FC2ブログ

1/400ジオン残党軍「ドラグナー3号機を作りたくなっちゃった」編

こんにちは。

先週急遽届きましたこーいちさんからのプレゼント。
いきなり届くとワクワクしますが…品名「ギレン」…なかなかの貴重品のようです。

zion62.jpg

なるほど、確かに閣下だ。

zion63.jpg

まめに見付けてはガンコレ残党軍を救出して下さるこーいちさん。もはや福岡地方では全く見掛けなくなりました。ありがたい事です。ぼちぼち「第三回Shapeways注文大作戦」やりましょうね。また送料プチサービします。

本来は「レッドホーク連合艦隊 潜水艦隊竣工」でしたが、ジオン魂が触発されましたので今週のブログはコチラ。
(画像お借りしました)

zion64.jpg

以前から作ってみたかった「ドラグナー3号機」リフター装備。ガンダムではないんですが超かっこいい。最近また何かの玩具が発売されたようで、私のネットにジャンジャン画像が入り込んできます。

とはいえこんな高価でバカでかいモノは買えませんので残党軍は残党軍なりに。

zion67.jpg

なお今回の素体はこーいちさんのプレゼント品ではなく、半年ほど熟成されたものを使用しております。

zion68.jpg

ベンジンに漬けておくと「何かの」成分が流れ出て若干硬化しますので、プラと同じ感覚でヤスリがけ可能になります。アラーキーさんのTwitterで発見しました。気分的には「木材を寝かせて最高の状態で家を造る匠」となります。

ガンカメラは「ADVANCE OF Z」のを参考に1/35の銃器を切り貼り。ヒートホークは結局使いませんでした。

zion69.jpg

出来て最初の印象は「侍?」でしたのでレドームは後ほど作り直します。

zion70.jpg

リフターの装着はネオジムですが、畳んだ状態は差し込み式です。磁場が近すぎてぶっ飛んでいきました。

zion71.jpg

完成。

zion65.jpg

これでわざわざドラグナー3を買わなくて良くなりました。もう満足です。

zion66.jpg

畳んだ状態。

zion72.jpg

ガンカメラの先っちょには久々にUVレジンを使ってみました。

zion73.jpg

ドダイに載せてお祝いです。

zion74.jpg

この度はどうもありがとうございましたこーいちさん。
おかげさまで我がジオン残党軍にも強行偵察機が誕生しました。

頂いた旧ザクはベンジンへ。
半年後にまた新たな機体へと生まれ変わるのをお待ち下さい。

1/2000「世界の艦船キットvol.3」(タイタニック号の復活編)竣工

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000「世界の艦船キットvol.3」タイタニック号の復活。
ひと通り竣工しました。

kansenkitcole121.jpg

ラインナップは「オリンピック級3隻+色違い夜間Ver.」の4種。下記の様に「タイタニック号以外のノーマルカラーはフルハル」となっておりますので…

kansenkitcole124.jpg

自作船底を付けてまずは普通の姉妹3隻

kansenkitcole122.jpg

もうこれだけでも死ねます。幸せすぎ。

洋上の方はオリンピック号とブリタニック号がそれぞれ「迷彩」「病院船」となっております。さらに幸せ。

kansenkitcole123.jpg

せっかくなので「タイタニック号夜間Ver.」も作ってみましたが…コレは無くても良いかな。

箱買いだと毎回2隻がダブリますので、1隻を「徴用輸送船」にリペイントしてみました。

kansenkitcole125.jpg

甲板前後に単装砲装備&マスト変更&「元々ダミーの4番煙突なので被弾率低下と鉄素材回収のため取り外した」みたいな個人的妄想です。温かい目で見てやって下さい。

説明書によると「調理場等の排気口を兼ねていた」との事ですので、跡は伸ばしランナーでそれっぽく。

kansenkitcole126.jpg

塗装前はこんな感じです。舷側窓がすべて潰れました。

kansenkitcole127.jpg

客船仲間でオアシス級と1/2000コラボ。

kansenkitcole128.jpg

大和も一緒に。

kansenkitcole129.jpg

余力バリバリの三軒茶屋軍港。

kansenkitcole130.jpg

お気付きの方もおられるとは思いますが、今回よりカッターシートをリニューアルしております。

kansenkitcole131.jpg

前々から欲しかった「A2サイズ」の「ツヤ消し」の「青い」シート。
船作りテンション倍増です。多分。

果たして「初うすめ液たおし」はいつなのか?
それはまた先のお話である事を祈ります。

1/2000「世界の艦船キットvol.3」(タイタニック号の復活編)

こんにちは。

めでたく発売されました1/2000「世界の艦船キットvol.3」タイタニック号の復活。

kansenkitcole113.jpg

「過去作かぶり」だろうが「金型使いまわし」だろうが「発売される事に意味がある」1/2000艦船世界。それが今回はまさかの「タイタニック」。正式には「オリンピック級」フルコンプ。お祝いです。

毎回エフトイズさんの新作が発売される度に直面する「いやオマエ全部作ったらもう陳列場所がないぞ」問題ですが、今回も無事解決しました。

kansenkitcole114.jpg

前回に引き続き、横に無理なら縦に増やす「城塞都市方式」で追加二段を確保。

kansenkitcole115.jpg

もはやこれが限界ですね。

今後は頻繁に出し入れする事になりそうな「ガラス上の引き出しパット」ですので、新たに透明ゴムシートを貼っておきました。多少の振動にもズレにくくなりましたので、地震対策にもなったら幸いです。

kansenkitcole116.jpg

増設ついでのお掃除ついでに最上段「1/2000洋上宇宙軍棚」も整理してみましたが…やっぱり宇宙戦艦はまとまりません。凸凹多すぎ。

kansenkitcole117.jpg

とりあえずはまた数年分の陳列場所が確保できましたので、安心してタイタニックに取り掛かれます。

kansenkitcole118.jpg

個人的に今回のイチオシはこの「分厚い船底」ですね。1ミリ超で洋上モデルの天敵「反り」をガッチリ防いでくれます。

なので今回は「フルハル洋上化」用の船底も作っておきました。1ミリ差は結構デカいです。

kansenkitcole119.jpg

とりあえずは無難に洋上Ver.の方から製作開始。

kansenkitcole120.jpg

いやなんと言いますか、1/2000でこの光景って超至福。
「四番煙突だけが毎回入りません」が、そんな事はどうでも良いぐらい幸せな机上の風景です。

ガムもウマいし。
味変わったね。

お久しぶりの「多砲塔艦船選手権」建造中

こんにちは。

既にほとんどの方が完成して「ん?まだやってんの?」と言われること必至な「多砲塔艦船選手権」。
残るは私とまるねるど先生のみですが絶賛建造中でガンバリマス。
遅れたお詫びは次回「多段式空母選手権」でまた幹事やりますのでよろしくお願い致します。

前回まではこんな感じでした。いつが前回だったかはもはや忘れましたが。

tahousensyu22.jpg

煙突やマストをどうするか悩みに悩んで結局大和型。ここが3ヶ月前。

tahousensyu23.jpg

「多砲塔」ですのでなんとか空いたスペースに機銃を増設したい。でも余剰パーツはない。ここが2ヶ月前。

tahousensyu24.jpg

そこに満を持して発売されたニョッチさんの「1/2000 九六式二十五粍機銃 三連装版」。ナイスです。
(ニョッチの工房 https://nyotchi-fab.booth.pm/)

tahousensyu25.jpg

素晴らしい。いつか帝国海軍全装備発売して下さい。

tahousensyu26.jpg

自作プラリペア複製品と違ってカッチリ左右対称です。

tahousensyu27.jpg

結局は天一大和を作っているだけな気もしますがまぁ楽しいので良し。

tahousensyu28.jpg

ラーテも元気です。

tahousensyu29.jpg

果たして次の更新がいつになるかは不明ですが、ちゃんとまとめ記事アップしますので皆さん長生きして下さいね。っていうか「参加者誰だっけ?」となりつつありますので、またその際にはコメントでお聞きするようにします。

それではまるねるどさん。頑張りましょう。私はタイタニック作ります。

1/2000レッドホーク連合艦隊「潜水艦群」着工

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000レッドホーク連合艦隊。
先週から「潜水艦」に着工しました。

まずはいつものこちらをご覧下さい。

redhawk164.jpg

この中には四隻の潜水艦が隠れております。いや別に隠れてる訳でははないですが。

まずは画面右下の「イ-400」。まぁ面影はあるっちゃある。

redhawk165.jpg

左下には「イ-15」。面影の欠片もないがカッコイイから良し。

redhawk166.jpg

左端中央には「イ-19」。誰?何?

redhawk167.jpg

中央部ナガトの背後に最後の一隻「イ-16」。急にシンプル。

redhawk168.jpg

「イ-16」以外は実在艦と似ても似つかぬシルエット。「元キットを弄って楽しむ」という本ブログのコンセプトには沿いませんので、コチラを使う事にしました。

redhawk169.jpg

余りに余ってるけど捨てれない船底たち。
戦時艦のはまるねるどさんに引き取って頂きましたが、現用自衛艦はまだ大量在庫です。
これを弄るならちょっとだけ在庫整理も出来て一石二鳥。

一気に四隻できました。

redhawk170.jpg

「イ-400」はやはり潜水母艦といった趣で。

redhawk171.jpg

「イ-15」はオレンジ色の「レッドホーク魚雷」四発装備で攻撃型といったトコでしょうか。

redhawk172.jpg

「イ-19」は…もうどれだけ想像力を働かせてもコンセプトが謎ですので、勝手に輸送艦的なイメージで。統一感を出すために「なんで先細りか訳わかんない艦首」両舷にレッドホーク魚雷を付けておきました。

redhawk173.jpg

「イ-16」は普通に楽しゅうございました。なにげに「ガチャ伊-16在庫ラスイチ」を使った感慨深い一隻。

redhawk174.jpg

こちらも統一感で「ナガトに隠れて見えない後部にレッドホーク魚雷を積んでいるに違いない」と勝手に解釈。

とりあえずサフまで終わって細かい修正中。

redhawk175.jpg

ちなみに各艦の全長は実在艦に準じております。

ではこの勢いで塗装までやっちゃいましょう。

1/2000レッドホーク連合艦隊「ナガト」竣工

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000レッドホーク連合艦隊「ナガト」。
無事に竣工しました。

redhawk153.jpg

集合絵では灰一色でしたので、今回はリノリウム無しで。でも少し色目が寂しいのでミサイルだけ白くしてみました。

redhawk154.jpg

翼上の艦載機は個人的理由から「レッドホーク紫電改」に決定。

redhawk155.jpg

なお個人的理由とは「塗り分けが超メンドクサクてこんなもの量産できる訳がないのでワンオフ機体に脳内設定」となります。コスモゼロみたいな(都合の良い)イメージですね。

まぁなんにせよ載せて違和感しかありませんが。

redhawk156.jpg

1/2000アトランジャーも無事大地に立ちました。

redhawk157.jpg

メカコレメインの背部ユニット。飛びます。

redhawk158.jpg

最近やっとシタデル筆塗りに慣れてきました。いや線引きなんぞ無理ですがベタ塗りならなんとか。

redhawk159.jpg

合体ムサシと一緒に。次はレイガードかな。

redhawk160.jpg

全部のせ。

redhawk161.jpg

ぼちぼち潜水艦とか欲しいですね。

redhawk162.jpg

シナノに次ぐ陳列面積キラー。やっぱり水平翼が問題です。

redhawk163.jpg

まだレッドホークテンションが続いてますのでもう一隻ぐらい何か作りましょうかね。

redhawk133.jpg

やっぱ潜水艦かな…ってほぼスクラッチじゃん…面影のカケラもありゃしない…

1/2000レッドホーク連合艦隊「ナガト」建造中

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000レッドホーク連合艦隊「ナガト」。
塗装前段階まで完成しました。

redhawk143.jpg

構造物間のスキマは長門パーツでなんとなく。煙突はせっかく細かかったのでプラ板を挟んで増量しました。

redhawk144.jpg

レッドホーク羽も忘れずに。ぼちぼち旅客機の在庫も少なくなってきました。

redhawk145.jpg

しかし「翼の先っちょだけ」を使うので、レッドホークが1隻増える毎に「翼の先っちょだけがない旅客機丸々1機」がジャンクと化します。せめてエンジンとかも使ってあげたいですね。

艦橋は結構まんま長門です。

redhawk146.jpg

後部「噴進砲みたいなヤツ」は凸凹プラ板で。「同じ形のジャンクパーツ×4個」ってなかなか見付かりませんね。

redhawk147.jpg

終わってみれば、こーいちさんよりの「そんなパーツを流用していてビックリ!」的なリクエストに全くお応え出来てませんでしたので、せめてものお詫びに「1/2000アトランジャー」を作っておきました。

redhawk148.jpg

今回は主にメカコレを多用しております。

redhawk149.jpg

もはや作業後半は「なんの画像も見ずに」進めておりましたので、最終的に一体何が出来上がったのかは不明ですが塗ればきっとアトランジャー。

redhawk150.jpg

まぁとりあえずこんな感じで。

redhawk151.jpg

サフして寝ました深夜3時。

redhawk152.jpg

なんで毎週毎週「日曜日の夜」にガンバるのか我ながら判りませんが、半分寝ぼけてたらいつの間にやら辛い月曜日が終わっているので悪い事ばかりではないようです。

それでは皆さま、今週も働きましょう。

1/2000レッドホーク連合艦隊「ナガト」着工

こんにちは。

お久しぶりの1/2000「「レッドホーク連合艦隊」。
しばらく間が開きましたが「実在空母をネット画像と見比べながら3連チャンで製作して身も心も疲れ果てました」ので、無事に先週から「お気楽艦船作りたいモード」に突入しました。

まずは心のオアシス画像を眺めつつ。

redhawk133.jpg

本当はリクエストにお応えして「ヒリュウ」「ソウリュウ」あたりを作りたかったのですが「また空母…」と思いましたので、リハビリがてら少しは楽そうな「ナガト」に決定しました。

redhawk134.jpg

ちょうど娘版の在庫もありましたし。

redhawk135.jpg

まずは基礎工事から。
エフトイズさんの戦艦級はとても薄くて反りが激しいので、その補強とレッドホーク仕様の「上げ底」も兼ねております。

redhawk136.jpg

長門級の魅力でもある舷側に並んだ副砲群を「塞ぎつつ」バルジ面積を確保。妙に切ない作業です。

redhawk137.jpg

どうでもいい話ですが、いつも最初は「バジル」って打っちゃいます。そのたびに「オレもまだまだ艦船マニアは名乗れねぇな…」と反省。

非情に不安定ですので裏からガッチリとエポパテです。重量も増してひと安心。艦首には「欠け防止」のエッチング切れ端も忘れずに。

redhawk138.jpg

各構造物を載せてみて全体のバランスを考えます。もうコレで良いんじゃないかとも思いますが…レッドホークはそんなに甘くありません。

redhawk139.jpg

改めてナガト画像を眺めつつ改修箇所を探ってまいりましょう。

redhawk134.jpg

●煙突に謎ミサイル装備(かなり巨大。核か?)
●舷側に翼アリ(しかもなんか航空機らしきものがON)
●後部艦橋が謎仕様
●第四主砲が撤去され主砲は三基
●代わりに艦尾に噴進砲らしきもの×四基
●艦尾で丸まって左右合体してるっぽいバルジは見なかった事に

他にも色々ありますが、最大の問題点は「艦橋から後部主砲までの間にすべての構造物がちょうど良い感覚で配置されているけど実際にはスキマだらけ」となります。

redhawk140.jpg

とりあえず「艦橋を後退」と「第四主砲基部を潰して第三主砲を最後尾に設定」で少しでも間隔を詰めてみました。

redhawk141.jpg

斜めから見ると…まぁこんなもんかな?

redhawk142.jpg

基本的に「ナガトは長門よりすべての構造物がひとまわりデカい」のが問題なんですけどね。
あとはアレンジでなんとかしましょう。

…なんとかなるのか?

1/2000「空母シャルル・ド・ゴール」竣工

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000フランス空母「シャルル・ド・ゴール」(鳥栖さん&ニョッチさんありがとうVer.)。
無事に竣工しました。

syalulu25.jpg

豪華Shapeways製のラファール。やはり緻密で統一性があります。三軒茶屋製とは大違い。

syalulu26.jpg

でもなにげに主役はホークアイだったりして。やはりラスイチ在庫は感慨深いです。

syalulu27.jpg

いつものように車両群はプラ片にて。いつかスキルアップして「1/2000タイヤ」を付けてあげたいですね。

syalulu28.jpg

艦載前の記念写真もいつものように。二度と降ろす事は無いと思われますので。

syalulu29.jpg

まだまだ始まったばかりですが我が家の1/2000フランス艦隊。

syalulu30.jpg

潜水艦はニョッチさん製「1/2000スルクフ」です。知識不足の私的には「ローレライのヤツ」ですね。

syalulu31.jpg

ちょっとだけ弄って「砲身真鍮パイプ化」と「クレーン増設」を行いました。

syalulu32.jpg

作りながら「ニョッチさんのこだわり」が痛いほど伝わりました。「真鍮軸の埋め込み」「市販ネオジムに合わせた窪み」「あくまでも可動に拘った主砲軸の必要最低限のパーツ化」等々。まさに「1/2000艦船好きで他のメーカー品をたくさん作られた方が自ら設計したキット」って感じです。
今後ともたくさん開発してたくさん発売して下さい。

そして遂に見て見ぬフリ出来なくなった「近代艦船棚いっぱい問題」。すでにヒマラヤ級が追い出されております。

syalulu33.jpg

大戦中空母なんてとってもお行儀がいいのに…

syalulu34.jpg

近代空母はデカいわ色んなトコが飛び出してるわで…特にアメリカ…

syalulu35.jpg

無理やり飾ってみましたが、この段階で自衛艦5~6隻が追い出されております。

ホコリ掃除を兼ねて「近代空母一ヶ所集中大作戦」の決行in深夜2時。

syalulu36.jpg

離れていたFOXONEさんのタラワ級も合流です。

コレでよし。

syalulu37.jpg

「次のがまた入らないじゃん」との声も聞こえてきそうですが「ビッチリ埋まってる」のも大事なんです。
そんな訳で寝不足の月曜日。今日も一日がんばりましょう。

鳥栖さんニョッチさん、この度はどうもありがとうございました。
今回も大変楽しませて頂きました。
残る米最新鋭空母&スルクフもちゃんと完成させますね。

1/2000「空母シャルル・ド・ゴール」建造中(工作終了編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000フランス空母「シャルル・ド・ゴール」(鳥栖さんありがとうVer.)。
この2週間で塗装直前までの作業が終了しました。

まずは艦橋。

syalulu20.jpg

ミンスク以来のミニ球が大活躍です。

syalulu21.jpg

艦載関係は今回多めに準備しました。なんせド・ゴールですから。

syalulu22.jpg

中でもホークアイはガチャ「最後の1セット」を使用。

syalulu23.jpg

これにて在庫終了です。金型残っているはずなので再販して下さい。

ちょっと置いてみて塗装テンションあげ…

syalulu24.jpg

…と思ったのが1週間前。

GW中に完成するはずがマインクラフトざんまいの後半でした。
(シード値画像お借りしました)

kotougazou.jpg

「完全孤島で村も何も無い中で村人ゾンビを治療して地道に発展させるプレイ」
判る方にだけご理解頂ければと思います。

では今週こそは完成させましょう。

1/2000「空母シャルル・ド・ゴール」建造中(船体完成編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000フランス空母「シャルル・ド・ゴール」(鳥栖さんありがとうVer.)。
デカール作業も無事終了し船体が完成しました。

甲板の塗装はこんな感じで。

syalulu13.jpg

クレマンソー級と全く同じですね。私の中での「THEフランス近代空母塗装」になりました。勘違いしていない事を祈ります。

甲板白線はデカールを総動員。「ニョッチの工房」製が光ります。

syalulu14.jpg

両端の二重白線をニョッチさん製0.3ミリでやってみましたが…ナイスですね。全く問題ありません。むしろ「水に浸けた5秒後に台紙から剥がれる」驚異の使いやすさ。置いてズリズリできる稼働時間(エヴァ風)も市販品と変わらず。特に破れる気配もナシ。完璧です。もはや感謝しかありません。どうもありがとうございました。

syalulu15.jpg

紅白線は当初「赤のみで良いや」と思ってましたが…

syalulu16.jpg

ニョッチさん製「白点線」を上から貼ってみたら良い感じ。重ね重ねありがとうございました。

syalulu17.jpg

でももったいないので艦首方向のは赤一色のままで。

仏空母特有の「デッカイ矢印」はクレマンソー級の余りをリサイクル。長さを増しております。先にクレマンソー作ってて良かった。

syalulu18.jpg

エレベーターまわりは残党軍用に買っていた「作業用旧ザクに使えるんじゃね?」デカールを細切りにして。艦尾の「G」も今回はちゃんと入りまして無事に完成です。ちょっとフォント違うけど。

本体もデカールも頂き物だらけで申し訳ありませんので、浮いた軍事予算は艦載機につぎ込みました。

syalulu19.jpg

Shapewaysにて「1/1800ラファール」24機セットをお取り寄せ。3機はこーいちさんにプレゼント。1/2000ではなかったけどコンマ何ミリ違いなのでお目こぼしを。

では今週は艦橋に取り掛かりますね。

1/2000「空母シャルル・ド・ゴール」着工

こんにちは。

ブロとも鳥栖さんよりの頂き物第3弾。
1/2000フランス空母「シャルル・ド・ゴール」の建造を開始しました。
今回もありがとうございます。

全く知識のない私の第一印象は「妙にモッサリした船だな…」でした。

syalulu1.jpg

なんとなくクイーン・エリザベスの面影もある独特の形状でしたが、その後の調査で「シルエットが全然違う」と判明。

syalulu2.jpg

あらゆる俯瞰図を(会社で)印刷して(会社で)1/2000縮小化。
その結果「黒い部分は完全なる余剰箇所」と判明しました。やるな大陸製ガレキ。

syalulu3.jpg

パチパチ切ってもラチがあかないのでリューターで一気に切断。熱で溶けると「妙に甘い香り」が漂ってきました。素材はなんだ?けっこう吸ったけど大丈夫かオレ?

syalulu4.jpg

整形ついでに「余計なお世話」だったダムモールドも潰します。

syalulu5.jpg

いやこんな書き方してるけど楽しんでるんですからね鳥栖さん。ご心配なく。「ザ・ガレキ」って感じで面白いです。

スカスカになっちゃった左舷甲板下もプラ板で復活。

syalulu6.jpg

毎度のごとく「今回も一発でOKだろう」と根拠のない自信を打ちのめすサフチェック。溝クッキリ。

syalulu7.jpg

もう2回ほど埋めてサフしてを繰り返して、キャットウォーク等を飾り付け。L字プラ棒そのまんまだったりもします。

syalulu8.jpg

艦橋置いてみました。フランス空母ってなんでこんなに前置きなんでしょうね?

syalulu9.jpg

この辺りの方がカッコイイのに…と思うのはきっと一般庶民の浅はかさなのでしょう。

syalulu10.jpg

そして今月はとても心強い補給物資も届きました。

syalulu11.jpg

ブロともニョッチさんよりの手作り極細ラインデカールです。
0.1~0.3ミリ。しかも破線付き。更に黄色付き。もう至れり尽くせり。

syalulu12.jpg

うどん3食セットじゃお礼不足だったかもですね。またウマいもんあったら送りますね。
いや本当にありがとうございました。これでまたしばらくは戦えます。

そんな訳でブロともさんお二方よりの頂戴品での合作となりそうな大統領閣下。
頑張って仕上げますね。

1/400ジオン残党軍「鉄道連隊」発足(幽霊列車編)

こんにちは。

絶賛お手付き中の1/400ジオン残党軍「鉄道連隊」。
「ジオンどころかガンダム世界とは全く関係のない」1/400幽霊列車ですが、めでたく完成しました。

tetudou11.jpg

ほぼ単色で味も素っ気もないのでせめてものミライト装備。

tetudou12.jpg

屋根裏部屋で深夜独り「ホンセンヲアケヨ」とか呟いてました。いや大丈夫です。私は元気です。

tetudou13.jpg

妄想世界に浸り込んだまま1/400戦闘車両も。三軒茶屋イメージです。

tetudou14.jpg

こちらの完成は未定です。

Cゲージガチャには車輪替わりの「6ミリ球」が入ってますが、そのまま飾るとちょっとした衝撃で左右に倒れます。個人的性癖として「飾る場所が確立していないと製作意欲のわかない私」ですので、そちらの方も並行して準備しました。

tetudou15.jpg

若干削る必要がありますが、鉄球は「ネオジム6ミリボール」に換装。色はなんとなくブラック。線路は「Tゲージ(1/450スケール)」のものを購入しました。Tゲージの線路は磁石対応となっておりますので「カチッ」とくっつきます。気持ちいいです。

ネオジムと線路に軍事予算を持って行かれましたので、陳列台は厚めのべニアに100均ニスで安上がり。もったいないのでガチャの線路も敷いときました。今後増えていったらまた追加購入予定です。

tetudou16.jpg

飾ってみました。

tetudou17.jpg

残党軍臭をかもし出す為にザクタンクも配備です。

んで線路ついでにちょっと買ってみたTゲージ車輛。いやいっこだけですよ。いっこだけ。動力のない一番安いヤツをいっこだけ。

tetudou18.jpg

やっぱり超細かい。ステキ。

tetudou19.jpg

「模型電子部品ショップMSR」さんというトコで入手可能でした。国内はココでしか売ってないみたいですねTゲージ。台湾との正規販売代理店契約との事です。

なんとなく楽しくて対カバネ車輛も…

tetudou20.jpg

…とかしてるとまた後回しになるので大統領閣下も始めましょう。

tetudou21.jpg

まずは「全く違う甲板シルエット」の修正から。
こりゃ大変大変。

レベル1/1750「クレマンソー級空母」1/2000縮小洋上化大作戦(竣工編)

こんにちは。

絶賛1/2000縮小化中の「レベル1/1750クレマンソー級空母」。(くじら座元帥閣下よりの頂き物ありがとうVer.)
無事に竣工しました。

kuremannsou25.jpg

「頭上の脅威Ver.」という事でエタンダールには核装備です。

kuremannsou26.jpg

艦載機は今回複製せずにキットのものだけを使いましたが結構いっぱいいっぱい。でもちょっと寂しかったのでヘリだけは夕凪さんのを持ってきました。米国産のままですので機種は問わないで下さいね。

kuremannsou27.jpg

「生きてるのか?」と心配だったデカールはバリバリ元気でした。っていうかむしろカチカチ。ノリはぶっ飛んでましたが崩れる様子もなく無事に使えました。

kuremannsou28.jpg

デカールも縮小化のはずでしたが思ったよりも余らなかった不思議。でも黄色と紅白を貼り終わって「あれ!?中央エレベーターの場所は!?」と少し右舷寄りになりました。ついでに艦名アルファベットを貼る場所もナシ。もうちょい小さくした方が良かったみたいですね。

kuremannsou29.jpg

艦載機たちは前後左右を切り詰めて縮小化。

kuremannsou30.jpg

「なんか違和感あるなぁ」と思ったら水平尾翼が全く付いてませんでした。

kuremannsou31.jpg

もう絶対に降ろすことはないと思うので記念の艦載前画像を一枚。

kuremannsou32.jpg

やっと世界の空母群っぽくなってまいりました。

kuremannsou33.jpg

最初はどうなる事やらと思った縮小化作業でしたが、終わってみればとても楽しかったです。

kuremannsou34.jpg

少しですがフランス艦船の勉強にもなりましたので、このままの勢いでシャルル・ド・ゴールに突入です。
どうもありがとうございました元帥閣下。

また来年こそはお会いできると良いですね。

1/400ジオン残党軍「鉄道連隊」発足

こんにちは。

最初にお断りしておきますが、私は鉄道の事はサッパリ判りません。「D51はデゴイチ」「黄色い新幹線は珍しい」程度。

なのでスタンドストーンズさんから「1/400Cゲージコレクション」が発売された時も、ジオン残党軍スケールでありながら「いや山手線って…」とスルー。vol.2になって「これは1/400シンカリオンという事になるのかな?」とか思いつつやっと一回まわしました。

tetudou1.jpg

車輪の代わりに玉が入っております。これはこれで思い切ったデフォルメで良いかも。

tetudou2.jpg

私の想像以上に売れ行きは好調だったようで(失礼)その後あれよあれよとvol4までシリーズは進み、昨年?のvol.5で遂に私の琴線に触れるラインナップが登場しました。
(画像お借りしました)

tetudou3.jpg

なぜこれをvol.1に持って来ない。

tetudou4.jpg

もうこのままでも立派な残党軍鉄道連隊。

tetudou5.jpg

黒い「C62」は999のモデルになった車輛との事。ブルーの「満州鉄道あじあ号」はどう見てもアイアンベルガー。私には確信犯としか思えません。

鉄道には興味がありませんが「銀河鉄道」となれば話は別です。いつものように会社のエクセル印刷で。

tetudou6.jpg

1/400「999号」が手元にあるとなれば並べたくなるこの車輛。
鉄道模型なんぞ作った事がない私ですのでこの角度だとサッパリ判りません。

tetudou7.jpg

なぜか少年三軒茶屋の記憶に焼き付いている「幽霊列車」となります。

tetudou8.jpg

ナノブロックの横幅がジャスト1/400鉄道。せっかくなので連結部も使いました。

tetudou9.jpg

車輪は絶賛資材調達中。早く届かないかな。

結構ガンバって2両ほど試作を重ねたんですよ。週末潰れました。

tetudou10.jpg

「どこかジオン残党軍なのだ?」というご指摘はまぁこの際おいといて。
そのうち「ジオン残党軍装甲列車」とかも作ってみましょうかね。
「宇宙世紀に鉄道はあるのか?」という声もスルーしましょう。

レベル1/1750「クレマンソー級空母」1/2000縮小洋上化大作戦(工作作業終了編)

こんにちは。

絶賛1/2000縮小化中の「レベル1/1750クレマンソー級空母」。(くじら座元帥閣下よりの頂き物ありがとうVer.)
船体作業の方が無事に終了しました。

サフしてみたらわりと溝が多かったです。砲身に触れないようドキドキなパテ埋め&ヤスリがけ。
我ながら毎回思うのですが「一回で完璧に仕上がっている」という自信はどこから来るのでしょう?そうだった事なんて一度もないのに。

kuremannsou15.jpg

色々気になるので先に塗装しちゃいました。

kuremannsou16.jpg

欧州艦の船体色はヤクモさんの影響で「明るくて陽気(除く独)」と認識している三軒茶屋艦隊です。

kuremannsou17.jpg

さてこのステキなデカールは…生きてるのかな?カッターで切ったりしたらバラバラになりそうな予感…

kuremannsou18.jpg

緊張するので先に艦橋を弄る事にしました。デカールはまた来週。

kuremannsou19.jpg

なるだけ表面ディテールの被害が少ない部分で切断&縮小化です。

kuremannsou20.jpg

ひとまわり小さくなりました。

kuremannsou21.jpg

極力キットの素材を使いたかったのですが、マストやレーダーは超デカすぎて断念。「1/1750でさえない」ぐらいデカいです。

kuremannsou22.jpg

マストの高いフランス空母…で良いんですよね?

kuremannsou23.jpg

最後のパーツ「クレーン」も細々攻撃で無駄にせず。でも伸ばしランナーの方が完全に楽です。

ちょっと失敗。危ない危ない。各部の寸法がズレているのでイマイチ艦橋の場所が定まりませんでした。

kuremannsou24.jpg

ぼちぼち艦載機の準備もしなければですね。
今回は気持ち少なめの予定です。

レベル1/1750「クレマンソー級空母」1/2000縮小洋上化大作戦

こんにちは。

鳥栖さんより頂戴したQEも無事完成し「よし!次は三軒茶屋艦隊初のフランス空母だな!」とシャルル・ド・ゴールに取り掛かろうかと思いましたが…

kuremannsou1.jpg

ふと「フランス空母」で思い出しました。

一昨年の静岡HSでくじら座元帥閣下より「1/2000化してください」とのムチャぶ…お言葉と共に頂戴したこちら。

kuremannsou2.jpg

レベル1/1750スケール「クレマンソー級空母」。これもフランス艦でしたね。
スッカリ忘れておりましたが(すまぬ)同じ頂き物ですので、初の仏空母となれば先に仕上げねばなりますまい。
鳥栖さんもうちょっとお待ち下さいね。

さっそくステキな説明書を1/2000サイズにコピー。

kuremannsou3.jpg

幸いにも「空母」ですので「甲板さえ整えばどうせ船体なんか見えやしない」という勢いで切断していきます。

kuremannsou4.jpg

よしOK。「もの凄く接着剤に溶けてくれる素材」で助かります。やっぱり「プラモデル」って良いですね。

kuremannsou5.jpg

キャットウォークを全体的に薄くしました。

kuremannsou6.jpg

船体もサクサク切断です。このあと3ヵ所ほど間引いて縮小化しました。

kuremannsou7.jpg

なんやかんやで船体完成。

kuremannsou8.jpg

クレマンソー級の目印「100ミリ単装砲」×8門。いらんこと一度台座から切り離してシャキッとさせようかと思ったらぶっ飛んでいきましたので、左舷のココだけ自作。他はもうそのままです。

kuremannsou9.jpg

エレベーターは縮小化ついでに降りた状態にしてみました。中はがらんどうです。

kuremannsou10.jpg

削り過ぎた艦底もプラ板でマシマシ。最初っから計画的にやらないと無駄な作業が増えます。

kuremannsou11.jpg

クレマンソー級といえば「頭上の脅威」。観たのは昔々の事ですが「艦首方向から撮影した画像に映る両舷に垂れ下がった信号機みたいなヤツ」が妙に記憶に残っています。

kuremannsou12.jpg

ちょっとオーバースケールですがキットの物を流用です。

艦橋は…やっぱりこのままじゃ大きいのかな?馴染みのない国の艦船なのでイマイチ判りませんが…ちゃんと縮小しましょう。

kuremannsou13.jpg

あとどうしても解明できなかったのがコチラの艦載機。

kuremannsou14.jpg

左が「エタンダールIV」(もしくは「シュペルエタンダール」)だと思うんですよ。そして右がプロペラ機なんでアリゼ。
中央のは何?「オーバースケールなクルセイダー」で良いのかな?

1/2000「空母クイーン・エリザベス」竣工

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000英空母「クイーン・エリザベス」(鳥栖さんありがとうVer.)
無事に竣工しました。

queen21.jpg

20機の手作り「1/2000F-35B」も上から見ればそれなりで。

queen22.jpg

メインアンテナ?はネオジムで回転可能となっております。

queen23.jpg

第二艦橋のコレ(黒いヤツ)って何ですかね?レーダー?大型モニター?

queen24.jpg

艦橋の弄り箇所はこんな感じです。

queen25.jpg

賑やかしの「甲板作業車」はプラ棒でなんちゃって。英海軍のって濃緑色なんですね。本物は超カッコよかったです。

queen26.jpg

全部載せ前の画像も一枚。マルチピット2で着脱可能にはしていますが、二度と降ろす事はないと思われますので。凄くメンドイの。

queen27.jpg

幅は米級。長さは露級。なんとなく世界情勢と比例しているような塩梅。ガンバレ日本!

queen28.jpg

無事陳列棚に収納です。

queen29.jpg

今回もとても楽しゅうございました鳥栖さん。
引き続き「三軒茶屋艦隊初の仏空母」に取り掛かりますね。

1/2000「空母クイーン・エリザベス」建造中(船体終了編)

こんにちは。

絶賛建造中の1/2000英空母「クイーン・エリザベス」(鳥栖さんありがとうVer.)
先週は甲板塗装を終わらせました。

ノッペリ感を隠すために色違い箇所をピンポイントで。

queen15.jpg

ここからはデカールさんの出番です。

queen16.jpg

我が家の1/2000空母には欠かせない「スタジオ27極細ラインデカール」。
0.1~0.3ミリが底を尽きましたので再購入しようと思ったら…ありゃぁ…絶版…これからどうしましょ…

queen17.jpg

接着時グズグズになったら怖いので艦橋位置にはダボを付けときました。

queen18.jpg

その艦橋。小さいながらも大量の3Dバリ再び。

queen19.jpg

細かい部分がまだですが載せてみました。

queen20.jpg

もうちょいで完成ですね。

1/2000「空母クイーン・エリザベス」建造中(秘密兵器編)

こんにちは。

ブロとも鳥栖さんより頂戴した神々しき1/2000艦船群。

longbeach3.jpg

その後の情報では、どうやら大陸製3Dプリンタキットみたいですね。どこで売ってんだろ?

ロングビーチに続いての2隻目着工は、予定通り英空母「クイーン・エリザベス」となります。

queen4.jpg

独特の「バリ?」に苦労しつつもなんとか船体をキレイに。
バリというか3D造形過程での無駄なレジンですね。渦巻状とか線状にくっ付いていてポロリと取れます。面白いけどスゴい量。

queen6.jpg

船腹も一生懸命磨きましたが…なんとなくノッペリでしたので…

queen7.jpg

じゃじゃ~ん!買っちゃった!

queen8.jpg

ミスターホビーのハルモールドチゼル。
読んで字の如く「船体(ハル)」に「モールド」する「チゼル」。名実ともに秘密兵器です。

高さを調整して平らな場所でズズズ~ッとすれば…

queen9.jpg

装甲版のつなぎ目が再現できます。横方向だけですけどね。

queen10.jpg

お値段定価4,400円(税込)が今ならヨド〇シで2,943円(ポイント還元後)なり。

あとはスロープをなだらかにしたりエレベータの隙間を埋めたりチマチマプラ片を付けたり。

queen11.jpg

灰サフしてみたら「よし!なんとか消えたな!」と思いつつ…

queen12.jpg

黒サフでまさかの色々復活…

queen13.jpg

でも甲板色で塗ったらまた目立たなくなったり…

queen14.jpg

こんな一喜一憂の一週間でした。

あとは塗り分けとデカールで隠れるのを祈るのみとなります。