FC2ブログ

三軒茶屋「静岡ホビーショー2024」へ行く!(日記編)

こんにちは。

行ってまいりました静岡ホビーショー2024!
展示物画像は先週アップしましたので、こちらは日記のみ。
くだらない事を想い出備忘録的に書いておりますが、せめて来年行かれる方のご参考にでも。

いきなりくだらない行きの駅弁。「まずはカツサンド、お昼前にえびめし」と思いながら乗ってすぐ両方食べちゃいました。

shs2024nikki1.jpg

途中の広島。毎回思いますが、広島球場はカープ愛が滲み出ております。

shs2024nikki2.jpg

そして今年もやってまいりましたツインメッセ静岡!

shs2024nikki3.jpg

まずは喫煙場所の確認。よし、今年もちゃんとある。

shs2024nikki5.jpg

16式機動戦闘車も昨年と同じ。

shs2024nikki6.jpg

ご年配のお姉さん。この方は顔出しOKだそうです。

shs2024nikki7.jpg

ゆるキャラ「駿河葵」お姉さん。このお二方も顔出しOKだそうです。

shs2024nikki8.jpg

本番の土曜日は朝から長蛇の列。モデラーズクラブ会員はこの横を「あ、すみませ~ん」とすり抜けて会場入り可能な一種の上級国民となります。

shs2024nikki4.jpg

今年から別会場になったモデラーズフリマも長蛇の列。静岡駅の反対側で、会場からはタクシーで15分ほどの静岡モディビル。メンドクなりました。

shs2024nikki9.jpg

並んでいる間は「もれなく駿河屋の割引券がもらえるエポスカード入会」の営業ラッシュ。さすが抜かりが無いです。

開場自体はワンフロアで昨年までよりも若干お店が減った感じでしたね。その代わりお向かいの巨大駿河屋ビルも寄れるのでまぁそれなりに時間は潰れました。

shs2024nikki10.jpg

お昼は会場に戻ってお向かいのイトーヨーカドー。

shs2024nikki11.jpg

学生さんたちの吹奏楽も健在でした。逆襲のシャアとか演奏してました。

shs2024nikki12.jpg

夜の飲み会。土曜も日曜も居酒屋はモデラーだらけ。あちこちでモデラー用語が飛び交う不思議な魔窟と化しておりました。

shs2024nikki13.jpg

宿泊はいつものサンパレスホテル。12月頃にはほぼ満室になったそうです。

shs2024nikki14.jpg

足が棒になったのでマッサージを頼んでみました。電話口はチャイナイントネーションのお姉さん。実際に来たのもアジア系のお姉さん。一瞬ドキドキしましたが普通に上手にマッサージだけして帰られました。

shs2024nikki15.jpg

サンパレスホテルは朝食が美味しいです。食堂もモデラーだらけでした。

shs2024nikki16.jpg

日曜日も朝から長蛇の列。上級国民の権利もこの日で終わりです。

shs2024nikki17.jpg

喫煙所のお掃除も大変です。

shs2024nikki18.jpg

田舎ではまず見ないシタデル祭り。ただ体験教室用の棚だったので販売は不可との事。残念。

shs2024nikki19.jpg

後で知ったまさかの東雲さん来場。(画像お借りしました)

shs2024nikki20.jpg

喫煙所を何度も往復している間に色んなものを見逃したようです。お会いしたかったなぁ。石坂さんはもう見飽きたけど。(ごめんなさい)

来年こそは東雲さんに会いにまた来るね静岡!

shs2024nikki21.jpg

帰りは降りましたが昨年に比べれば。日曜のお昼までは快晴に恵まれました。

shs2024nikki22.jpg

やっぱり帰路は寂しいですね。

shs2024nikki23.jpg

相変わらず喫煙所が遥か彼方な静岡駅。

shs2024nikki24.jpg

道端で撮りました。

shs2024nikki25.jpg

以上、静岡ホビーショー2024日記でした。

【後日談】

福岡に戻って3日後に郵送展示物が戻りました。

shs2024nikki26.jpg

今年の被害は「着いて速攻で紛失した1/2000震電」「行方不明ジオン残党軍隊員4名(内1名は士官クラス)」「マスト数本」となります。震電はショックでしたが、飾っておいた「メルクールの会」のお隣が原型師「夕凪製作所」さんの卓。ちょうど震電の素体をお持ちだったみたいで、しばらく置いてくれてたそうです。静岡ならではの光景。どうもありがとうございました。

今年は購入物も少なめで。

shs2024nikki27.jpg

来年はもうフリマ行かなくても良いかな。
会場でちゃんと東雲さんを見逃さないようにお留守番します。

三軒茶屋「静岡ホビーショー2024」へ行く!(写真たくさん編)

こんにちは。

行ってまいりました静岡ホビーショー2024!
…でブログを書こうと思ったのですが、今回は気合いが入りすぎて写真100枚ぐらいになっちゃいました。とりあえずこちらにアップしておきますので、お時間ある時にでも流し見してやってください。日記はまた来週にでも書きますね。

【モデラーズクラブ合同展示会】

まずは我らが「巌流会」から。
shs2024-1.jpg

「6jiro」さんの電飾祭り。
shs2024-2.jpg

「Justice25」さんの近くで見れば見るほどキモい重機動メカ。
shs2024-3.jpg

「木工平八」さんのジーナさんのホテル。
shs2024-4.jpg

同じく平八さんのほぼ完全変形アルペジオ。
shs2024-5.jpg

うひひ。私の。
shs2024-6.jpg

「メルクールの会」へ移りまして「Mighty O」師匠のトラ・トラ・トラ!赤城オープンセットジオラマ。師匠また痩せてました。会場から競歩で帰ってたし。
shs2024-7.jpg

おなじく師匠の1/72ナバロンの要塞。まだ未完成。写真では全く伝わらない絶妙なウェザリング。秘伝をお聞きしたかったのにカロリー計算の話ばかりでした。
shs2024-8.jpg

「フランクパパ」さんの戦車。
shs2024-9.jpg

うひひ。私の。パパさんご子息「フタさん」作品と一緒に。ゴジラは初日に1/2000震電紛失。でも夕凪さんがお隣の卓で、しばらく震電の原型を置いて下さってました。静岡ならではの光景です。ありがとうございました。
shs2024-10.jpg

その「夕凪製作所」さん。今年は144だけでなく1/2000も陳列されてました。
shs2024-11.jpg

サイズ感がバグるH44とドリル戦艦(BOOTH品)。
shs2024-12.jpg

「田中良彦」さん。静岡駅でタクシー待ちしてたら「ホビーショーですか?」と相乗りさせて頂きました。着いてビックリ凄い人。また来年も仲良くしてください。
shs2024-13.jpg

「ヒヤリハット」さんの1/700ビック・トレー。やっとお話できました。
shs2024-14.jpg

同じくヒヤリハットさんの1/700実写版沖田艦。
shs2024-15.jpg

もうなにがなんだか。
shs2024-16.jpg

「醤油皿」さんの1/700ダブデ。発射直前。
shs2024-17.jpg

同じく醤油皿さんの1/700ユーコン。後ほど1/350Ver.も登場します。
shs2024-18.jpg

「コスギ」さんの「いつまでたっても完成しない1/350ヤマト」も拝見出来ました。こちらもまた見れば見るほどに気持ち悪いステキさ。ご本人は超イケメンでした。模型とイケメンは両立するのですね。
shs2024-19.jpg

お隣の卓の方。
shs2024-20.jpg

裏からも撮影できるのがご近所の強みです。
shs2024-21.jpg

前述の醤油皿さんのユーコン1/350Ver.。
shs2024-22.jpg

下が凄いんです。
shs2024-23.jpg

しばらく画像のみが続きます。
shs2024-24.jpg

shs2024-25.jpg

shs2024-26.jpg

shs2024-27.jpg

shs2024-28.jpg

shs2024-29.jpg

shs2024-30.jpg

「紙」ですよ。
shs2024-31.jpg

shs2024-32.jpg

shs2024-33.jpg

shs2024-34.jpg

shs2024-35.jpg

shs2024-36.jpg

1/1700ですって。海外の方達でした。欲しいなぁ。
shs2024-37.jpg

shs2024-38.jpg

shs2024-39.jpg

ネットで見たあの作品です。二隻を船底で貼り合わせています。
shs2024-40.jpg

いつかこんなの作りたい。
shs2024-41.jpg

shs2024-42.jpg

会場唯一のスラコ号。1/1700ですね。
shs2024-43.jpg

ネットで見たあの1/144ガランシェール。100キロは越えてるでしょう。
shs2024-44.jpg

shs2024-45.jpg

shs2024-46.jpg

shs2024-47.jpg

shs2024-48.jpg

shs2024-49.jpg

shs2024-50.jpg

「笹原大」さんもおられました。怖くて話し掛けれませんでした。
shs2024-51.jpg

shs2024-52.jpg

shs2024-53.jpg

shs2024-54.jpg

ビッグワンガムを下地コーティングして全塗装ですって。大好きです。
shs2024-55.jpg

「セブン1964」さんのリアルタイプガレオン。
shs2024-56.jpg

shs2024-57.jpg

フロント・ミッションは根強いですね。
shs2024-58.jpg

shs2024-59.jpg

shs2024-60.jpg

普通に怖かった。
shs2024-61.jpg

shs2024-62.jpg

shs2024-63.jpg

フラッシュ撮影すると2Dになるそうです。フルスクラッチで3Dを作って2Dに見えるように塗装する。模型業界は変態が多いです。
shs2024-64.jpg

shs2024-65.jpg

A-10は正義ですね。
shs2024-66.jpg

3メートルはありました。
shs2024-67.jpg

shs2024-68.jpg

shs2024-69.jpg

shs2024-70.jpg

「アラーキー」さんもおられました。怖くて話し掛けれませんでした。
shs2024-71.jpg

shs2024-72.jpg

shs2024-73.jpg

マッド・マックスも正義ですね。カッコよかったなぁ。
shs2024-74.jpg

shs2024-75.jpg

shs2024-76.jpg

shs2024-77.jpg

shs2024-78.jpg

shs2024-79.jpg

shs2024-80.jpg

以上、モデラーズクラブ合同展示作品でした。

【企業ブース】

shs2024-100.jpg

shs2024-101.jpg

ヤマトは少なかったです。メカコレなかったなぁ。
shs2024-102.jpg

待ちに待ったNetflixの一年戦争!
shs2024-103.jpg

…いや…ちょっとカッコ悪いか!?
shs2024-104.jpg

あの300円ガンダムを最新技術でお値段4倍。
shs2024-105.jpg

shs2024-106.jpg

shs2024-107.jpg

やっと見つけた1/2000もの。今年もコレと東京タワーしかなかったです。
shs2024-108.jpg

shs2024-109.jpg

shs2024-110.jpg

shs2024-111.jpg

1/2000東京タワー。息の長い商品ですね。
shs2024-112.jpg

一番入り浸ってたアオシマブース。
shs2024-113.jpg

shs2024-114.jpg

shs2024-115.jpg

shs2024-116.jpg

再生産されるそうです。ぼちぼち買わなきゃ。
shs2024-117.jpg

きっとメーカーの人達も楽しんで作ってるんだろうなぁ。
shs2024-118.jpg

shs2024-119.jpg

shs2024-120.jpg

小さいのがたくさん。嬉しい。
shs2024-121.jpg

shs2024-122.jpg

shs2024-123.jpg

初めて知った「プラモブロック」とやら。
shs2024-124.jpg

ナノブロックよりも更に小さい。後日家に戻って「基本セット」を買いました。
shs2024-125.jpg

以上、企業ブースでした。

今年はなぜか「お姉さん遭遇率」が低めでした。残念。

1/2000「ホワイトベース」建造中(外壁編)

こんにちは。

絶賛建造中のバンダイ1/2400ホワイトベース拡大「1/2000ホワイトベース」。

前回、接着でひと晩置いて、無事に平行に装備された前脚&後脚…と思ったら、上下の水平に気を取られて後脚内部のパイプがズレてしまっていたようです。

whitebase62.jpg

出来上がってLEDが通らなかった時の衝撃をお察しください。もはや四肢の方はズラせないので、くり抜いてパイプの方を強制接続。まさに素人改造です。

修復もなんとか。あとは外壁とエンジンカバーで誤魔化しましょう。

whitebase63.jpg

その外壁も作製。別名「必殺 接続部隠し」。この状態であれば私にもスジ彫りできます。

whitebase64.jpg

前脚の天井は電飾メンテナンスを考えて取り外し式に。光洩れを防ぐように厚めの軸を入れております。

whitebase65.jpg

テストしてみました。大丈夫そうですね。光るとウキウキします。

whitebase66.jpg

裏面外周には凸凹を入れて「なんとなくそれっぽく」。

whitebase67.jpg

残念ながら15㎜径のビッグなパイプなんて持っておりませんので、エンジンノズルはスクラッチとなりました。

whitebase68.jpg

さすがのGW。私もWBもちょっと太りました。

【オマケ】

なにげに1/400スケールっぽいハウル。

whitebase69.jpg

ちょっと弄ってみましょうかね。
楽しそう。

1/2000「ホワイトベース」建造中(再開編)

こんにちは。

絶賛建造中のバンダイ1/2400ホワイトベース拡大「1/2000ホワイトベース」。

しばし中断しておりましたが、電飾パーツまで購入してそれなりに軍事予算を使っているので、なんとか完成させるべく再開です。

whitebase56.jpg

「完成していく過程が目で見て感じられないとテンションが下がってしまう」私ですので、まずは電飾の通り道を確保して船体主要パーツを接着です。

whitebase57.jpg

そしてスジ彫りや塗装がやり辛くなって後悔もします。

エンジン発光に向けてのルートもプラパイプで。

whitebase58.jpg

四脚が接地するように慎重に接着。ひと晩触らずに眠らせておきましょう。

whitebase59.jpg

とりあえずの再開第一弾はココまで。

そんな中、ブロともこーいちさんより残党軍への補給物資が届きました!

whitebase60.jpg

いまやネット上でしか見掛けない、ある意味貴重なガンコレ旧ザク。しかも5体も。これでまた新たな1個小隊が誕生します。
こーいちさんどうもありがとうございました!お礼の静岡みやげご期待下さいね!

その静岡へ出発する我が子達の梱包も完了しております。

whitebase61.jpg

送るのはまだ来週ですけどね。
無事に届きますように。

1/400ジオン残党軍「キュスター小隊」ロールアウト

こんにちは。

絶賛製作中の1/400ジオン残党軍「キュスター小隊」。

まさかの2週連続の完成品祭りで無事にロールアウトしました。恐るべし静岡パワー。

kuster45.jpg

昨年度の懇親会じゃんけん大会で当選(してしまった)マシーネンクリーガー1/35キュスター。しかも2機セット。
1機は我が1/400ジオン残党軍の最大火力として陸戦型ビグザムに。

kuster46.jpg

ここぞとばかりにウェザリングの練習も。

kuster47.jpg

アーティファクトパラスアテネより対艦ミサイルのみを豪華流用。

kuster48.jpg

1/350~1/400フィギュアも配して巨大感を無理やり演出。

kuster49.jpg

2機目は輸送型となりますが、前回紹介したので詳細は割愛。

kuster50.jpg

小隊の旧ザク達も「水抜き剤6ヵ月漬け置きで可塑剤除去→ガイアマルチプライマーにて下地→Vカラーサフでコーティング→タミヤラッカー塗料でムラムラに苦労しながら筆塗り」とテカり対策は完璧です。

kuster51.jpg

あくまでも脇役ですので今回は地味目の塗装に。

kuster52.jpg

静岡初参戦の我がジオン残党軍ですので、みっともない姿を晒す訳にはまいりません。今回は「連邦FAガンダムを鹵獲」という大戦果。しかもサンダーボルト.Ver。塗装のみ。

kuster53.jpg

プレートも「大戦果」。英訳が間違っていたら大恥。

kuster54.jpg

おや?「偉い人」も直々の視察のようです。

kuster55.jpg

車両群はShapeways&ホビーリンクジャパンで集めていた1/350~1/400スケール。1輛のみ「ロシアの艦船積載用のミサイルを載せて」オリジナルです。

kuster56.jpg

この完成品ジオラマ3つで残党軍いざ静岡。

kuster57.jpg

果たしてマシーネンの人たちに怒られないのか?いやヤマトの人たちにも怒られないのか?
いざという時には名札を裏返して「三軒茶屋さんですか?今お出掛けみたいですね」で逃げようと思います。

それでは皆さま、武運をお祈りくださいませ。

1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」完成

こんにちは。

昨年5月から製作開始の1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」。
ほぼほぼ1年かかって無事に完成しました。

Intrepid220.jpg

展示物の航空機達は2割ほど妄想。ちょっとカラフル過ぎたかもですが楽しかったです。

Intrepid222.jpg

早くに完成したけど最後まで破損しなかったとても優秀なニューヨークの街並み。

Intrepid221.jpg

反してあらゆる突起物が折れまくった女王陛下。いやちゃんと仕舞っとけば良いだけなんですけどね。どうしても要所要所で引っ張り出してしまいます。

Intrepid223.jpg

プレートも何度新調したやら。そして色んなジオラマに登場の1/2000タグボート君。

Intrepid224.jpg

こんな角度で撮影してみたり。

Intrepid225.jpg

観察しまくったグーグル画像っぽい視点で撮影してみたり。

Intrepid226.jpg

ちゃんと接着はしたけど静岡までの輸送はよろしくお願い致しますクロネコヤマトさん。

Intrepid227.jpg

壁中に貼りまくっていた印刷物もやっと回収です。一気に部屋がキレイになりました。

Intrepid228.jpg

無事に完成できたのもブロともさん方のコメントのおかげです。
毎回言ってますがホント励みになります。
どうもありがとうございました。

来年はなに作りましょうかね。
面白そうな情景を探すのも楽しいひと時です。

1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」建設中(艦載機塗装編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」。
この週末は「艦載機」の塗装を行いました。

Intrepid212.jpg

作業らしい作業はこれで終わりかな。

なるだけ華やかに。

Intrepid213.jpg

ブラックバードだけは単色ですね。

Intrepid214.jpg

機種違いで適正形状ではないヘリも塗装とデカールでそれっぽく。

Intrepid215.jpg

調子にのってラファールはタイガー塗装。そもそもイントレピッドにラファールは載ってないけど。

Intrepid216.jpg

モデリウム製タグボートは「なんとなくタグボートの色」で。モッタイナイので半分だけ使いました。

Intrepid217.jpg

頑張った甲板白線もほとんど見えなくなるので最後に一枚。

Intrepid218.jpg

とりあえず適当に置いてみましたが…やっぱり作り過ぎたっぽいです。全部のらないや。

Intrepid219.jpg

来週には完成となりますね。

なんだかんだでギリ静岡。
時間があれば残党軍キュスター小隊も仕上げたいけど…

そういえば新幹線予約していて気付きましたが、喫煙車両なくなったんですね。超ショック。
世知辛い世の中です。

1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」建設中(スペースシャトル編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」。
この2週間は「スペースシャトルの展示」についてマインクラフトをしながら色々と悩んでおりました。

当初の予定ではチンマリと「本体を置くだけ」でした。ちょっとさみしげ。

Intrepid199.jpg

実際にはこのような巨大展示室が設置されております。

Intrepid200.jpg

中は薄暗くスタートレックのBGMが流れてるんですって。そういえばこのシャトルの名前も「エンタープライズ」。アメリカ人が大好きそうなシチュエーションです。

Intrepid201.jpg

シャトル本体だけでは甲板上が余白だらけ。格納庫に入れるとせっかく作ったシャトルが見えない。いやそもそもシャトル要らない。試行錯誤の末、こんな感じで半分だけ天井アリの格納庫に落ち着きました。

Intrepid202.jpg

ちなみに後方の試作品たちは、左から「枠だけでも作ろうとした」「外壁の縦線を表現しようと凸プラ板を使ったらぶ厚すぎた」「複雑な面構成を表現しようとしたら歪みまくった」「逆にシンプルすぎてもう少し頑張ろうと反省した」の4点となります。

Intrepid203.jpg

シャトル本体もデカールの力を借りてなるだけ色付け。NASAマークなんて持ってないのでJAMSTECマークで代用。

Intrepid204.jpg

後部は見えなくなるのでその前に一枚。

Intrepid205.jpg

正解かどうかは分かりませんが、個人的には落ち着きました。

Intrepid206.jpg

入口正面にもZimmad。

Intrepid207.jpg

やっぱりむき出しよりは良かったですね。

Intrepid208.jpg

これでやっと本当に残るは航空機だけ…

Intrepid209.jpg

…とか思ってたらこのタイミングで夕凪さんにて発売開始された不自然重工製のこちら…

Intrepid210.jpg

まさかの「1/2000の人」…全長約1ミリなり…

Intrepid211.jpg

…いやいやいや…買ってはみたもののどうすんだコレ…

撮影して写真で見るとなんとかなりそうですが、実際には老眼鏡なんぞで作業できる代物ではありません。

1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」建設中(艦載機編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」。
地上部分はすべて完成しましたので、残りはイントレピッド甲板上の「艦載機」のみ。

とりあえず手持ちの1/2000航空機で使えそうなものを集めてみました。

Intrepid190.jpg

こんな事もあろうかとShapewaysで買っておいたトムキャット&ファントム。1/1800スケールだけど。ヘリは主にガチャですね。プロペラ機はスノーマン「ミッドウェイ」に付属していたそれっぽいのを。

冷戦時代の航空機が少し足りないので、ブラックバードと一緒に何機か作ってみました。

Intrepid191.jpg

「そういやレッドホークシナノの時にブラックバード作ってたよな!」と当初は楽しようかと思いましたが、引っ張り出してみるとどこをどう見りゃブラックバードなのやら。諦めてスクラッチしました。ちゃんと試作もしてみたり。

Intrepid192.jpg

1/2000スペースシャトルも。

Intrepid193.jpg

もう少し天井を平たく削った方が良いですかね。

Intrepid194.jpg

海面が少し寂しいので、昨年静岡で購入していた秘密兵器を投入。

Intrepid195.jpg

モデリウム製タグボート。1/2500スケールだけど。

お手製タグボートと一緒に賑やかしてあげましょう。

Intrepid196.jpg

これだけあれば大丈夫かな?

Intrepid197.jpg

いやむしろ多すぎたかな?

Intrepid198.jpg

とりあえずは今週末塗装してみます。

やっと終わりが見えてきましたね。
来年はなに作ろうかなぁ。

1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」建設中(桟橋完成編)

こんにちは。

お久しぶりに更新の1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」。
ちょっと仕事が忙しくてなかなかブログを書けませんでしたが、ちゃんと進捗しております。

この一ヶ月で無事に「桟橋」が完成しました。

Intrepid174.jpg

入口には「車両侵入を阻むヤツ」。本当は桟橋全体に立っている「ポール」はココの6本のみで挫折。

Intrepid175.jpg

イントレピッドへの回廊タワー。この一番高い建物だけが甲板直結みたいですね。

Intrepid176.jpg

おそらくこーいちさんのご期待には沿えていないと思いますが私の限界です。

Intrepid177.jpg

プラ棒&プチブロック製となっております。

Intrepid180.jpg

なにげに苦労したのが「中心部に向かって傾斜している天井」。試行錯誤の末に「裏から対角線上に切れ目を入れて中心部をギュっと押す」にたどり着きました。書かないと確実に誰にも気付かれないので書きました。

Intrepid181.jpg

中央部には作業車が駐車しているようなので、FOX ONEさんの1/2000車両を使わせて頂きました。いつも重宝しております。

Intrepid178.jpg

懸案だった「コンコルド」も無事に完成。後ろの空母側はどうやら「ゴミ捨て場っぽい」ですね。いや違ったらお恥ずかしいですが。

Intrepid179.jpg

機首と機尾には削ったアルミ棒を装着して鋭角感マシマシ。強度もマシマシ。

Intrepid182.jpg

もうちょい削っても良かったですかね。

Intrepid183.jpg

ちょうど中国海警局用に作っていた自作デカールがありましたので尾翼のマークに。実際にはもっと優美なカーブを描いておりますが、そこは1/2000の特権で雰囲気雰囲気。

Intrepid184.jpg

いちおう裏側もそれっぽくしております。

Intrepid185.jpg

久々の大事故もありました。

Intrepid186.jpg

奥の方のシタデルを取ろうと棚を引き過ぎてそのまま圧殺。いやビックリ。

Intrepid187.jpg

手前側が少し寂しい気もしますがとりあえずは桟橋完成とします。

Intrepid188.jpg

あとは甲板上の航空機群だけですね。

Intrepid189.jpg

静岡まで残り2ヶ月。余裕のよっちゃん(死語)で間に合いそうです。

でもジオン残党軍はちょっと微妙かも…

1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」建設中(陸橋完成編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」。
先週は「陸橋」が完成しました。

駐車場側スロープもプラ板でそれなりに。

Intrepid163.jpg

いちおう「人が歩いて渡れる」ように見えれば。

Intrepid164.jpg

桟橋との境界線で分割しております。陳列棚への収納対策となります。

Intrepid165.jpg

合体!

Intrepid166.jpg


そして塗装!接着!完成!

Intrepid167.jpg

高さ的には…こんなもんかな?

Intrepid168.jpg

分離してみました。

Intrepid169.jpg

初期に組み込んでおいたネオジムですが、何故だか位置がズレてきたので微調整。木の膨張?磁場の乱れ?なんだ?ついでに磁力の強すぎた箇所にはプラ板を挟んでソフトに。毎回イントレピッドがバチンバチンくっ付いてましたので。航空機のせたら外れそう。

Intrepid170.jpg

「もう全部くっつけてしまえば楽なのになぁ…」と思いつつも、我が家では棚に飾られるまでが遠足。狭いので対処しなければです。

そんなこんなで再び飛び散らかした流し込み接着剤…

Intrepid171.jpg

今度こそは速攻で直しときました。

Intrepid172.jpg

海岸側はこれにてすべての工作が終了~

Intrepid173.jpg

まだ「テント素材っぽい日よけ屋根」とかもあるんですけどね。せっかくガンバッたスロープが見えなくなってしまう悲しみ。

また進捗状況を見ながら考えましょう。

1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」建設中(細かい修正編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」。
先週はこれといった進捗もなく、細かな修正をしておりました。

まずは艦首が太すぎてシロナガスクジラにしか見えなかったグロウラーの調整。

Intrepid153.jpg

丸みを持たせて甲板色を狭めに。ついでに省いていたバルジも付けて。うんうん。自己満足。

いつの間にやら接着剤が飛んで目玉模様になっていたプレートも作り直し。

Intrepid154.jpg

桟橋上の構造物も始めました。まずは入り口の受付?的な一番大きい建物から。

Intrepid155.jpg

対向車線の駐車場へ歩行者用陸橋が延びております。

Intrepid156.jpg

展示台はいつもなら100均ニスのウォールナットを使いますが、今回は「平和な展示物」なのでけやきを買ってみました。

Intrepid157.jpg

イマイチ締まらないような気もしますが、全体的に明るくなりましたのでまぁ良いかな。

Intrepid158.jpg

1/2000スペースシャトル&コンコルド。引き続き探索中です。
前回情報をくださった方々、どうもありがとうございました。

【オマケ】

画像少なめでしたのでこないだ購入したこちらの紹介でも。

Intrepid159.jpg

ディアゴスティーニのSWコレクション35号の「病院船」。設定全長300メートルとSW世界においては小型艦船になりますが、そのおかげで15㎝の商品が約1/2000スケールとなります。まだ普通に定価で買えますので今のうちにどうぞ。

ズッシリとダイキャスト製ですが、少なくとも「自分がスクラッチするより出来が良い」と感じた時点でOKです。

Intrepid160.jpg

「ブラケットランナー」はマイクロマシンコレクションの1/2000該当品。懐かしき手作りファルコンと一緒に。

Intrepid161.jpg

無駄に宇宙空間っぽく一枚。

Intrepid162.jpg

長生きしてれば色々揃うもんですね。こうなると1/2000「ツナシップ」も欲しいな。

ちなみに現行設定での三艦の名称は「EF76ネビュロンBエスコート・フリゲート」「CR90コルベット」「GR-75メディウム・トランスポート」。
ワビもサビもありません。

1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」建設中(車両と潜水艦編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「イントレピッド海上航空宇宙博物館」。お久しぶりに再開です。

Intrepid140.jpg

まずはだいぶ前に塗り終えていた1/2000車両群をチマチマと配置。

Intrepid141.jpg

進行方向やら車間やら路上駐車やらを色々と妄想しながら。

Intrepid142.jpg

信号機とかの小物をもうちょい足した方が良いかな?…とか考えつつまぁコレはコレで。

Intrepid143.jpg

30台ほど余ったので保管しておきましょう。

Intrepid144.jpg

先週は引き続き1/2000「グロウラー」の製作も。

Intrepid145.jpg

グレイバック級潜水艦の2番艦。核弾頭つきの巡行ミサイルを装備&発射可能だそうです。

Intrepid146.jpg

チャチャっと完成。前部はもう少し丸みを持たせた方が良いかな?…とか考えつつまぁコレはコレで。

Intrepid147.jpg

艦首の格納庫から引っ張り出して発射台に載せて発射。その後の垂直発射型と比べて妙な趣きがあります。楽しい船ですね。

Intrepid148.jpg

今回は博物館仕様ですので、艦尾の「ガラス張りの展望室」と「その経路の白線」も作っておきました。

Intrepid149.jpg

透明プラ板を張り合わせただけですが。

やっぱりシロナガスクジラみたいなのでもう少し削りましょう。

Intrepid150.jpg

なんとなくジオラマっぽくなってまいりました。

Intrepid151.jpg

次の図面もバッチリです。

Intrepid152.jpg

でもなるべく楽したいので「2センチぐらいのスペースシャトルの玩具」を探しております。
単体では無さそうなサイズなので「何かの付属品」とかになりそうですが、なかなか見付かりません。

どなたか情報がありましたらお教え下さいませ。

1/400ジオン残党軍「キュスター小隊」製作中(輸送型ロールアウト編)

こんにちは。

絶賛製作中の1/400ジオン残党軍「キュスター小隊」。
まずは輸送型が完成しました。

kuster35.jpg

意味もなく識別帯の白を塗ってみたり。

普段全く縁のない「汚し」を練習してみたり。

kuster36.jpg

深夜独りでワンダバしてみたり。

kuster37.jpg

深夜独りでヤッターマンしてみたり。

kuster38.jpg

残党軍の人々も元気です。

kuster39.jpg

搭乗人員は5名となります。

kuster40.jpg

トミカギミックそのままに伸びるクレーン。しかし既に剥げている根本。

kuster41.jpg

生まれて初めて経験した、巷でウワサの「エナメルは割れる」現象。

kuster42.jpg

なかなか楽しくてバシャバシャとエナメルを重ね塗りしてましたら…本当に割れるんですね。まぁ裏側だから良いやと思いつつ感心しておりました。

物撮りノートを背景に記念撮影も。

kuster43.jpg

XのTOP画像用となります。

次は攻撃型を塗りましょうかね。

kuster44.jpg

とか言いつつ少し飽きたので今週はイントレピッド博物館を。

1/2000航空機の三面図を印刷して帰らなければです。
本日もサボりなり。

1/400ジオン残党軍「キュスター小隊」製作中(レイアウト決定編)

こんにちは。

結局1/2000を一切弄る事なく、ジオン残党軍にて年を越しジオン残党軍にて始まった2024年辰年。おかげさまで1/400「ジオン残党軍キュスター小隊」のレイアウトが決まりました。

kuster26.jpg

攻撃型の方は特に変更はなく。輸送型が新たに仕上がりました。

kuster27.jpg

完成して気付いたスターウォーズ臭バリバリ。やっぱり頭の中身が形に現れるんですね。

トミカジャンクからクレーン等を拝借して「なんか色々持ち上げたり調査したりできるような気がする雰囲気的な感じ」となっております。

kuster28.jpg

搭載VTOLにはメカコレをくっ付けてSFチックに。塗装と加工の手順を考えて操縦席は別パーツ化。窓もくり抜きました。この辺りもスターウォーズ風。

kuster29.jpg

小隊のMSはとりあえず2機。また気が向いたらもう1機作るかもです。

kuster30.jpg

説明し出すと「オッサンが語る厨二病設定のオンパレード」となりますので、画像から色々と察して頂ければ幸いです。

kuster31.jpg

今回のジオラマ名は「Great Result」。直訳すると「大戦果」となります。

kuster32.jpg

配備車両はこんな感じで。

kuster33.jpg

透明なのはShapewaysで購入した1/400スケールの「LAV25」と「MRAP」。レジン製のはみんな大好き1/350「ドラゴンワゴン」ヘッド。1/400「TOS-1」のランチャー部は旧ザクに背負わせましたので、代わりに1/350「ロシア海軍CIWS」を載せてガンタンクっぽく。(すべて各所の購入履歴を見ながら書きました}

ジオン残党軍の人々は30~50体ぐらいを予定しております。

kuster34.jpg

静岡初参戦の残党軍ですので奮発。

いやなにげに1/400~1/350フィギュアってお高いんです…

1/400ジオン残党軍「キュスター小隊」製作中(年末のご挨拶編)

こんにちは。

年の最後は「硬派な1/2000艦船」でピシッと締めようかと思っておりましたが、ちょっとだけ弄るつもりが楽しくなってこの週末の全てを捧げた1/400ジオン残党軍キュスター小隊。

kuster13.jpg

イントレピッドは年明けのご挨拶になりそうです。

2個セットのキュスター。茶系の方は「陸戦型ビ〇ザム」もどきに。

kuster14.jpg

0083REBELLIONのアッザムリペアを参考に「旧ザクは火器管制ユニット」的なモチーフを取り入れております。その他1/400に見えるように色々ゴテゴテ中。

kuster15.jpg

右側面には話題のアーティファクト4のパラスアテネから対艦ミサイルを。ネットの評判通り、三連星ザク以外は山ほど売れ残ってました。

kuster16.jpg

灰系の方は完全非武装で輸送型に。

kuster17.jpg

ヤッターマンVer.となります。

kuster18.jpg

本体にはオスプレイ型VTOL機を搭載。スケール1/350。

kuster19.jpg

ご覧の通り、今回「最も作業時間を費やした」箇所となります。

kuster20.jpg

小隊のMSも何機か製作予定で、とりあえずいっこ出来ました。

kuster21.jpg

トミカハイパーレスキューのグラップルを移植したら「こりゃバラタックだな」と思い左手はドリルに。

kuster22.jpg

腰部にはタイヤを装着。変形等は全くしませんが、ここにタイヤがある事により「もしかして高速形態に移行して走るのか!?」と連邦をビビらせる事が可能です。

kuster23.jpg

両機共に本来のキュスターよりかなり全高を落としてあります。

kuster24.jpg

今年後半はこんな感じでしたかね。

kuster25.jpg

完成したのは勢いで着手した最後発のゴジラのみ。
あとは来年の静岡に向けてのんびり参りましょう。

今年も一年間、本当にお世話になりました。
皆さまから色んなコメントを頂き、たくさんのやり取りをして、幸せな模型ライフでした。
つたない趣味ブログではありますが、また来年も楽しんで頂けるようガンバりますね。

よいお年をお迎えください。

1/2000「ゴジラ-1.0」の艦船(完成編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「ゴジラ-1.0の艦船たち」。

無事に完成しました。

godzilla34.jpg

サイズ的にはこのくらい。やっぱり1/2000だとコンパクトで良い感じです。

godzilla35.jpg

「高雄」「雪風」「響」「夕風」「欅」「二等輸送艦」の中型艦。

godzilla36.jpg

「二等輸送艦」は以前作った夕凪さんのですね。

「海防艦丙型」「海防艦丁型」「駆潜艇」「掃海艇」それぞれ二隻ずつの小型艦。

godzilla37.jpg

「どこまで劇中に登場したのか?」はイマイチ不明ですが「出てたと言われれば出てたような気もする」という事で。

「曳船」4隻&最後の最後で「やっぱり作らなきゃ!」と思い急遽スクラッチした我らが「新生丸」。

godzilla38.jpg

ちょっとデフォルメっぽくなっちゃいましたが。

「震電」も飛んでますが最後までピントが合いませんでした。

godzilla39.jpg

ゴジラ君も洋上.Verで。

godzilla40.jpg

お気付きの通り、今回は「海面」を分割で作りましたので、小型艦の部分が丸ごと外せます。

godzilla41.jpg

そのまま陳列可能。まぁそれだけですが。

godzilla42.jpg


いつものように壁掛けもOK。しませんが。

godzilla43.jpg

とりあえずは年内完成でホッと一息です。

予定通り年末年始はイントレピッド博物館をチマチマと。
年末のご挨拶はまた来週にでもさせて頂きますね。

1/400ジオン残党軍「キュスター小隊」製作中(生存報告編)

こんにちは。

師も走る繁忙期12月。

今年の年末は妙に忙しく、なかなかちゃんとしたブログの更新が出来ません。
でも2週間空くと若干名のブロともさんから「生きてますか!?」とご心配メールを頂いてしまいますので、生存報告しておきますね。

kuster11.jpg

独り深夜に「発進!」みたいな。

kuster12.jpg

バリバリ元気です。

年内にはちゃんと更新しますね。
いつもご心配ありがとうございます。

1/2000「ゴジラ-1.0」の艦船(主要艦艇竣工編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「ゴジラ-1.0の艦船たち」。

エフトイズと夕凪さんので登場主要艦艇が完成しました。

godzilla21.jpg

エフトイズ製の「高雄」は三軒茶屋初の迷彩塗装。マスキングテープだと色々外れそうだったので、シタデル筆塗りでガンバりました。

godzilla22.jpg

劇中の一斉射撃もできるようにネオジム主砲可動となっております。

godzilla23.jpg

最終決戦の四隻もそれぞれ映画仕様に。

godzilla24.jpg

夕凪さんの発売前に作っちゃったエフトイズ「雪風」ですので、デカールが大きめなのはご容赦下さいませ。

godzilla25.jpg

「響」のメインマストもちゃんと折って。これであの「熱き交差シーン」が再現可能です。

godzilla26.jpg

「夕風」と「欅」は武装解除くらいかな?映像では甲板上になんか色々載っていたのでプラ片で再現しておきました。

godzilla27.jpg

なんにせよこの「武将解除」が切ない切ない。普段は折らないように慎重に作業するのに、今回はあえてポキポキと…なんか「ゴメンね」って感じでした。

godzilla28.jpg

引き続き「その他小型艦艇」も絶賛製作中。「ぶっといマスト」さえ換装すればなんとかなりそうです。

godzilla29.jpg

第八艦隊製の「曳船」が「なんちゃって漁船」に生まれ変わります。いやホントなんちゃって。

godzilla30.jpg

静岡に持って行きたくなりましたので「飾り台」も作ってあげる事にしました。いつものサイズの半分です。

godzilla31.jpg

購入以来まだ無くならない100均ニス。ミニスケはお財布に優しい。

godzilla32.jpg

ニョッチさんアドバイスで「震電」は光ファイバーにて飛行形態に。

godzilla33.jpg

どこからどう撮影してもピントが合いませんでした。

1/2000「ゴジラ-1.0」の艦船(夕凪さん艦船編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「ゴジラ-1.0の艦船たち」。

先週は夕凪さんトコの「1/2000終戦時残存駆逐艦セット」を組み立てておりました。

godzilla16.jpg

超精密なのですが未だ新素材に慣れていないワタクシ。

さっそく夕風をバキバキに折って修復中。

godzilla17.jpg

「奇跡的に脚が折れなかった震電」も無事に立ちましたが…残り3機を外す自信がありません…

godzilla18.jpg

こーいちさん情報で思い出した「タカラトミー連合艦隊コレクション10の小さい子たち」もチマチマと…まずは穴埋めから。

godzilla19.jpg

海防艦丙型、海防艦丁型、駆潜艇、そして掃海艇。それそれ2隻ずつ。もはやどれがどれだか私には判別できませんが、どれも「劇中に登場していたような気がする」ので組み立ててあげましょう。情報ありがとうございました。

なんとなく「1/2000らしい」卓上となっております。

godzilla20.jpg

ちなみに現在のところ最も大変な作業は「緻密ににモールドされている連装機銃を切り取る」となります。せっか細かいのに…武装解除とはいえモッタイナイモッタイナイ…