なる強度と重量を求めて「引き出しの奥の方にあった使ってないパテみたいなヤツ」を詰めましたら…2日経っても固まりませんでした。

europa5.jpg

「ポリエステルパテ」って書いてありますね。硬化液と混ぜるタイプだったようです。見当たらないのでほじくり出してやり直し。

ヒケが少ないと評判のホワイトパテに変更しました。

europa6.jpg

外側にはちゃんとエポパテを使っております。

europa7.jpg

やっぱかなりデカいですね。

europa8.jpg

仕上げが目立たないように艦尾のココに延長箇所を集中させました。

europa9.jpg

今回は硬化待ち時間が大量でしたので、合間に夕凪さんトコの「独ライン級軽空母」を並行作業です。こちらも計画艦との事でエウロパ以上にネット資料がありません。

europa10.jpg

よって当然のごとく素組みですが、やはり「船体の反り」が気持ち悪いので裏側をボッコリ削って太めのアルミ棒を仕込みました。

europa11.jpg

素晴らしきかな統一スケールです。

europa12.jpg

さてもう固まったかな?

1/2000レッドホーク連合艦隊「改造ヤマト」竣工で明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!

年明け最初のブログはお正月らしくレッドホーク連合艦隊にてスタートです。いやもう6日ですが今日が仕事始めなもので。

redhawk228.jpg

第三艦隊所属「改造ヤマト」の竣工となります。普通のスノーマンモデル「大和」も一緒に。

redhawk215.jpg

夕凪さんにて本体価格3,600円(税込)×2隻。総額7,200円となります。さすがお正月。

年末には完成してたんですけどね。日頃のサボりが祟って昨年最後のブログを書く暇がありませんでした。

redhawk216.jpg

改造ヤマトの改造たる所以、艦首波動砲…なのかな?

redhawk217.jpg

対空装備のメインはスケール違いの1/700九六式25ミリ三連装機銃。豪華「複製せずに両舷あわせて12基」を使用。ここだけでお値段プラス2,000円。

redhawk218.jpg

ちなみに甲板上の1/2000九六式25ミリ三連装機銃はニョッチ工房製。今回もありがとうございますニョッチさん。

すべての予算を本体(3,600円)と機銃群に注ぎ込んだため、艦尾はジャンクパーツの集まりにて節約。ほとんんどメカコレで尾翼はアルカディア号となります。

redhawk219.jpg

「大和」の方は素組みにて。

redhawk220.jpg

っていうかコレを弄るスキルは私にはありません。細かいにもホドがある。

redhawk221.jpg

高くなりすぎた喫水は艦底色でゴマカシております。

モッタイナイオバケ(3,600円)の精神で偵察機は全部のせ。なんか航空戦艦っぽくなりました。「大和にはそんなに艦載してませんよ」とのご意見は御容赦下さい。

redhawk222.jpg

「日の丸デカすぎませんか」とのご意見も御容赦くださいませ。これが手持ち最小デカールなんです。

エフトイズ版と比べてみましたがやっぱり細かいですね。お値段(3,600円)相応です。

redhawk223.jpg

でもちょっと引いて見るとどれも普通に大和。さすが1/2000です。

redhawk224.jpg

令和4年1月現在での我が家のレッドホーク連合艦隊。

redhawk225.jpg

今年ももう何隻か増えたらいいな。

製作中の黒サフ画像も備忘録的に貼っておきます。

redhawk226.jpg

本当は年末に「年越し1/2000仕掛艦船~来年こそは仕上げるぞ~」でアップする予定だった画像。

redhawk227.jpg

ニョッチさんのスルクフも申し訳ないですが、多砲塔艦選手権もホント申し訳ありません。
今年こそは完結させましょうねまるねるどさん。

では皆さま今年も一年よろしくお願い致します!

1/2000「強いぞ僕らのアメリカ艦隊」竣工

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「強いぞ僕らのアメリカ艦隊」。
前回、極寒ベランダにて黒サフを吹いて…

amerika34.jpg

縦吹き&横吹きまで終わらせてましたので、この週末は暖かい室内で細部筆塗りからスタート。

amerika22.jpg

今回も白線は「ニョッチ工房」製ラインデカールにて。0.2ミリを使いました。ありがとうございます。

amerika23.jpg

各兵装の周りにある「この装備の回転半径はこの内側ですよライン」用には「GMラインデカール」とやらを購入してみました。

amerika24.jpg

これって水転写式なのに、更に「乾燥後に表面の透明シートを剥がせる」との事。

amerika25.jpg

最初意味がよく判らなくて、剥がす前に上から白線貼ったら一緒に持って行かれました。ひと手間メンドクサイような気もしますが美しく仕上がるようなのでOKです。

amerika26.jpg

もう少し色味が欲しかったので「浮き輪」も付けてあげましょう。

amerika27.jpg

1ミリポンチで抜いて中心に穴をギュッと。若干オーバースケールですが、これ以下だと穴が割れましたのでご了承下さい。

「強いぞ僕らのアメリカ艦隊」という事で、気持ち明るめな感じで無事に竣工。ロシア艦と対照的にしてみました。

amerika28.jpg

最も簡単だったタイコンデロガ級と最も手間が掛かったスプルーアンス級。出来てしまえばどっちもどっちなのが1/2000のワビサビです。

amerika29.jpg

アーレイ・バーク級はフライト1&2…いや2&3?もはや私には判りません。

amerika30.jpg

余った浮き輪はいずれまたオリバー・ハザード・ペリー級に。

amerika31.jpg

アーレイ・バーク級はガチャ2隻がありましたので4隻となりました。

amerika32.jpg

アメリカ艦を引っ張り出して観艦式…と思いましたが、数が多すぎてもはや「マストが折れる光景」しか浮かびません。棚ごと観艦式で。

amerika33.jpg

なんとか年内に就航の運びとなりました。

くじら座元帥閣下・magatty001さん・ニョッチさん、どうもありがとうございました。

ベランダ塗装。それは寒さとの闘い。いや歳によっては死活問題。

こんにちは。

寒い寒いと言いながら、気付けば12月も残り半分。
このままでは大量の仕掛艦船での年越しになりそうなので、頑張って塗装する事にしました。

…と思ったらガッツリ目詰まりのエアブラシ…マジか…

sonota1.jpg

少し塗装から遠ざかっただけでこの始末です。終わったらちゃんと洗わないとですね。

寒空のベランダで分解掃除すること約一時間。
身も心も凍り付き無事キレイになりました。

sonota2.jpg

「入門用にはまずコレだな!」と購入したタミヤベーシックエアブラシ。
そしてステップアップする事なくはや7年。愛着わいて替え時を逃しております。

いったん部屋に戻って温まり、改めて塗装開始。
プライマー&黒サフで1/2000「謎の黒色艦隊」誕生です。

sonota3.jpg

ここで挫けるともう来週末は塗らない気がしたのでガンバって継続。

sonota4.jpg

縦吹き横吹きまで終わればエアブラシ塗装inベランダは完結です。

sonota5.jpg

あとは温かい室内での筆塗りですね。もはや幸せな光景しか浮かびません。
最後の画像は「塗料備忘録」も兼ねて。

とか言ってたら安心して放置になるので、忘れる前にちゃんと仕上げましょう。

【追伸】
この日のお風呂は格別でした。

1/2000「強いぞ僕らのアメリカ艦隊」スプルーアンス級完成編

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「強いぞ僕らのアメリカ艦隊」。
先週はスプルーアンス級を仕上げました。

前回はトラスマストの「支柱」を立てるところまで。

amerika12.jpg

そこにまず各階層の位置決めを。

amerika16.jpg

いつもはトラス四面をポリプロピレン材の上で組んでから合体させるのですが、今回は「直接伸ばしランナーくっ付け大作戦」でやってみました。

amerika17.jpg

この方が必要最低限の接着剤で済むので「完成後に曲がりが少ない」と思いましたが…実際そうでもなかった。どっちもどっちでしたね。要は私が「接着剤を付け過ぎなければ良いだけ」の事みたいです。

まぁなんだかんだで無事完成。

amerika18.jpg

後部ヘリ甲板が少し寂しかったので転落防止ネットみたいなのを付けてあげました。

amerika19.jpg

そして丸一日放置。やっぱり時間経過で少し歪んでましたがピンセットでグイッと修正。無事に垂直平行になりました。

amerika20.jpg

これにてスプルーアンス級ジョン・ロジャースは終了。

お次はオリバー・ハザード・ペリー級×2隻となりますが…

amerika21.jpg

もう疲れた。

年末に向けては仕掛品の塗装に入るとしましょう。
まずはレッドホークかな。

ベランダ寒いけどガンバリマス。

1/2000「強いぞ僕らのアメリカ艦隊」スプルーアンス級編

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「強いぞ僕らのアメリカ艦隊」。
先週はスプルーアンス級をチマチマと。

甲板装備がカッコイイ「DD983ジョン・ロジャース」で進めております。

amerika12.jpg

懸案のトラスマストは「中心軸をしっかり立てて周りにくっ付けていくスタイル」でやっていこうかな…とか思いつつ…予定は未定ですが…とりあえず立てました。

amerika13.jpg

画像2枚のみですがどっぷり1週間。
「こんな感じで楽しんでたらお金もかからないし~」とか思いつつ、悲しくもまた買ってしまう新製品。

amerika14.jpg

夕凪さん経由の第八艦隊「075型強襲揚陸艦」。やっと再入荷しました。早く作りたい。

そしてまた最近「空母作りたい病」にかかりつつある私。とりあえず1/2000縮尺図面だけ準備しときました。

amerika15.jpg

独海軍の空母「エウロパ(Europa)」。
客船改造の計画艦ではありますが、全長291.5メートルとミッドウェイ級に匹敵するデカさで惹かれます。

あと名前がカッコイイ。
でもTwitterでは「オイローパ」と発音しなければ怒られるみたいです。
気を付けましょう。

1/2000「強いぞ僕らのアメリカ艦隊」着工

こんにちは。

寒さにカコつけてめっきり塗装から遠ざかってしまった今日この頃。
この一週間は積んでいた米艦船をチマチマと弄っておりました。

amerika1.jpg

ブロともさん方に頂戴したものがほとんどで常々申し訳なく。普段はどうしてもドイツやロシアに目が行ってしまう外国艦艇。しかし先日Twitterでカッコいい1/700アーレイ・バークを見てアメリカモードになりましたので、この機会にまとめて仕上げる事にしました。

まずはちゃんと自分でj購入した「タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦」。夕凪さん経由の第八艦隊製です。

amerika2.jpg

先っちょが破損して修復に手間取りましたが、基本はサクッと完成します。多少部品がピンピン吹っ飛びますが。

次は「アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦」。透明なのが元帥閣下より頂戴した幕之内さん製。グレーのはmagatty001さんよりの自作3Dプリンタ製。お二方どうもありがとうございました。やっと日の目を見ます。

amerika3.jpg

magatty001さんのはマストのみ差し替えさせて頂きました。こちらはフライト…2?A?アーレイ・バーク級って色々あって微妙に違って謎だらけ。

幕之内さん製は空洞でとても軽いので、軸埋めがてらエポパテをギッシリ。

amerika4

最後は同じくmagatty001さんよりの「スプルーアンス級駆逐艦」と「オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート×2」。知識のない私は最初「OHPってなんぞや?」と思いました。

amerika5.jpg

こちらはチマチマと時間を掛けて楽しんでおります。

amerika6.jpg

そんな最中にタイミングよく届いたFOX ONEデザインスタジオさんの「1/2000アクセサリーセット1」。これもちゃんと自分で買いました。ちなみにセット2はヘリ中心です。

amerika7.jpg

素晴らしい。まさかの1/2000「車両」。

amerika8.jpg

一箱にこれだけ入って800円。しかも送料160円。やはり頼るべきは国内生産者様です。

我慢できずにLCACだけ組み立ててみました。

amerika9.jpg

異色の1/2000コラボ。

amerika10.jpg

でもやっぱり似合うのはコチラ。同じくFOX ONEさんの「タラワ級強襲揚陸艦」。

amerika11.jpg

こんな感じでの米艦隊強化週間となりました。

塗装待ちが溜まる一方です。

1/2000「ベランダが寒くて塗装できないので室内でのんびりメカコレ」着工

こんにちは

一気に冬到来の11月。
ベランダが寒すぎてサフするだけでも死んでしまいそうな為、レッドホーク塗装はしばし延期。

温かい室内で「みんな大好きヤマトメカコレ」を弄る事にしました。
お題はこちらの「デウスーラIII世」。高貴なる総統閣下の座乗艦…ですよね?映画観てないから判りませんが。

senyoukuubo1.jpg

Twitterにて「今度のはデカいぞ!」と拝見し「もしかして1/2000スケールかも!」と購入してみましたが、残念ながらかすりもしませんでした。設定全長402メートルで約14センチですので…1/2800ぐらいかな。

senyoukuubo2.jpg

でも積むにはモッタイナイ楽しそうなキットですので、カラクルム級と同様に陸上戦艦として生まれ変わらせてあげましょう。

senyoukuubo3.jpg

左から「ガンコレ1/400ガンタンクⅡ」「S.O.G.EX1/300マゼラアタック」「ガンコレ1/400ヒルドルブ」となります。

…と思ったけどヒルドルブはモッタイナイので中止。残り2体を切り刻み。

senyoukuubo4.jpg

今回は無限軌道アピールで張り出し気味にしてみました。

senyoukuubo5.jpg

中央部のキャタピラは鉄の爪タンクより。コナミのだったかな?たくさんあるので大丈夫。

senyoukuubo6.jpg

このチラッと見える感じが良いのです。

senyoukuubo7.jpg

スキマをジャンクパーツで埋めて完成~

senyoukuubo8.jpg

甲板はお得感満載な砲撃&デスラー砲形態をチョイスしました。白線しなくて良いしね。

サイズ的には1/2000「昔のデスラー戦闘空母(設定全長260メートル)型陸上戦艦」となります。なんのこっちゃ。

senyoukuubo9.jpg

完全引きこもり状態だと仕掛品が増える一方です。

senyoukuubo10.jpg

塗装が大変大変。

それでは次回「1/2000楽しい僕らのアメリカ艦隊編」でお会いしましょう。
皆さまよい一週間を。

1/2000レッドホーク連合艦隊「改造ヤマト」建造中(組立終了編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000レッドホーク連合艦隊「改造ヤマト」。

redhawk184.jpg

組立まで無事に終了しました。

redhawk203.jpg

艦船好きが見ればすぐに判るジャンクパーツ。

redhawk204.jpg

スケール違いの1/700サイズ25ミリ連装機銃もなんとかキチキチで。

redhawk205.jpg

周囲を彩るのはニョッチ工房製1/2000サイズ25ミリ連装機銃。
同じ装備でもスケール違いでこの差となります。

後部左右の突起物は最後の最後で「どうやらクレーンみたい」と判明。急遽伸ばしランナーでそれっぽく。

redhawk206.jpg

ちなみにレッドホーク羽はアルカディア号のジャンクパーツとなります。

1945大和も素組みにて同時進行で終了。

redhawk207.jpg

ディテールに関してはもはや何も言う事はありません。

redhawk208.jpg

艦載機もたくさん付いてましたのでほぼ全部載せときました。

redhawk209.jpg

当然のようにエッチング部は瞬間接着剤。強めに触れるとぶっ飛びます。

redhawk210.jpg

既に何度かぶっ飛んだ艦首のココ。今日現在「穴開けての伸ばしランナー」に換装されております。

redhawk211.jpg

1/2000でこんなのが作れる幸せ。長生きはするもんです。

redhawk212.jpg

今週から塗装に入りましょう。

redhawk213.jpg

最後に一枚。

redhawk214.jpg

「どうにか波動砲がカッコよく見える角度」を試行錯誤してみました。

1/2000レッドホーク連合艦隊「改造ヤマト」建造中(波動砲編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000レッドホーク連合艦隊「改造ヤマト」。

redhawk184.jpg

前回無事に「反り防止アルミ棒入り強力艦底」が付きましたので、安心して各種作業に。

redhawk194.jpg

まずは「改造ヤマト」の「改造」たる所以でもある「波動砲」から。
心を鬼にして削ります。

redhawk196.jpg

完成。

redhawk197.jpg

サクッと完成に見えますが「パテ盛りして削って調整してパテ盛りして削って」のくり返しで3日ほどかかりました。

ライフリング?っていうんですかね?螺旋状にはなってませんが伸ばしランナーでそれっぽく。

redhawk198.jpg

後部はいつものようにメカコレジャンクで。なにげにこの辺りが一番楽しかったりします。

redhawk200.jpg

カッコいいのかどうかもはや私にはよく判りませんが、いちおう雰囲気はレッドホーク。

redhawk199.jpg

艦橋周辺部も再び心を鬼にして切り取っていきます。

redhawk201.jpg

レッドホーク装備の「ちょっとデカめの1/700サイズがジャストな機銃群」。
今回は豪華スノーマン素体ですので、装備品も複製ではなく本物を。

redhawk202.jpg

っていうか最近「プラリペアでの複製がメンドクサイ病」なだけです。

でもホント1/700ってなんでも売ってるんですね。
むしろ「1/2000で良かった…」と思えるくらい。
ありゃ軍事予算がいくらあっても足りません。